Application Insights – 一時的な制約とパフォーマンスの向上 (更新版)


このポストは、12 月 21 日に投稿された Application Insights – Temporary limitations and performance improvements (Update) の翻訳です。

Azure チームでは、現在も引き続き Application Insights のパフォーマンス、信頼性、スケーラビリティの向上に取り組んでいます。先日には Azure ポータルの一般提供開始が発表され、Azure の新しい既定のポータルとなりました。また、Application Insights SDK では、サンプリングとフィルター処理をサポートする新しいバージョンや動的サンプリング (英語) をサポートするプレビュー版が公開されています。

また 10 月下旬より、クエリのパフォーマンスと全体的なシステムの信頼性を向上するために、Application Insights におけるデータの管理方法を変更しています。この変更を実施するうえで、検索クエリを実行できる期間を一時的に短縮 (英語) しました。Standard または Premium 料金プランをご利用の場合でも、8 日以上遡って検索クエリを実行することはできません。現在、データのリファクタリングは完了しましたが、あいにく今回の変更のロールアウトは想定よりも遅れています。1 月には、8 日以上前の検索クエリを復元するために必要となる最終的な変更のロールアウトを開始し、2 月中旬までには、再び 8 日以上遡って検索を実行していただけるようになる予定です。検索対象期間の上限は、料金プランごとに設定されている生データの保持期間となります。それまでの間、Standard および Premium プランをご利用のお客様は、引き続き連続エクスポートを使用して 8 日以上前のデータにアクセスしていただけます。

Metrics Explorer では、現在も詳細なメトリック データが提供され、8 日以上前の標準とカスタム プロパティに基づいてフィルター処理やグループ化を実行できます。

アプリケーションの問題の監視、診断、トラブルシューティングを行うためには、適切なタイミングで適切な情報にアクセスできることが重要です。このことを理解しているからこそ、機能やサポート インフラストラクチャの変更と強化を継続的に実施し、Application Insights をさらに便利にご利用いただけるよう尽力しているのです。

引き続き皆様からのフィードバックをお待ちしています。UserVoice (英語) または MSDN フォーラム (英語) までご意見、ご提案、ご質問をお寄せください。

Comments (0)

Skip to main content