クラウド時代の Active Directory 次の一手シリーズ 最新コース公開しました


ご存知無償 e-learning サイト MVA (Microsoft Virtual Academy) でご提供しているセミナー「クラウド時代の Active Directory 次の一手」シリーズの最新コースが公開されました。

クラウド時代にこそ求められる、Active Directory の最新機能を生かすためのインフラストラクチャー設計について、日本マイクロソフトエバンジェリストの安納が数回にわたって解説しています。

只今第 1 回~第 4 回まで公開中です。ぜひご覧ください。

<コース概要>

第 1 回 Active Directory の位置づけ

クラウド ファースト/モバイル ファースト時代における最新 Active Directory の位置づけについてデモンストレーションを交えて解説します。クラウド移行の第一歩は認証基盤です。ここを抑えずに、他のサービスを設計することはできません。

第 2 回 Active Directory ドメイン サービスの新しい役割

最新の Active Directory ドメイン サービスが持つ役割について、Windows Server 2012 および 2012 R2 の新機能をベースに解説します。Active Directory ドメイン サービス機能を 100% 引きだすことが社内 IT ガバナンスの実現に直結する!

第 3 回 Active Directory フェデレーション サービスの役割 解説編

Active Directory ファミリの中で最も難易度が高いと言われる Active Director フェデレーション サービスの役割について解説します。 企業内 IT において AD FS はどのように実装すべきか悩んでいる方必見です。

第 4 回 Active Directory フェデレーション サービスの役割 構築編 (9/3 開催 オンライン セミナー)

Active Directory フェデレーション サービスの構築方法と使い方についてデモンストレーションをご覧いただきます。AD FS の構築手順を体験したことのない方はぜひ一緒に進めましょう。

MVA はこちら→


Comments (0)

Skip to main content