Microsoft Azure Storage Explorer プレビュー版の 6 月の更新


執筆者: Cristy Gonzalez (Program Manager, Azure Tools)

このポストは、6 月 9 日に投稿された Microsoft Azure Storage Explorer preview: June update の翻訳です。

 

Microsoft Azure Storage Explorer (プレビュー版、英語) の新たな更新がリリースされ、Azure Files のファイル共有がサポートされました。

今回のリリースでは、Azure Storage への接続を容易にすると共に、テーブルをカスタマイズする際のエクスペリエンスを強化することに重点的に取り組みました。また、特にご要望の多かったクエリ結果に基づくテーブルのエクスポートと、$logs および $metrics を利用した診断も行えるようになりました。さらに、BLOB のダウンロード時やエンティティの編集時の不安定性に対しても多数のフィードバックをいただいていたため、今回の更新ではこれらの不具合を修正したほか、新しい Node.js 用 Storage クライアント ライブラリ (バージョン 1.0) に実装された修正も引き継いで対応しました。

6 月の更新では、以下の変更が実施されています。

  • Azure Files のサポート

 

  • ストレージ アカウントへの接続エクスペリエンスの更新

 

  • クエリ結果のエクスポートとインポート/エクスポートの強化

 

  • テーブルの列の並べ替えとカスタマイズ

 

  • $logs BLOB コンテナーおよび $metrics テーブルの表示

 

  • サイズの大きな BLOB のアップロードに関する問題の修正

 

  • エンティティ編集時の文字列型/倍精度浮動小数点型の処理に関する問題の修正

 

Azure Files のサポート

今回の更新では、Azure Files を含むすべての Storage サービスの操作を実行できるようになりました。Azure Files に関しては、ファイル共有の作成や削除、コンテンツの表示、個々のファイルやディレクトリのアップロードとダウンロードを行うことができます。

このほか、SAS キーの生成や、SAS URI を使用したファイル共有への接続も可能になりました。

File Shares

接続エクスペリエンスの強化

ユーザーの皆様からは、ストレージ アカウントへの接続にアカウント名とアカウント キーを使用したいというご要望が多数寄せられていました。この機能は既に実装されていましたが、皆様からのフィードバックを見る限りでは見つけにくかったと思われます。そこで、より見つけやすくわかりやすいエクスペリエンスに変更しました。

ストレージのリソースに接続するには、Cloud Explorer で [Connect to Azure Storage] アイコンをクリックしてダイアログを開き、アカウント キーまたは SAS URI を貼り付けます。

Connect to Azure Storage

このダイアログはガイド形式のウィザードになっていて、追加の情報 (アカウント名など) が求められる場合には入力画面が表示されます。また、接続先のアカウントに関する情報 (付与されている SAS のアクセス許可など) も表示されます。

テーブルの更新

テーブルに関しては、クエリ結果をエクスポートできるようにしてほしいというご意見が特に多く寄せられていました。今回の更新では、クエリを実行した場合の [Export] ボタンの既定の動作が変更され、クエリ結果のみがエクスポートされるようになりました。なお、クエリを実行していない場合はテーブル全体がエクスポートされます。

また、テーブルの列の順序をカスタマイズできるようになりました。[Column Options] ボタンをクリックすると、列を手動で並べ替えたり非表示にしたりできます。テーブルで複数のスキーマを使用している場合、1 つまたは複数のエントリを選択して、それぞれのスキーマで列を表示することができます。

Export by query and customize columns

さらに、テーブルを CSV ファイルにエクスポートする場合に、エンティティのデータ型が含まれるようになりました。これにより、テーブルのコンテンツに関する情報が提供されるだけでなく、テーブルへの再インポートが容易になります。

ログとメトリック

メトリックが有効化されているストレージ アカウントでは、$logs BLOB コンテナーと $metrics テーブルを表示できるようになりました。ただし、現在 Premium Storage アカウントおよび BLOB ストレージ アカウントのメトリック テーブルは表示されないという問題が確認されています。この問題については、Storage Explorer の次回の更新時に修正される予定です。

まとめ

今回、4 つのストレージ アカウント サービスの基本的なサポートが提供されたことにより、今後の Storage Explorer の更新の焦点が多少変更されることになります。次回以降のリリースでは、最重要課題 (サインインなど) および特に多く寄せられたご要望 (BLOB リースの管理や CORS の構成など) への対応を主眼に取り組んでまいります。

Storage Explorer をダウンロードしてくださった皆様、フィードバックをお寄せくださった皆様に感謝申し上げます。また、今後の大きな進化に向けて引き続きご協力をお願いいたします。いつもお願いではありますが、ご要望、問題点、ご意見がありましたら、フィードバック ツールからお知らせください。

Storage Explorer Feedback

皆様からのたくさんのフィードバックをお待ちしています。

-Storage Explorer チーム

 

Comments (0)

Skip to main content