Azure で Debian を実行する

このポストは、1 月 6 日に投稿された Running Debian in Azure の翻訳です。 Debian は現在入手可能な Linux ディストリビューションの中でも特に人気が高く、完全に無料のオープン ソース ソフトウェアで構成されています。そのほとんどは GNU General Public License に準拠しており、Debian Project と呼ばれる個人のグループによりパッケージ化されています。 マイクロソフトは Linux Foundation のメンバーである Credativ (英語) と提携し、Azure での動作保証済み Linux ディストリビューションの 1 つとして Debian を Microsoft Azure Marketplace で公開しています。これにより、ユーザーの皆様にはマイクロソフトのサポートを受けつつ Debian を Azure で実行していただけます。この記事では、Azure で Debian を実行する方法について順を追って説明します。記事の内容は、Azure サブスクリプションを所有し、Azure で Linux VM を使用した経験があることを前提としています。 Azure サブスクリプションはこちらのページから入手できます。Azure での…


クラウド ファクトリー – Azure クラウド ネットワークの成長を支える同期化された最適化フレームワーク

このポストは、1 月 6 日に投稿された Cloud factory: The synchronized optimization framework behind Azure cloud network growth の翻訳です。   今回の記事は、Azure ネットワーキングのパートナー エンジニアリング マネージャーを務める Nasser Elawaar と共同で執筆しました。 私たちはマイクロソフト クラウドの継続的な成長を支える生産プロセスを「クラウド ファクトリー」と呼んでいます。これはグローバルに分散されたデータセンターのクラスターをつないでいる組立ラインと言えるでしょう。新規のリージョンと既存のリージョンにはそれぞれ異なる計画や設計があり、ネスト方式やクローズドループ方式で最適化されて接続されています。データセンターは大規模なウェアハウスに収められていますが、そのデプロイメントや接続は注意深く調整されたファクトリーの運用に従って行われています。 マイクロソフトのクラウドは、高度な柔軟性や回復性、効率性を世界的な規模で実現しています。地理冗長ストレージ (GRS) やゾーン冗長ストレージ (ZRS)、制御プレーン、トラフィック エンジニアリング レバーなどの各種機能を活用しながら規模を拡大しているため、各クラウド サービスはいくつもの独立したドメインで障害が発生しても耐えることができます。 この世界規模での運用は、ネットワーク効果 (ネットワークの価値は接続ノード数の 2 乗に比例するというメトカーフの法則により導かれる) を狙ったものです。この効果により、新規の開発者やユーザーがクラウドに誘導され、アプリケーションのデプロイメントやサービスが簡素化され、関連する優秀な人材の発掘も効率化されます。 Azure ネットワーキングのスケーリング操作 (スケール アップ/アウト/ダウン) は、新しいコラボレーションの機会につながり、革新的なビジネス インサイトを発見するきっかけとなります。また、「lift & shift」と呼ばれるオンプレミスから Azure リージョンへの移行戦略に欠かせないものとして、高い応答性を持つクラウド環境、需要の爆発的な増加への対応能力、全リージョンにわたるマクロ レベルのスケーリングを実現しています。 下に示すクラウド ネットワーク スタックは、新規または既存のデータセンター内部にデプロイされます。大都市圏/地方のファブリックにおける長距離ネットワーク セグメントの接続にはネットワーク グラフ理論が採用され、複数のウェアハウス規模のデータセンターが密接につながった…


API Management: キャッシュおよびスロットルの高度なポリシー

このポストは 1 月 4 日に投稿された API Management: Advanced caching and throttling policies の翻訳です。   今回、API Management のキャッシュ機能とスロットル機能を拡張する複数の新しいポリシーが発表されました。 cache-lookup-valueポリシーおよび cache-store-valueポリシーでは、ポリシーの実行中に任意の時点における任意のデータをキャッシュできます。 quota-by-key ポリシーおよび rate-limit-by-keyポリシーでは、カスタマイズされたキー値を使用してクォータのパーティション分割と帯域制限を行うことができます。これにより、スロットルをより細かく制御して、サービス拒否 (DoS) 攻撃を防止したり、エンド ユーザーが使用状況に応じた料金レベルを利用したりすることができます。 高度なキャッシュ ポリシーを使用すると、以下のようなシナリオに対応できます。 フラグメント キャッシュ 透過的な API バージョン管理 テナントの分離 高度なスロットル ポリシーを使用すると、以下のようなシナリオに対応できます。 ユーザー ID のスロットル クライアント アプリケーション主導のスロットル 使用を開始するには 高度なキャッシュ ポリシーおよび柔軟なスロットル ポリシーの使用方法の詳細については、以下のガイドを参照してください。 Azure API Management を使用した高度な要求スロットル Azure API Management のカスタム キャッシュ API Management…


MySQL 仮想マシンを基盤に Azure App Service 上で動作する WordPress アプリケーション

このポストは 1 月 4 日に投稿された WordPress on Azure App Service backed by MySQL Virtual Machines の翻訳です。   マイクロソフトは皆様からのフィードバックにお応えするために、Azure Virtual Machines 上で実行される MySQL データベース クラスターを基盤として、Azure App Service の Web Apps で動作する WordPress アプリケーションの作成を自動化するためのハイブリッド Azure Resource Manager (ARM) テンプレートを作成しました。そして今回このテンプレートが Azure Marketplace で公開されました。 このテンプレートの特徴は以下のとおりです。 MySQL 5.6 サーバーをホストするために、Azure Virtual Machines に CentOS 6.6 が使用されています。 GTID ベースのレプリケーションの構成とテストが行われています。 Azure VNet で…


日本 Java ユーザーグループ会長 鈴木 雄介氏に聞く! IT アーキテクトの視点から見たシステム設計の考え方

皆様、新年あけましておめでとうございます。 本年も IT 技術者の皆様に価値ある情報を提供してまいりますので、変わらぬご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 さて早速ですが、新年、まずはこのような動画はいかがでしょうか。 日本 Java ユーザーグループ会長を務め、IT アーキテクトとして著名な鈴木 雄介氏をお招きし、IT アーキテクトの視点から見たシステム設計の考え方から、マイクロサービスや DevOps に対する取り組み方の本質、さらにはエンジニアとして重要に考えるべきこと、若いエンジニアに取り組んで欲しいことなど、 さまざまな事を聞いてみました。IT 業界の "今" が見えてきます。 詳細はこちら


Azure Virtual Machines の SQL Server の構成がさらに簡単に

このポストは、12 月 29 日に投稿された Introducing a simplified configuration experience for SQL Server in Azure Virtual Machines の翻訳です。 Azure Virtual Machines の SQL Server 構成方法が新しくなり、従来よりも簡単になりました。今後は SQL Server VM を作成するときに Azure ポータルで SQL Server の接続、パフォーマンス、セキュリティ、高可用性を構成することができます。また、既定の推奨設定をそのまま使用することも変更することも可能で、セットアップ後に手動で構成する手間が省けます。 この新しい構成方法は、SQL Server の構成をスピードアップすることを目的に開発された自動修正 (英語)、自動バックアップ (英語)、Azure Key Vault 統合 (英語) などの機能を基盤に開発されています。SQL Server 独自の機能は [Create Virtual Machine] ポータルに新設された [SQL Server Configuration] セクションに集中的に配置されていて、目的のワークロードに対応するように SQL Server…