[今月の技術トピック] OpenStack に挑むクラウドコントローラー Azure Pack


サーバー仮想化が一般化されてしまった今、企業のデータセンターでは、クラウド API やクラウド コントローラー、クラウド オーケストレーションといった、1 つ高いレイヤーからクラウド基盤をコントロールする術を模索しています。最近良く名前が出てくる OpenStack がまさにその代表例で、マイクロソフトも OpenStack と Hyper-V が連携できるように関係を持ち続けています。

ただ、エンジニア目線で事を進めれば、プロジェクトが失敗する確率が高くなります。なぜなら利用者不在になりがちだからです。利用者は API 化されることを望んでいるわけではなく、高速で柔軟で自由度の高い、利用しやすい IT を望んでいるにすぎません。それを知らずに頑張って環境を作り、検証し、ようやく組みあがった基盤が使われないのではエンジニアとしての努力も報われないはずです。

そこでおススメなのが Azure Pack です。

Azure Pack は、パブリッククラウド Microsoft Azure を運営していく上で得られたノウハウと開発した技術を融合させ、手元でプライベート クラウドを構築できるように仕上げたツールです。Azure そっくりな評判の良いユーザーインターフェイスが利用者を喜ばせ、完全に API 化されたモジュール群が基盤を構築し運用するエンジニアを喜ばせてくれます。管理の自動化に使える PowerShell スクリプトも、自由に拡張するための開発者向けの情報も出ています。また、Azure Pack をベースにすれば、サービスを実現するために必要な自動化の手順も明確です。自動化の基盤を作った後にサービスを組み上げるのではなく、何をサービス化するか決めて、そのために必要な部分を自動化するわけです。

本当にそんなことができるのか??

もちろんできます!!
物理マシン 250 台、仮想マシン 1000 台クラスの日本国内の事例もまもなくです!!

それでも疑問をお持ちの方、今 OpenStack の実装に苦しんでいる方、OpenStack は自社内のプライベート クラウドには向かないと思っている企業の IT 担当者の方、パブリックなクラウド Microsoft Azure を使いたいけど社内のルール上まだクラウドが使えないという業界の方など、多くの方のために、Azure Pack の環境がいかに簡単に構築できるか知ってもらえるオンライン トレーニングを用意しました。Microsoft Virtual Academy のコースになっていますので、PDF とビデオの両方で効率的に学んでください。2 ~ 3時間で IaaS が出来上がる様子をご確認いただけます。

OpenStack に挑むクラウド コントローラー Azure Pack ~導入から利用までを一気に学習~

また、エバンジェリストから Azure Pack の話を聞きたい、実際に作業をしているところを見てみたいという方は、9 月 30 日 (火曜日) 午後のこちらのセミナーにご参加ください。講師席に用意したマシンを使って、一から環境を作っていき、数時間後には Azure Pack ベースのクラウドが動いているところをご覧いただきます。

Tech Fielders セミナー
「第 2 回 OpenStack に挑むクラウド コントローラー Azure Pack」~道場スタイル~

あなたがエンジニアだとしたら、「クラウドって凄い」とばかり言っている場合ではありません。クラウドがどのように作られ、どのように動いているかを知るためにも、クラウドのメリットとデメリットを体で理解するためにも、パブリックなクラウド Microsoft Azure の評価に加えて手元で動かすクラウド Azure Pack の評価をやってみましょう!

日本マイクロソフト株式会社
エバンジェリスト
高添 修<Blog


Comments (0)

Skip to main content