[今月の技術トピック] とうとう評価版ダウンロード開始! Windows Server 2012 R2 と System Center 2012 R2 の凄さをすぐに体感してください。


 ※ この記事は、本日配信された 『20 万人の IT エンジニアが愛読する、現場に役立つニュースレター TechNet Flash』 の内容を一部加筆・編集したものです。
情報システムの設計 / 構築 / 運用に役立つ情報をお求めの方は、ぜひこの機会にご登録ください。

 

————————————

 

Hyper-V の更なる進化、階層化とオンライン重複除去が可能なストレージ機能、迷走する SDN 市場を横目にソフトウェアだけで実現可能となった SDN などを有する Windows Server 2012 R2、それらの新機能を受け止めて、新しいデータセンター構築と運用の自動化をサポートする System Center 2012 R2。

これを使いこなせるエンジニアは、あなたしかいません。
すぐに評価版をダウンロードして、技術の進化によるワクワク感を感じてください!

さて、すべてを語ることはできませんが、少しだけ、R2による変化について説明しましょう。

 

Windows Server 2012 R2

  • 最新Hyper-V は、ストレージ QoS やフル Linux サポート、VHDX ファイルのオンラインリサイズ、Virtual RSS など、仮想化基盤のコントロール性を更に進めます。
  • レガシーという概念を排除した、第 2 世代の仮想マシンを作ることも出来ます。
  • ネットワークの仮想化 NVGRE は、OS 標準でゲートウェイ機能を提供し、サイト間 VPN における BGP、IP の手動持ち込みなど、より柔軟な管理が可能となります。
    NVGRE ベースのクラウド基盤構築ガイド (英語)
  • ストレージとしての Windows Server は、SSD を利用した階層化ストレージ、VDI とファイルサーバーを対象としたオンラインの重複除去をサポートします。
  • 仮想マシン置き場としてのファイルサーバーは、8 ノードまでの分散と、特定のファイルサーバーに処理が偏らない自動負荷分散機能も提供します。
  • 上記ストレージ機能を活用した RDP8.1 ベースの VDI は、導入コストで二の足を踏んでいるお客様を正しく VDI の世界に導きます。

 

System Center 2012 R2

  • Wiindows Server 2012 R2 Hyper-V の管理を任される Virtual Machine Manager は、第 2 世代の仮想マシンの管理、置き場所としてのファイル サーバーのベアメタル展開などを追加、SDN のコントローラーとして更なる用途も見えてきています。
  • Windows Azure Pack と共に作るクラウドは、Windows Azure そっくりな UI を武器に、自ら構築した仮想化基盤をサービスへと進化させます。
  • 監視対象の更なる拡張を果たしたのは Operations Mangar、マイクロソフトが考える DevOps には欠かせないツールです。
  • Orchestrator は、パブリックなクラウドをも包含した IT プロセスの自動化を推進します。
  • IT 部門によるサービスポータル (サービスのリスト化) 実現、そこから生み出される ITIL ベースの運用と Orchestrator による自動化技術との連携を進めます。

 

語りきれないのが寂しいですが、Windows Azure と共に進化する Windows Server 2012 R2 や System Center 2012 R2 は、これからのデータセンターを支える技術として、エンジニアの皆様を満足させられることでしょう。

 

マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 高添 修 マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 高添 修
ブログ「高添はここにいます」

Comments (0)

Skip to main content