Azure SQL Data Warehouse の一般提供地域を世界 18 リージョンに拡大


執筆者: Prem Prakash (Sr. Product Marketing Manager, Data Platform)

このポストは、8 月 31 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse general availability expanding to 18 regions worldwide の翻訳です。

 

このたび、Azure SQL Data Warehouse の一般提供が新たに北ヨーロッパ、東日本、ブラジル南部、オーストラリア南東部の 4 つのリージョンで開始されました。これにより、SQL Data Warehouse の提供地域は世界各地の 18 のリージョンに拡大され、主要クラウド プロバイダーの中で最多となりました。

SQL Data Warehouse は信頼性の高い SQL ベースのデータ ビューで、高速で完全に管理されたクラウド ソリューションをペタバイト単位で利用できます。非常に柔軟性に優れているため、数分でプロビジョニングし、数秒で最大 60 倍のスケーリングを行うことが可能です。また、コンピューティング能力とストレージ容量を個別にスケーリングできるため、需要の急増からアーカイブまで幅広いシナリオに対応できるほか、閉鎖的なバンドル製品にロックインされることなく従量課金制でご利用いただけます。さらに、SQL Data Warehouse にはコンピューティングを一時停止するという独自のオプションがあり、クラウドの使用料金をより自由に管理できます。

SQL Data Warehouse は、SLA による可用性の保証をお客様に提供している唯一のパブリック クラウド上のデータ ウェアハウス サービスで、一般提供開始に伴い 99.9% の可用性が保証されます。また、地理バックアップのサポートが追加されたことにより、データの地理的な耐障害性が確保され、SQL Data Warehouse の地理バックアップを任意の Azure リージョンに復元できるようになりました。この機能が有効な場合、リージョン全体でサービスが停止した場合にもバックアップを利用できるため、データの安全性が確保されます。SQL Data Warehouse の機能の詳細については、こちらのブログ記事を参照してください。

SQL Data Warehouse は簡単に使用を開始することが可能で、データ ウェアハウスを数分でプロビジョニングできます。また、Power BI などのビジネス インテリジェンス ツールとの統合や Azure Machine Learning による予測分析も容易です。ぜひ今すぐ利用を開始し、クラウド ベースのデータ ウェアハウスのスピード、スケーリング能力、柔軟性、安全性、使いやすさをご体験ください。

Azure SQL Data Warehouse の提供地域

Azure SQL Data Warehouse は、北ヨーロッパ、東日本、ブラジル南部、オーストラリア南東部、米国中部、米国東部、米国東部 2、米国中南部、米国中西部、米国西部、米国西部 2、西ヨーロッパ、東アジア、東南アジア、インド中部、インド南部、カナダ中部、カナダ東部の各リージョンで一般提供されています。

リージョン別の Azure サービスの提供状況の詳細については、Azure のリージョンに関するページを参照してください。

フィードバックのお願い

マイクロソフトでは、機能の追加に関するご要望をお待ちしています。ぜひフィードバック サイト (英語) に皆様のご意見をお寄せください。ご提案やフィードバックへの投票をしてくださった皆様には、最新情報を定期的にお届けすると共に、その機能のリリース情報をいち早くお知らせいたします。

関連情報

マイクロソフトでは、SQL Data Warehouse に関する資料を多数公開しています。以下はその一部です。ぜひご覧ください。

Azure SQL Data Warehouse の概要
SQL Data Warehouse のベスト プラクティス
ビデオ ライブラリ (英語)
MSDN フォーラム (英語)
Stack Overflow フォーラム (英語)

Comments (0)

Skip to main content