StorSimple Cloud Appliance 8020 モデルを発表


このポストは、12 月 16 日に投稿された Announcing the StorSimple Cloud Appliance 8020 の翻訳です。

このたび、次世代の StorSimple Cloud Appliance (旧称 StorSimple Virtual Appliance) が発表されました。StorSimple Cloud Appliance は、StorSimple ソリューションのソフトウェア バージョンであり、Azure で仮想マシンの形で動作します。

新しい StorSimple Cloud Appliance の 8020 モデルでは、8010 モデル (旧称 1100) の 2 倍の容量があり、大半のベンチマークで 8010 モデルを上回るパフォーマンスを記録しています。プロビジョニング可能な最大容量が 64 TB に増え、ローカル層に Azure Premium Storage が採用されたことでより優れたパフォーマンスが実現しました。Azure Premium Storage では、低レイテンシかつ高パフォーマンスの SSD ドライブを Azure VM にプロビジョニング可能です。このモデルの登場により、従来よりも大容量のボリュームや高スループットが要求されるシナリオにも Azure で対応できるようになります。

StorSimple Cloud Appliance は、コスト効率に優れたオンデマンドの災害復旧としても利用されています。最大容量は使用状況に応じて増加させることができるため、あらゆる StorSimple ワークロードで Azure のオンデマンド災害復旧サイトとして活用できます。

8020 モデルの料金設定は従来のバージョンと同じく、基盤となる VM とディスクのストレージ コンポーネントにのみ料金が発生します。Azure のコンピューティング料金は DS3 VM の料金に基づいて計算され、ディスクの料金は Premium Storage の料金に基づきます。

8020 モデルは 8010 モデルと並んで提供されます。下の表に、この 2 つのモデルの違いをまとめました。

 

8020

8010 (旧 1100)

最大容量

64 TB

30 TB

Azure VM

Standard_DS3 (4 コア、14 GB のメモリ)

Standard_A3 (4 コア、7 GB のメモリ)

StorSimple バージョンの互換性

Update 1 以降に対応行

すべてのバージョンに対応

利用可能リージョン

Premium Storage がサポートされているリージョン

すべての Azure リージョン

内部のストレージの種類

Azure Premium Storage

Azure Standard Storage

好適なワークロード

クラウドでの開発/テスト シナリオ、低レイテンシ・高パフォーマンスが求められるワークロード、災害復旧用のセカンダリ デバイス

バックアップからのアイテム レベルのデータ取得

デプロイメントに関する詳細や、8010 と 8020 の違いについては、StorSimple のドキュメントのページ (一部英語) を参照してください。

また、StorSimple と Azure Site Recovery を連携させて、StorSimple でホストされているワークロードを包括的に保護できるようになりました。この詳細については、Azure でのファイル サーバー災害復旧の自動化に関するドキュメントをこちらからダウンロード (英語) できますので、併せてご覧ください。

Comments (1)

  1. Anonymous says:

    このポストは、12 月 16 日に投稿された Announcing the StorSimple Cloud Appliance 8020 の翻訳です。

    このたび、次世代の StorSimple

Skip to main content