API Management: キャッシュおよびスロットルの高度なポリシー


このポストは 1 月 4 日に投稿された API Management: Advanced caching and throttling policies の翻訳です。

 

今回、API Management のキャッシュ機能とスロットル機能を拡張する複数の新しいポリシーが発表されました。

  • cache-lookup-valueポリシーおよび cache-store-valueポリシーでは、ポリシーの実行中に任意の時点における任意のデータをキャッシュできます。
  • quota-by-key ポリシーおよび rate-limit-by-keyポリシーでは、カスタマイズされたキー値を使用してクォータのパーティション分割と帯域制限を行うことができます。これにより、スロットルをより細かく制御して、サービス拒否 (DoS) 攻撃を防止したり、エンド ユーザーが使用状況に応じた料金レベルを利用したりすることができます。

高度なキャッシュ ポリシーを使用すると、以下のようなシナリオに対応できます。

高度なスロットル ポリシーを使用すると、以下のようなシナリオに対応できます。

使用を開始するには

高度なキャッシュ ポリシーおよび柔軟なスロットル ポリシーの使用方法の詳細については、以下のガイドを参照してください。

API Management の詳細情報

Comments (1)

  1. Anonymous says:

    このポストは 1 月 4 日に投稿された API Management: Advanced caching and throttling policies の翻訳です。

    今回、API Management

Skip to main content