従来の Azure ポータルから新しい Azure ポータルへの CDN リソースの移行について


執筆者: Manling Zhang (Program Manager, Azure Media Services)

このポストは、3 月 7 日に投稿された Migrating your CDN resources from the classic Azure portal to the new Azure portal の翻訳です。

 

このたび、新しい Azure ポータルの新しい CDN 機能が、従来の Azure ポータルで作成された既存の CDN エンドポイントに拡張されることが発表されました。これに伴い、CDN エンドポイントを従来の Azure ポータルから新しいポータルにシームレスに移行するプロセスが開始されました。今後数週間以内に各サブスクリプションが段階的に移行されますが、この間にサービスが中断されることはありません。

第 1 段階

CDN エンドポイントが従来の Azure ポータルと新しいポータルの両方で使用可能に (2016 年 3 月)

従来のポータルで作成されたエンドポイントが新しいポータルに追加されます。これらのエンドポイントは Standard SKU の "DefaultProfile" というプロファイルと “DefaultResourceGroup” というリソース グループに配置されます。

新しい CDN POP は、インド、オーストラリア、南米において既定で有効になり、CDN のゾーン別の料金が適用されます。

第 2 段階

CDN エンドポイントが新しい Azure ポータルのみで使用可能に (2016 年 4 月)

従来の Azure ポータルの CDN サービスは新しい Azure ポータルにリダイレクトされます。

追加情報

新しいポータルの CDN 機能

  • 新しい CDN POP、インド、オーストラリア、南米における料金ゾーン
  • 機能セットが異なる新しい SKU (CDN Standard、CDN Premium)
  • 消去、読み込みなどの新しい CDN 機能
  • CDN REST API および開発ツール (.NET SDK、PowerShell、Swagger)

サブスクリプションの移行を確認する方法

移行後は、新しい Azure ポータルからも従来のポータルで作成された CDN エンドポイントにアクセスできるようになります。

プロファイルのアップグレードとダウングレード

現時点では Standard から Premium へのプロファイルのアップグレードはできません。新たに Premium SKU でプロファイルを作成してください。

移行に関するご不明点や問題

サポート チケットを作成するか、Azure CDN フォーラム (英語) にご投稿ください。

Comments (0)

Skip to main content