[今月の技術トピック] OS 標準搭載だから、簡単構築、低コスト ―初めてでも簡単! Hyper-V で仮想化―


※ この記事は、先週 『20 万人の IT エンジニアが愛読する、現場に役立つニュースレター TechNet Flash』 の特集として配信されたものです。
情報システムの設計 / 構築 / 運用に役立つ情報をお求めの方は、ぜひこの機会にご登録ください。

 

------------------------------------

今や多くの企業が使い始めている「仮想化」。
興味があるけれど、仮想化ってどうやって始めるの? 環境構築は敷居が高そう。運用や保守といった業務が煩雑にならない? コストは安くなるの? といった不安を持たれる方も多いのではないでしょうか。

そんな疑問には、Windows Server 2008 R2 Service Pack (SP) 1 の無償評価版をまずは試してみてはいかがですか。OS の標準機能に Hyper-V 2.0 が搭載されているため、インストール後、管理メニューから Hyper-V 2.0 を追加することで、簡単に環境を構築できます。

評価版とステップ バイ ステップのインストール ドキュメントを Web サイトからダウンロードいただけますので、仮想化環境構築の最初の一歩を踏み出してください。

【評価版およびインストール ドキュメント】------------------------------------------------------

あなたの課題を解決する、無償評価版と関連ドキュメントをご紹介

【参考情報】-----------------------------------------------------------------------------------

 

☆本日スタート! 評価版ダウンロード キャンペーン☆

 キャンペーン期間:2011 年 10 月 19 日~ 11 月 30 日

 期間中に対象の評価版をダウンロードいただいた方に抽選で プレゼントが当たる!

  ⇒ さらに詳しく

 

日本マイクロソフト株式会社
マーケティング担当 窪田 彰子

ブログ「IT プロフェッショナルのみなさまへ」 | Twitter


Comments (0)

Skip to main content