Azure VM Scale Set のパブリック プレビュー


このポストは、11 11 日に投稿された Azure VM Scale Sets public preview の翻訳です。

マイクロソフトはこのたび、Azure Virtual Machine Scale Set のパブリック プレビューを発表しました。この VM Scale Set は、複数の仮想マシンを 1 つのセットとしてデプロイ、管理できる、Azure のコンピューティング リソースです。ビッグ コンピューティング、ビッグ データ、コンテナー化ワークロードは、クラウド コンピューティングが進化するにつれて重要性が増していますが、VM Scale Set はそれらを目的とした大規模なサービスを構築する場合に最適です。

VM Scale Set 内の VM はすべて同一に構成されるため、必要な台数を選択するだけで、迅速かつ自動的に VM をスケール アウトすることができます。また、Azure インサイトの自動スケール機能と統合されているため、事前に VM をプロビジョニングしていなくても完全な自動スケールが可能であり、アプリケーションが必要としているコンピューティング リソースをいつでも必要なだけ使用できます。VM Scale Set のデプロイメントには Azure Resource Manager テンプレートを使用でき、Windows Linux の各プラットフォーム イメージのほか、カスタムのイメージや拡張機能もサポートされています。また、VM Scale Set Load Balancer Network Security Groups などの Azure のネットワーク リソースと統合されているため、VM Scale Set 内の VM 全体に簡単にワークロードを展開することができます。さらに NAT ルールも構成でき、トラブルシューティングの際には特定の VM インスタンスに接続することが可能です。

VM Scale Set の定義は、VM NICVM 拡張機能などの必要なリソースを VM Scale Set のプロパティとして 1 回指定するだけで完了します。VM インスタンスを個別にデプロイする場合と異なり、個々の VM に対してネットワーク、ストレージ、拡張リソースを個別に定義、関連付ける必要はありません。これにより、Azure インフラストラクチャの定義が簡素化されるだけではなく、基盤となるファブリックへの呼び出しが最適化され、効率性が大幅に向上します。

VM Scale Set は柔軟性があるため、ステートレスな Web フロントエンド、コンテナーのオーケストレーション、マイクロサービス クラスターといったワークロードのスケール アウトへの対応に適しています。実際に、Azure Container Service では VM Scale Set Mesos クラスターの作成や管理の基盤として活用されています。

VM Scale Set をデプロイする

VM Scale Set をデプロイする際に必要となるのは Azure サブスクリプションのみです。Virtual Machine Scale Set サンプル テンプレートを GitHub リポジトリの azure-quickstart-templates (英語) にご用意しています。サンプルはプレビュー期間中にさらに拡充する予定です。

次のビデオでは、VM Scale Set のテンプレートの詳細について説明しています。

[View:~/cfs-file.ashx/__key/communityserver-blogs-components-weblogfiles/00-00-00-52-15/2.mp4:450:0]

この記事で使用するサンプル テンプレートは、201-vmss-linux-nat (英語) から入手できます。このテンプレートでは、Linux VM から成る VM Scale Set が作成されます。これらの VM はパブリック IP アドレスを持つ Load Balancer に割り当てられ、HTTP トラフィックをインスタンス全体に分散します。また NAT ルールも定義されており、VM Scale Set 内の各 VM に対して SSH による接続を確立できます。他の Quickstart テンプレートと同様に、[ ] ボタンをクリックするとデプロイが開始されます。

 

上記のボタンをクリックするとhttp://acom.azurecomcdn.net/80C57D/cdn/mediahandler/acomblog/media/Default/blog/e3431b07-7871-4fe0-978a-475363695da8.png Azure ポータルに移動します。ここで、テンプレートの各パラメーターを指定します。

  • VM サイズを「Standard_A1」に設定します。すべての VM が選択したサイズで設定されます。

  • OS のバージョンを選択します。このテンプレートでは Ubuntu VM を作成するため、「15.10」を選択します。

  • [VMSSNAME] には 9 文字以下の長さの値を指定します。指定した名前は、このテンプレートでストレージ アカウントなどの他のリソースを作成するときに、一意の文字列として先頭に追加されます。

