【冬休みの宿題】今年のうちに押さえておきたい最新テクノロジ 10 選

2014 年も残すところあと僅か。新年を迎える前の今のうちにぜひ押さえておきたい、最新テクノロジのうち、特に人気の高い 10 のコンテンツをピックアップしました。ビデオが中心なので、会社、自宅、通勤電車の中でも気軽に視聴いただけます。正月ボケになってしまう前に、ちょっとだけ気を引き締めて、一気におさらいしておきましょう !!   Azure そっくりなプライベート クラウドを構築してみよう   クラウドでもやっぱり Active Directory は重要 OpenStack に挑むクラウド コントローラー Azure Pack   クラウド時代の Active Directory次の一手シリーズ 第 1 回~第 6 回 Microsoft Azure の技術と運営ノウハウを、手元のプライベート クラウドでご利用いただけます。Azure そっくりな UI と完全に API 化されたモジュール群で、ワンタッチで必要なサービスを構築、自動化することができます。   クラウド時代にこそ求められる、Active Directory の最新機能を生かすためのインフラストラクチャ設計について、数回にわたって解説します。       Office 365 が API 化でクラウド アプリ基盤に進化   実はかなり進化している Visual Studio 現行バージョン…

0

[今月の技術トピック]『次の Windows Server はこうなる!?』来年登場予定の次期サーバー OS をスムーズに理解するために

Windows Server 2003 サポート終了の時期が刻々と迫ってくる中、マイクロソフトの社内では次のサーバー OS の開発が進んでいます。 Windows Server Technical Preview (開発途中の次期サーバー OS) の Hyper-V の新機能を見てみると・・・ 静的メモリのオンライン リサイズ ネットワーク アダプターのホットアド/ホットリムーブ Hyper-V ホスト クラスターのローリング アップグレード Linux Secure Boot のサポート プロダクション チェックポイント RemoteFX による OpenGL, OpenCL のサポート ・・・・ などがあります。たとえば、管理者の意図通りに仮想マシンのメモリ管理ができるようになれば、ダイナミックメモリ (システムが自動的にメモリ量を調整する仕組み) を使わなくても、必要な時にメモリを増やしたり減らしたりできるようになります。プロダクション チェックポイントという新機能を使えば、アプリケーションの整合性を取りつつ仮想マシンのスナップショットを取れるため、いつでも好きな状態に戻せるようになります。 現時点で試せるものだけでも触ってみる価値はあると思いますが、これらは次期 Windows Server の進化のごく一部でしかありません。せっかくなので、次期サーバー OS のポテンシャルの片鱗を見てみましょう。 解説動画と資料でWindows Server Technical Preview をチェックする Tech Fielders セミナー「次期 Windows Server…

0

お薦め書籍:現場で役立つ Windows Server 2012 R2 Essentials 構築・運用ガイド

「現場で役立つ Windows Server 2012 R2 Essentials 構築・運用ガイド」が発売になりました。 中小企業に最適な「Windows Server」をベースに、現場で役立つファイルサーバー構築・運用および効率的なデータの管理手法が丁寧に解説されています。 Windows Server for Small and Medium Business の Microsoft MVP 澤田 賢也氏がサーバー構築&運用を完全サポート。自社に最適な Windows Server 環境の構築、効率的なデータ管理とバックアップなどを徹底解説されています。 現場の教科書として是非ご一読ください。 詳細はこちら→

0

ITエンジニアとしての情報収集、スキルアップにご利用ください。「モダナイズ Yourself!」公開

Microsoft が提供している無償 e-learning サイト Microsoft Virtual Academy (MVA) ですが 、このたび IT 技術者向けのコースをシナリオごとにご紹介するサイトを公開しました。 「Windows Server 2003 で構築された業務サーバーのアップグレード」や「セキュリティの強化」など、今知りたいと思っているテーマに関連するコースをすぐにご受講いただけます。 各テーマには「概要コース」を設けましたので、基礎を固めたい方やこれから学びたい人にも見やすくなっています。 また、2014 年 10  月 23 日、24 日に開催されました The Microsoft Conference 2014 のブレイクアウト セッションもご覧いただけます。 詳細はこちら→

0

11/26 開催 Tech Fielders 中堅・中小企業向け Windows Server Essentials 特集

11/26 に日本マイクロソフト 品川本社にて「Tech Fielders 中堅・中小企業向け Windows Server Essentials 特集」セミナーを開催します。 少数の IT 担当者しかいない、もしくは他の業務と兼務している企業では、情報収集をする時間も限られるため、どうやって効率的に IT を利用したらよいのか? クラウドと社内をどのように使い分けたらよいのか? 悩まれている方もいらっしゃるでしょう。 そこで本セミナーでは、古くは Small Business Server (SBS) の流れをくむ Windows Server Essentials を中心に、社内ユーザーの管理から社外からのリモート アクセス、ユーザー データの保護など、中堅・中小企業のための IT 利活用術を解説します。お気軽にお越しください。 お申込み&詳細はこちら→

