[今月の技術トピック] Windows Server 2012 案件? じゃあ、この内容は知っておいた方がいいですよ!


 ※ この記事は、8 月に配信された 『20 万人の IT エンジニアが愛読する、現場に役立つニュースレター TechNet Flash』 の内容を一部加筆・編集したものです。
情報システムの設計 / 構築 / 運用に役立つ情報をお求めの方は、ぜひこの機会にご登録ください。

 

------------------------------------

    Microsoft Virtual Academy 内にある価値の高い情報

 

すこぶる評判の良い Windows Server 2012。

さて、提案や導入をするための技術情報収集はどうします?

製品サイト・TechNet・ブログに加えて、Microsoft Virtual Academy (MVA) も確認しておいてください!

(必ず VIEW ○○ MORE COURSES というところもクリックして下さい)

そして、この中にある「Windows Server 2012 ~」という日本語コースから、マイクロソフトから提供される情報とは一味違う、非常に価値の高い情報をゲットし、自分のスキルをアピールしてください!

     

例えばこんなものがあります。

ちなみに、これらのオンラインセミナーコースは、MVP (マイクロソフトの製品と技術に精通したマイクロソフト社外のエンジニアさん) がスピーカーを担当してくれる Windows Server Community Day というセミナーの内容をベースに作ってあります。
だから、"現場目線" で "深い情報" なのです。

 

最新技術の習得が仕事の 1 つになっているエバンジェリストの私から見ても、お世辞抜きに、とても勉強になる内容ばかりです。

 

他にも、マイクロソフト側で作ったコースとしては以下のようなものがあります。

このように、オンライントレーニング Microsoft Virtual Academy では、初心者向けのコースから、マイクロソフトの技術を深く知りたい人向けのコース、VMware のプロフェッショナル向けに用意したコースなど、幅広く用意をしています。

もちろん、これだけでは全然足りないことも理解をしています。Windows Server や System Center の次期製品のコースや、これから一気に加速されるクラウドビジネスのために Windows Azure のコースも増やしていく予定ですし、Windows Server Community Day の内容は継続してコース化を考えています。

このご時世、ホワイトペーパーをのんびり読んでいる時間がないエンジニアさんも多いことでしょう。また、情報はいくらあっても満足したり安心したりすることはできないでしょう。だからこそ、このようなオンラインのコンテンツを活用して、既に理解した詳しい人から情報をもらい、効率的かつ効果的なスキルアップにつなげてください。

 

対象のコースを受講いただいた方に今ならプレゼントが当たるお得なキャンペーンを実施しています。詳細はこちらです。

 

マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 高添 修 マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 高添 修
ブログ「高添はここにいます」

 

 


Comments (0)

Skip to main content