StorSimple 8000 シリーズ Update 3.0 を発表


執筆者: Sharath Suryanarayan (Senior Program Manager, StorSimple)

このポストは、9 月 15 日に投稿された Announcing Update 3.0 for StorSimple 8000 series の翻訳です。

 

このたび、StorSimple 8000 シリーズの Update 3.0 が発表されました。今回のリリースでは以下の新機能と機能強化が実装されています。機能の完全なリストはリリース ノートに掲載されていますので、ページ下部のリンクからご確認ください。

  • クラウドとの間での読み書きのパフォーマンスが向上: クラウドへのバックアップ、クラウドからの階層化データの読み込み、災害復旧時のフェールオーバー実行後のデータの読み込みおよび復元がさらにスピードアップしました。
  • 8000 シリーズの物理アプライアンスでスタンバイ コントローラーの使用が可能に: 領域回復が実行可能になったほか、アクティブなコントローラーのリソースがアクティブな I/O に確実にデータを提供できるようになりました。
  • 監視グラフを改良: StorSimple Manager サービスからアクセスできるようになりました。

今回のリリースは Azure の StorSimple Manager サービスから自動で実行され、来月から段階的にすべてのお客様に適用されます。また修正プログラムの手法と同様に手動で適用することもできます。詳細については下記リンクを参照してください。

関連情報

StorSimple 8000 シリーズ Update 3 リリース ノート (英語)

StorSimple デバイスへの Update 3 のインストール (英語)

Comments (0)

Skip to main content