Azure Storage の大規模ブロック BLOB の一般提供を開始


執筆者: Michael Hauss (Program Manager, Azure Storage)

このポストは、12 22 日に投稿された General Availability: Larger Block Blobs in Azure Storage の翻訳です。

 

Azure Blob Storage は、1 テナントあたり数千ペタバイトのデータを格納および処理できる能力を備えた、大規模な拡張が可能なストレージ ソリューションで、メディア、ドキュメント、ログ ファイル、科学的データなどさまざまな種類のデータをサポートしています。マイクロソフトのお客様の多くが膨大なデータ セットの格納に BLOB を利用していることから、もっと大規模なファイルをサポートしてほしいというご要望が寄せられていました。今回、大規模なブロック BLOB が導入されたことにより、ファイル サイズが合計で最大 195 GB から 4.77 TB にまで拡張されました。BLOB サイズの拡張によって多様なシナリオがサポートされるようになったため、4K および 8K 動画の格納や処理を行うメディア関連企業から、DNA 解析を行うがん研究者まで、幅広いお客様にご利用いただけるようになりました。

Azure Block Blob はいつでも変更でき、BLOB 全体をアップロードすることなくデータのブロックを追加、更新、削除することができます。拡張された新しいブロック BLOB では、これまで以上に優れたパフォーマンスとコスト効率で更新でき、大規模なオブジェクトの一部が頻繁に変更されるようなワークロードに関しては特に適していると言えます。オブジェクトの更新など、このブロック BLOB サービスの詳細については、Build カンファレンスでのセッションを収録したこちらのビデオ (英語) をご覧ください。また、Put Block (英語)Put Block List (英語) といった REST API に関するドキュメントでも、オブジェクトの更新について記載しているのでご覧ください。

ブロックの最大許容サイズが 4 MB から 100 MB に引き上げられましたが、1 つの BLOB に含めることができるブロックの数はこれまでと変わらず最大 50,000 個までです。GET 関連の要求は大規模ブロック BLOB に対してもサポートされ、BLOB の全体または一部の高速並列ダウンロードが可能です。既存の Blob Storage または一般的なストレージ アカウントをお持ちの場合は、今すぐこの強化された BLOB をご利用いただけます。

大規模ブロック BLOB は最新リリースの .NET クライアント ライブラリ (バージョン 8.0.0、英語)AzCopy コマンドライン ユーティリティ (バージョン 5.2.0) でサポートされており、Java および Node.js でのサポートも今後数週間ほどでロールアウトされる予定です。REST API (英語) も通常どおり直接ご利用いただけます。大規模ブロック BLOB は REST API バージョン 2016-05-31 以降でサポートされます。API の情報はこれまでと変わりないため、今すぐ大規模ブロック BLOB のアップロードを開始していただけます。

今回のサイズ拡張はブロック BLOB にのみ適用され、追加 BLOB の最大サイズ (195 GB) とページ BLOB の最大サイズ (1 TB) に変更はありません。料金も変わりません。Azure Blob Storage の利用開始にあたっては、入門ガイド (英語) をご覧ください。またコード サンプルもご利用いただけます。

Comments (0)

Skip to main content