Azure Storage Node.js の一般提供開始を発表


執筆者: Dinesh Murthy (Principal Program Manager, Azure Storage)

このポストは、7 19 日に投稿された Announcing Azure Storage Node.js GA の翻訳です。

 

このたび、Azure Storage Node クライアント ライブラリ (英語) の一般提供 (GA) リリース (バージョン 1.0.1) を発表しました。このリリースのパッケージは npm (英語)、ソース コードは GitHub (英語) で公開されています。

GA リリースに先駆けて、この数か月にわたりプレビュー リリースに複数の主要機能を追加しました。プレビューにご参加いただき、貴重なフィードバックをお寄せくださったすべてのユーザーとパートナーの皆様に感謝いたします。GA リリースでは、最近追加された下記の機能を含む 2015-04-05 REST バージョン (英語) のすべての機能がサポートされます。

  • AccountSAS および IPACL
  • ファイルのメトリック
  • Typescript
  • AppendBlob
  • キュー用の getMessage/peekMessage API

Node.js クライアント ライブラリの新機能や使用準備の詳細については、使用準備用のドキュメント参考ドキュメント (英語) を参照してください。このリリースには重大な変更がいくつか含まれているため、古いバージョンのライブラリから移行する際には重大な変更のログ (英語) を参照してください。

また、Node.js Azure Storage サンプル リポジトリにサンプルを追加しました。Azure Blob、Table、File、Queue の各ストレージで Node.js アプリケーションを構築する際の準備にご利用ください。このほか、CORS で Web アプリケーションを構築する方法を示したサンプル (英語) も公開しています。

Azure Storage CLI (Node.js を基盤とする) リリースも Node.js ライブラリの GA バージョンやさらに新しいバージョン向けにコンパイルされているため、最先端の最適なクロス プラットフォーム スクリプト エクスペリエンスを確実に作成できます。

私たちはこれまでと同様に可視性と透明性の確保に努めており、今後も GitHub (英語) のオープンな開発ブランチで作業を継続していきます。また、次期リリース (1.1.0) の準備も既に済んでおり、現在はストレージ サービスや Node.js ライブラリの機能をさらにご活用いただくためのコード サンプルの準備を進めています。特定のシナリオのサンプルをご希望される場合は、ぜひご連絡ください。また、Node コミュニティへのご参加もお待ちしております。コミュニティの皆様からのご意見は、重要な資料として参考にさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

Dinesh Murthy、Vincent Jiang、HaiBo Song、Yang Xia、Azure Storage チーム一同

Comments (0)

Skip to main content