Azure Pack の更新と Azure Site Recovery


このポストは、10 月 12 日に投稿された Azure Site Recovery with Azure Pack Update の翻訳です。

 

Azure Site Recovery では、サービス プロバイダー向けの最新機能が多数追加され、簡単で堅牢かつ高いコスト効率での DRaaS (サービスとしての災害復旧) をサポートしています。

まず、Azure Site Recovery と Azure Pack の統合が発表され、サービス プロバイダーが IaaS に向けたマネージド サービス型の災害復旧機能 (英語) を提供できるようになり、また Azure Pack で IaaS に向けた災害復旧サイトとしての Azure (英語) サービスを使用できるようになりました。これらの機能は高評価で、サービス プロバイダーの皆様からはプライマリと復旧用の両方のデータセンターを管理する単一 Azure Pack インスタンスのサポートへのご要望をいただいていました。

Azure Site Recovery では、パートナー様による環境に適した DR ソリューション提供を実現するために取り組んできましたが、今回の Azure Site Recovery と Azure Pack の統合における 2 つの主要機能によりサービスが拡張されました。

プライマリ DC と復旧用 DC を異なる SCVMM で管理する Azure Pack の単一インスタンスによるマネージド サービス型の DR 機能

プライマリ DC と復旧用 DC を同一の SCVMM で管理する Azure Pack の単一インスタンスによるマネージド サービス型の DR 機能

どちらの機能でも、サービス プロバイダーがエンド ユーザーに DRaaS 機能を提供する際に全体的な管理コストを削減できます。これらの機能を使用するには、最新の ASR Runbook をダウンロード (英語) し、Azure Pack 環境にインポートします。統合の詳細については、Windows Azure Pack のデプロイメント ガイドを参照してください。

Azure Site Recovery は簡単に利用を開始できます。料金の確認はこちらのページ、無料評価版のダウンロードはこちらのページをご覧ください。

Comments (1)

  1. Anonymous says:

    このポストは、10 月 12 日に投稿された Azure Site Recovery with Azure Pack Update の翻訳です。

    Azure Site Recovery では

Skip to main content