Azure ギャラリーで SQL Server 2016 Developer イメージを公開


執筆者: Luis Vargas (Principal Program Manager)

このポストは、6 月 13 日に投稿された Announcing SQL Server 2016 Developer image in the Azure Gallery の翻訳です。

 

Azure ギャラリーで新たに SQL Server 2016 Developer エディションのイメージ (英語) が公開されました。

 

 

 

 

SQL Server Developer (英語) エディションは、SQL Server アプリケーションの開発およびテストに使用できる SQL Server のフリーライセンス バージョンです。

SQL Server 2016 Developer イメージでは、SQL Server 2016 Enterprise エディションのフル機能 (インメモリでの OLTP および DW、高度な分析、可用性グループ、Row-Level Security など) がサポートされています。このイメージにはメモリやストレージなどの制限はありませんが、運用環境で使用することはできません。

SQL Server Developer は、Java、C#、PHP、JavaScript、Ruby、Python、C/C++ などの各種プログラム言語に対応しています。

SQL Server Developer は無料のため、発生する料金は仮想マシンを実行した分のみとなります。A0 (1 コア、メモリ容量 768 MB、ディスク容量 1 TB ) から GS5 (32 コア、メモリ容量 448 GB、ディスク容量 64 TB) まであらゆるサイズの VM を選択可能で、必要に応じていつでも変更できます。また、使用しないときには VM を停止し、必要なときに再開することで、コストを抑えることができます。

さらに、すべての自動化エクスペリエンス (ストレージ構成、特定のワークロードへの最適化、修正プログラムの自動適用など) をこのイメージで使用できます。

ぜひ SQL Server 2016 Developer イメージ (英語) をプロビジョニングして、Azure が SQL Server のプラットフォームとしていかに優れているかをご確認ください!

Comments (0)

Skip to main content