新しい Azure 向け Docker Machine を発表


執筆者: Ahmet Alp Balkan (Software Engineer, Azure Linux)

このポストは、3 月 24 日に投稿された Brand new Docker Machine for Azure の翻訳です。

 

Docker Machine (英語) 用の新しい Azure ドライバーが公開されました。Docker Machine は、Docker を使用してノート PC やクラウド プロバイダー上に仮想マシンを作成し管理するためのツールです。開発用マシンのローカルでのコンテナーを使用した開発が容易になるほか、クラウドのコンテナー ホストのオーケストレーションが可能になります。

Microsoft Azure はこのプロジェクトの開始時から Docker Machine に貢献しており、2014 年 10 月には Docker Machine 用 Azure ドライバーの初回バージョン (英語) をリリースしました。このバージョンでは Azure への仮想マシンの作成に Azure Service Management API を使用していました。

この Docker Machine 用 Azure ドライバーが今回更新され (英語)Azure Resource Manager API が使用されるようになりました。また、機能が多数追加されたほか、ユーザーによる詳細な制御が可能になり、使いやすさも大幅に改善されています。

以下のデモ (英語) は、新しい Docker Machine を使用して Docker Engine を実行中の Azure に Linux VM を作成しているところです。

この更新版 Docker Machine 用 Azure ドライバーは、docker-machine v0.7.0 と共にリリースされる予定です。使用するには、GitHub からバイナリ形式で入手 (英語) するか、Docker Toolbox (英語) をインストールしてください。

移行に関する注意事項

この新しい Docker Machine 用 Azure ドライバーには下位互換性がないのでご注意ください。docker-machine v0.6.0 以前のバージョンで作成された既存の仮想マシンは、新しい Azure ドライバーでは管理できません。

これは、旧バージョンのドライバーで使用されていた Azure Service Management API と新バージョンのドライバーで使用されている Azure Resource Manager API の互換性がないことが理由で、既存のマシンを新しいドライバーで管理したり移行したりすることはできません。移行をスムーズに進めるには、旧バージョンのドライバーで作成したマシンを削除して、新しいドライバーを使用して再度作成することをお勧めします。互換性に関する問題が発生した場合には、docker-machine のバージョンを v0.6.0 以前にダウングレードしてください。

ぜひお試しください

Docker Machine 用の新しい Azure ドライバーをお試しになるには、GitHub (英語) から Docker Machine v0.7.0 (またはそれ以降) をダウンロードするか、Docker Toolbox (英語) をインストールしてください。

詳細については、Docker Machine のドキュメント (英語) および Azure ドライバーの参考資料 (英語) をご覧ください。また、問題が発生した場合には、GitHub の docker/machine リポジトリ (英語) でイシューを作成してお知らせください。

Comments (0)

Skip to main content