Azure Stream Analytics と Power BI の統合の一般提供を開始


執筆者: Ryan CrawCour (Program Manager, Azure DocumentDB)

このポストは、4 月 21 日に投稿された Azure Stream Analytics and Power BI general availability の翻訳です。

 

このたび Azure Stream AnalyticsPower BI の統合の一般提供が開始されました。この統合を使用すると、さまざまなデバイスやセンサー、インフラストラクチャ、さらにはお客様自身のビジネス アプリケーションのストリーミング データ用のインタラクティブなリアルタイム ダッシュボードを作成することができます。

リアルタイム ダッシュボードのメリット

データはあらゆる場所に存在しています。マイクロソフトにデータを送信するソースの数も、データそのものの量もどんどん増加しており、それをビジネスに有効活用できる情報に変換することや、より迅速に対応できるようにすることへのプレッシャーが増大しています。

たとえば、港から全国の市場へ鮮魚を運ぶ保冷車を管理するという場合、1 台のトラックの保冷機が故障し庫内温度が上昇し始めたら、できるだけ早くこの事態を把握して適切な対応を取る必要があります。

これまで、このような情報をデータから取得しダッシュボードに表示するためには、まずデータを取得し、そのデータを処理して所定の場所に存在するデータベースに格納し、カスタム アプリケーションを作成して継続的にデータベースをポーリングし、ユーザーのダッシュボードに表示するというシステムを構築する必要がありました。もちろんこれは無理なことではありませんが、トラックに積まれた鮮魚が傷みやすいことを考えると、その情報は分単位ではなく秒単位で取得する必要があります。また、簡単な操作で使用できるようにすることも重要です。

リアルタイム ダッシュボードでは、ビジネスに大きく影響するメトリックがリアリタイムで表示されるため、情報の把握や対応を迅速に行うことができます。

保冷車の庫内温度を監視できることは、販売チームとマーケティング チームにとって大きなメリットです。リアルタイム ダッシュボードによって 1 時間ごとのパフォーマンス メトリックを追跡し、その情報を即座に利用することができます。このように、リアルタイム ダッシュボードがビジネスにもたらす価値は実際に増えつつあります。

Azure Stream Analytics のメリット

Azure Stream Analytics はフルマネージド型のコスト効率の高い Azure サービスで、SQL 似のシンプルな言語を使用して転送中のデータをリアルタイムでストリーミング処理できます。Azure Stream Analytics では Azure Event Hub や Azure IoT Hub などの多数の入力コネクタを使用できるため、スケールに応じて簡単にデータを取得できます。Azure Stream Analytics ジョブを使用すると、ストリーミング データの集約やフィルタリング、グループ化を一定の時間範囲に対して実行できます。また、SQL DB や DocumentDB などの多数のダウンストリーム データベースに接続し、分析計算の結果を永続的に格納することができます。

今回の発表ではさらに、出力コネクタである Power BI コネクタが追加され、データを直接リアルタイム ダッシュボードにストリーミングできるようになりました。これにより、レイテンシや特に重要なビジネス メトリックに対応するまでの所要時間が大幅に短縮されます。パブリック プレビュー期間中から、多くのお客様と協力してセンサーやビジネス アプリケーション、ソーシャル メディア、ユーザー ログなどの視覚化に取り組んできました。今回これらの統合がすべてのお客様にご利用いただけるようになりました。

以下のビデオでは、リアルタイム ダッシュボードにデータをストリーミングすることで実現できるシナリオの例を紹介しています。

使用を開始するには

使用開始の方法については、Stream Analytics と Power BI のチュートリアルをご覧ください。ここでは、Azure Stream Analytics ジョブの出力として Power BI を使用して独自のカスタム ビジネス インテリジェンス ツールを作成する方法をご確認いただけます。

次のステップ

マイクロソフトは今回この統合を一般提供できることをたいへん嬉しく思っており、皆様のシステムやリアルタイム ダッシュボードでさまざまな新機能が生まれることを期待しています。今後実装を希望する機能がありましたら、ぜひ User Voice (英語) までご意見をお寄せください。

Microsoft Azure や Stream Analytics をまだご利用でない方は、Azure の無料試用版アカウントにサインアップすることで、Stream Analytics ジョブを作成できます

ご不明な点がある場合は、MSDN (英語)Stackoverflow (英語) のフォーラム、または電子メールで製品チーム宛に直接お問い合わせください。

最新の機能や情報については、Twitter アカウント (@AzureStreaming) をフォローしてください。

Comments (0)

Skip to main content