Premium Storage の導入により Azure SQL Data Warehouse のパフォーマンスの予測可能性が向上


執筆者: Kevin Ngo (Program Manager, SQL Engineering)

このポストは、5 月 31 日に投稿された Azure SQL Data Warehouse introduces Premium Storage for greater performance predictability の翻訳です。

 

Azure SQL Data Warehouse サービスが Standard Storage から Premium Storage に移行されました。これにより、特に DWU (Data Warehouse Unit) が大きい場合に、クエリ ランタイムのパフォーマンスの予測可能性と一貫性が向上します。今後、Azure Premium Storage が提供されているリージョンのほとんどで、データ ウェアハウスを新規作成する場合に Premium Storage が使用されます。プレビュー期間終了後は、SQL Data Warehouse のストレージに対して 1 TB の割り当て容量の料金が発生します。ただし、プレビュー期間中に SQL Data Warehouse のお客様が Premium Storage をご利用いただく場合は、現在の Standard Storage モデルの料金が適用されます。現在 Standard Storage で既存の Data Warehouse をご利用のお客様には、今後数週間以内に Premium Storage への移行手順をメールでご案内します。

データ保護

このほか、今後数週間のうちに Premium Storage の Geo-Backups が導入されます。Geo-Backups では、データ ウェアハウスが 24 時間ごとに Azure の対になるリージョンにコピーされ、地理的な耐障害性が確保されます。Geo-Backups からは任意の Azure リージョンへの復旧を行うことができます。

Premium Storage をお試しください

今回導入された Premium Storage をぜひお試しいただき、非常に高負荷のワークロードを実行して、ご意見をお聞かせください。UserVoice (英語) から製品開発に関するご提案またはフィードバックへの投票をお願いします。ご協力いただいた方には、最新情報を定期的にお届けすると共に、その機能のリリース情報をいち早くお知らせいたします。

関連情報

SQL Data Warehouse に関する資料は多数あります。以下はその一部です。

 

 

 

 

 

 

 

Comments (0)

Skip to main content