新しい VM サイズ「A_v2」シリーズが登場


執筆者: Jon Beck (Principal Program Manager)

このポストは、11 22 日に投稿された New A_v2-Series VM sizes の翻訳です。

 

本日マイクロソフトは、汎用的なコンピューティング性能の VM サイズとして新たに「A_v2」をリリースしました。この新バージョンの A シリーズ VM では、vCPU あたりの RAM の容量が増え、1 コアでは 1.75 GiB から 2 GiB に、4 コアでは 7 GiB から 8 GiB に増強されています。また、ローカル ディスクのランダム IOPS は、既存のバージョンの A シリーズと比べて 2 ~ 10 倍高速化されています。

この新しいサイズでは、VM ファミリ名の後に VM の vCPU の数を付記するという新たな VM 命名規則を採用しています。vCPU 数の後に続く「m」は、大容量メモリの搭載 (vCPU あたり 8 GiB) を表しています (例: Standard_A8m_v2)。

 

サイズ vCPU RAM (GiB) 一時ディスク (SSD) 最大ネットワーク帯域幅
Standard_A1_v2 1 2 10 GB
Standard_A2_v2 2 4 20 GB
Standard_A4_v2 4 8 40 GB
Standard_A8_v2 8 16 80 GB
Standard_A2m_v2 2 16 20 GB
Standard_A4m_v2 4 32 40 GB
Standard_A8m_v2 8 64 80 GB

新しい VM 命名規則が採用されたことで注意していただきたいのは、既存の Standard_A8 の後継サイズは Standard_H8 であり、A8_v2 ではないということです。新しい A8_v2 サイズは、既存の A4 および A7 の後継サイズとなります。わかりやすいように、既存のバージョンと v2 の対応を表にまとめました。

A Standard と A_v2 の比較

 

サイズ vCPU RAM (GiB) ディスクのサイズ サイズ vCPU RAM (GiB) ディスクのサイズ
A1 1 1.75 20 GB (HDD) A1_v2 1 2 10 GB (SSD)
A2 2 3.50 70 GB (HDD) A2_v2 2 4 20 GB (SSD)
A3 4 7 285 GB (HDD) A4_v2 4 8 40 GB (SSD)
A4 8 14 605 GB (HDD) A8_v2 8 16 80 GB (SSD)
A5 2 14 135 GB (HDD) A2m_v2 2 16 20 GB (SSD)
A6 4 26 285 GB (HDD) A4m_v2 4 32 40 GB (SSD)

A7

8

52

605 GB (HDD)

A8m_v2

8

64

80 GB (SSD)

提供地域

現時点で A_v2 シリーズはほとんどのリージョンで提供されており、近日中にすべてのリージョンでご利用いただけるようになります。

関連情報

A_v2 シリーズ、および Azure で提供されている VM のさまざまなオプションの詳細については、Azure Virtual Machines のサイズに関するドキュメント (英語) をご覧ください。

 

Comments (0)

Skip to main content