0

[今月の技術トピック] Windows Server を更に簡単に

その昔、中小企業のために作られ、常に一定のシェアを持ち続けていた伝説の製品 Small Business Server (略称 SBS) がありました・・・と、過去の話をしている場合ではありません。なぜなら、SBS の血筋は脈々と引き継がれ、今では Windows Server Essentials として存在しているからです! Windows Server Essentials が持つ管理機能を使えば、素人には難しい Active Directory のユーザー管理を簡素化できたり、共有フォルダーの管理がシンプルになったり、社外からのリモート アクセス環境を用意できたり、最近では Office 365 や Windows Azure と連動してみたりと、中小企業の IT 担当者の強い味方として、社員のビジネスシーンに役立つ IT 環境を構築していただけます。 また、以前の SBS は専用のサーバー OS のみの提供でしたが、今では Windows Server Standard/Datacenter にも「Windows Server Essentials Experience」という標準機能として組み込まれていて、営業所や支店における IT 管理者の味方になってくれます。 さあ、Windows Server をもっとシンプルに管理したいと思っているお客様、Active Directory がもっと簡単なユーザーインターフェイスだったらと考えたことがある IT 担当者様、皆さんのために作った Windows Server Essentials にご注目ください!…

0

10/31 開催 Tech Fielders in 福岡 ~最新サーバー製品からクラウドまで技術情報を一気にお届け~

IT Pro の皆様を支援するコミュニティとして活動しているTech Fielders ですが、10/31に福岡でセミナーを開催することになりました。 題して、「MS & DELL & Win.tech.q 共催 Tech Fielders セミナー in 福岡~最新サーバー製品からクラウドまで技術情報を一気にお届け~」です。 10:30開始、19:30終了(懇親会込)のビッグイベントとなりますが、福岡近郊の方はお気軽にお立ち寄りください。もちろん福岡近郊でないかたもお待ちしております。 Windows Server 2003 のサポート終了から注目のクラウド Microsoft Azure、最新サーバー OS Windows Server 2012 R2 に VDI 事例紹介、そして DELL 様の最新ハードウェアとその上で動くプライベートクラウド構築ツール Azure Pack、さらには Azure Site Recovery を使って容易に実現する災害対策まで、現場を知り尽くしたエンジニアが一気に解説します。 イベントの詳細&申し込みはこちら→ Tech Fielders の Facebook はこちら→

0

MVA で学んで得するキャンペーン実施中! SSD 240 GB など豪華賞品が当たる

学習の秋がやってきました。新しいことにチャレンジしたくなる季節です。 そんなあなたにおすすめなのが、マイクロソフトが提供している e-learning サイト Microsoft Virtual Academy です。 今なら、クラウド関連の指定コースを2つご受講、完了いただいた方に抽選で、インテル(R) SSD 240 GB など豪華賞品が当たるキャンペーンを実施しています。 秋の夜長にチャレンジしてみませんか。 詳細はこちら→

0

[今月の技術トピック] 今、ストレージとネットワークが面白い!

「Microsoft Azure は Windows Server や Hyper-V で動いている」ということは「Windows Server や Hyper-V は世界有数のメガ クラウドを支えるデータセンター技術である」という事でもあります。 コンセプトの話ではありません。みなさまの目の前で、Windows Storage Server を採用したストレージ アプライアンスがチューニングもせずに 100 万 IOPS 越えを連発させ、Hyper-V とストレージの間の通信を超低レイテンシーな SMB Direct で行い、Hyper-V では 40Gbps を使って超高速にライブ マイグレーションが実現する時代がきたのです。 業務要件によっては、枯れた技術の採用も大切です。しかし、これまでのように、高コストな仮想化技術を導入し、人手を介してデータセンターを細かく設計・制御していては、サービスを提供するためのコストが下がらず、メガ クラウドと戦うことはできません。 ならば、圧倒的な IO 性能を持つストレージを中央に置き、40Gbps という土管のようなネットワークを配し、OS 標準の仮想化基盤 Hyper-V を使い、ファイバー チャネル や iSCSI を捨てて SMB で通信を行うデータセンターを作りましょう。設計と運用が変わることで、手元にあるデータセンターはメガ クラウドに負けないほどシンプルで、高速で、とても柔軟なものへと生まれ変わるはずです! さて、その基盤を構築するために、さまざまな企業との協業を進めています。すべての企業のお名前を出しきれないのは恐縮ですが、ここでは特徴的なものを紹介いたしましょう。 1 ストレージ OS に Windows Storage Server を採用した…

0

【空席でました】10/15 開催セミナー「IT 技術者に送るクラウド時代に向き合うためのスキルとは~マイクロソフトのエバンジェリストが伝授する! ~」

成長し続けるエンジニアになるためにはどうすればよいのか。予測が難しい世の中で生き残るために必要なこととは?現在の状況から将来起こりうる問題を想定し、対応するための準備をエンジニア目線でお届けします。常に最先端を求められる日本マイクロソフトのテクニカル エバンジェリストが何に悩み、どう対応しようとしているのか。生の声をお届けします。 お申込みはこちらから→

0