マイクロソフト公式解説書「Microsoft Press」の電子書籍発売 ~ 6 月末までは2割引


最近、電子書籍が広まりつつあるようで、電車の中でスマートフォンやタブレット PC で本や漫画を読んでいる人を見かけることも増えてきました。IT エンジニアの方々はガジェット好きという傾向があるようですので、皆様の中にも何らかの電子書籍端末をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

では、その端末で何を読むかですが、技術書を読むというのはいかがでしょうか?

といいますのも、マイクロソフト公式解説書「Microsoft Press」の日本語翻訳書シリーズと、一連のマイクロソフト専門書籍の PDF 電子書籍版が、4 月 24 日、日経BP社様より発売されることになったのです。販売される電子書籍は、これまで紙で出版されてきた開発者、IT プロフェッショナル向けのタイトルで、原則として初版発行時点の内容の提供となりす。これらの書籍は PDF 形式で提供されるため、PDF ビューワーをインストールした PC やタブレットであれば機種を問わず読むことができます。

「Microsoft Press」の翻訳書には名著と呼ばれるものの、ページ数が多く、中には 800 ページを超えるような、持ち歩くには無理なものもありました。また、少し前の時代のものは、今はもう在庫が無くて入手困難になってきているものもあるようです。ですが、今回発売される書籍は、最近発行のものから Windows Server 2003 世代の過去のものまで、発売時には約 100 点も揃えているとのことなので、「これが電子版であるなんて便利」と思う一冊があるかもしれません。今後は、個人での最新技術の勉強に、または、会社の IT システムのメンテナンスのために、保管スペースや携帯性を考えて、技術書もデジタルで持つというのが増えてくるかもしれませんね。

ちなみに、来週24、25 日に開催の Windows Developer Days で日経BP社様はブースで展示・販売してくださることになっていますので、その場で購入することも可能です。

なお、発売記念キャンペーンとして 6 月末までは 2 割引で購入できるそうですので、皆様のほしいタイトルがあるか電子書店をのぞいてみてください。

日経BP社 ブック & テキスト Online

 

 

 

 

 

Comments (0)

Skip to main content