Windows Server コンテナ用 Azure Container Service のプライベート プレビューを開始


執筆者: Saurya Das (Program Manager II, Azure Linux)

このポストは、7 月 5 日に投稿された Windows Server containers on Azure Container Service private preview の翻訳です。

 

このたび、Windows Server コンテナ用 Azure Container Service の限定プレビューが開始されました。プレビューに参加するには、こちら (英語) から登録をお願いします。たくさんのご意見をお待ちしています。

Azure Container Service は、コンテナをすばやく簡単に運用環境に導入したいとお考えの大企業や ISV、スタートアップ企業のお客様向けに設計されました。この機能では、Azure インフラストラクチャを DC/OS か Docker Swarm のいずれかのオープン ソース コンテナ オーケストレーション テクノロジと組み合わせることが可能です。コンテナ サービスをプロビジョニングするには、VM クラスターのサイズ、DC/OS と Swarm のどちらにするか、どの Azure リージョンにするかを選択するだけです。それ以外のことはすべてコンテナ サービスが処理します。なお、今回の Windows Server コンテナ用 Azure Container Service のプレビューで対応しているオーケストレーターは、Docker Swarm のみです。

Azure は開発者や IT プロフェッショナルの皆様に最も幅広い選択肢を提供するソリューションです。今回のプレビューから、Windows Server 開発者の皆様にも Azure Container Service をご利用いただけるようになりました。

Azure Container Service の詳細については、こちらの製品ページを参照してください。

Comments (0)

Skip to main content