  • この例では、[INSTANCECOUNT] パラメーターは、テンプレート内の virtualMachineScaleSet リソースの capacity というプロパティに対応します。このプロパティは VM Scale Set の VM の台数を表します。パブリック プレビュー期間中は、最大で 100 台の VM を作成できます。

  • [ADMINUSERNAME] と [ADMINPASSWORD] には、VM Scale Set の各 VM 用のユーザー資格情報を指定します。

  • [OK] をクリックして新しいリソース グループを作成し、リージョンを選択し、使用条項に同意します。

[CREATE] をクリックして、入力したパラメーターでテンプレートをデプロイします。

デプロイメントが完了したら、VM Scale Set のリソースの概要が表示されます。VM Scale Set 本体、Load Balancer、パブリック IP アドレス、VNET、一意の名前が付けられたストレージ アカウントなどです。

特定の VM に接続する場合は、パブリック IP アドレス (このアドレスは Load Balancer に関連付けられています) をクリックして DNS 名をコピーします。テンプレートで定義される NAT ルールでは、ポート 50000 で受信したら 1 台目の VM のポート 22 (SSH で使用) に、ポート 50001 で受信したら 2 台目の VM のポート 22 に、というようにそれぞれ変換されます。このため、1 台目の VM に接続する場合は、パブリック IP アドレスの 50000 番ポートに対して SSH 接続を確立します。

Azure CLI および PowerShell を使用してデプロイする

VM Scale Set は、Azure CLI からでも作成できます。

azure group deployment create -g myrg -n dep2 --template-uri https://raw.githubusercontent.com/Azure/azure-quickstart-templates/master/201-vmss-linux-nat/azuredeploy.json

PowerShell を使用して VM Scale Set をデプロイする場合は、New-AzureRMResourceGroup コマンドレットを使用します。

New-AzureRMResourceGroupDeployment -name dep1 -vmSSName myvmss -instanceCount 3 -ResourceGroupName myrg -TemplateUri https://raw.githubusercontent.com/Azure/azure-quickstart-templates/master/201-vmss-linux-nat/azuredeploy.json

: 使用している Azure PowerShell のバージョンが 1.0 よりも古い場合は、New-AzureRMResourceGroupDeployment の部分を New-AzureResourceGroupDeployment に変更してください。

resourceLocation や adminUsername など、未指定のテンプレート パラメーターがあれば、入力を求めるメッセージが表示されます。

このほかにも、VM Scale Set とその中の VM の管理に不可欠なコマンドを含む、CLI と PowerShell のプレビュー ビルドがあります。これらについては、GitHub の https://github.com/AzureRT/azure-powershell/releases (英語)https://github.com/AzureRT/azure-xplat-cli/releases/ (英語) のページでご確認ください。

デプロイした VM Scale Set を確認する

マイクロソフトは、VM Scale Set と Azure ポータルをさらに細かく統合する取り組みを進めています。当面の間、作成した VM Scale Set のリソースを確認するには、Azure リソース エクスプローラーをお使いください。サブスクリプション内のすべてのリソースについて、どのように定義されているかが確認できます。

VM Scale Set の使用に関する詳細については、REST API ガイド (英語) や、Quickstart テンプレート (英語) で公開されている VM Scale Set サンプルの Readme お読みください。このほか、Cloud Cover 第 191 回 (英語) では初期プレビューについての情報をご覧いただけます。

ぜひ VM Scale Set をお試しのうえ、ご意見やご要望をお聞かせください。vmssfeedback@microsoft.com で受け付けております。

 

 

Comments (2)

  1. Anonymous says:

    このポストは、 11 月 11 日に投稿された Azure VM Scale Sets public preview の翻訳です。
    マイクロソフトはこのたび、 Azure Virtual Machine

  2. Anonymous says:

    このポストは、11 月 16 日に投稿された Microsoft at Supercomputing: Yes, we support Linux の翻訳です。

    組織変革につながる新たな発見や知見を求めて

Skip to main content