ストレージの利用シナリオに最適なマイクロソフトのクラウド サービスを見極める


執筆者: Joe Davies (Senior Content Developer, Azure Documentation)

このポストは、5 月 16 日に投稿された Map storage scenarios to services in Microsoft’s cloud の翻訳です。

 

マイクロソフトのクラウド サービスやクラウド プラットフォームで提供される多様なストレージ オプションをきちんと把握したいとお考えではありませんか? また、自社のアプリケーションやストレージ シナリオにとってベストな Azure ストレージ サービスの組み合わせをお探しではないですか?

 

そうしたお客様のために、エンタープライズ アーキテクトのための Microsoft クラウド ストレージ資料を用意しました。次のような場合にご活用ください。

  • 自社のストレージ ソリューションやストレージ アプリケーションをゼロから構築する場合の Azure Storage サービス (Files、Blobs、Queues、Tables) の使用方法を理解する

 

  • Azure DocumentDB や Azure Redis Cache、StorSimple などの Azure のストレージ サービスを自社のストレージ ソリューションの足掛かりとして組み込み、追加の構成やコーディングによってカスタマイズする

 

  • Azure Site Recovery や Azure Backup などすぐに使用できる Azure のストレージ機能や、Office 365、Microsoft Dynamics CRM Online、Microsoft Intune のストレージ機能について判断する

資料はグリッド形式になっており、データ管理やファイル バックアップなど、特定のストレージの用途に最適なサービスの組み合わせを簡単に見つけることができます。

資料は複数のページで構成されています。PDF (英語) または Visio (英語) 形式のファイルをダウンロードするか、ブラウザーで閲覧しやすい新しいオンライン形式 (英語) でご覧ください。また、この資料はタブロイド判 (11×17 インチ、レジャー、A3) のサイズで印刷することもできます。

ほかにもエンタープライズ アーキテクト向けの Microsoft クラウド サービスの資料を各種公開していますので、そちらもご覧ください。

Microsoft Cloud Services and Platform Options poster Microsoft クラウド サービスとプラットフォームのオプションhttp://aka.ms/cloudarchoptions
Microsoft Cloud Identity for Enterprise Architects エンタープライズ アーキテクトのための Microsoft クラウド IDhttp://aka.ms/cloudarchidentity
Microsoft Cloud Security for Enterprise Architects エンタープライズ アーキテクトのための Microsoft クラウドのセキュリティhttp://aka.ms/cloudarchsecurity
Microsoft Cloud Networking for Enterprise Architects エンタープライズ アーキテクトのための Microsoft クラウド ネットワークhttp://aka.ms/cloudarchnetworking
エンタープライズ アーキテクトのための Microsoft ハイブリッド クラウドhttp://aka.ms/cloudarchhybrid

マイクロソフトのクラウド プラットフォームおよびクラウド サービスのすべてのリソースを確認するには、マイクロソフトのエンタープライズ クラウド ロードマップ (英語) を参照してください。

Twitter ユーザーの方々へのお願い: この記事で紹介した資料やこのシリーズの他の資料に関してツイートする場合は、ハッシュタグ「#mscloudarch」を付けていただくようご協力をお願いいたします。

Comments (0)

Skip to main content