[TechNet Flash] 【無償ツールで Windows をトラブルシューティング】 Windows でよくあるトラブルを今すぐ解決 – (2011/6/29 Vol. 413)


※ この記事は、先週 『20 万人の IT エンジニアが愛読する、現場に役立つニュースレター TechNet Flash』 の特集として配信されたものです。
情報システムの設計 / 構築 / 運用に役立つ情報をお求めの方は、ぜひこの機会にご登録ください。

 

------------------------------------

★ INDEX ★

  1. 今月の注目トピック
  2. よくいただくお問い合わせ
  3. 無償ツール、ダウンロード
  4. 新規公開の技術情報

 

今月の注目トピック

title_1
【無償ツールで Windows をトラブルシューティング】
よくあるトラブルシューティング TOP 10 を今すぐチェック!

TechNet Flash の読者の皆様、こんにちは。IT 担当者の「知りたい」が見つかる実践情報サイト、TechNet オンライン担当の藤山です。

皆様は Windows Sysinternals をご存じですか?
Windows Sysinternals は、IT 担当者や開発者必携のお役立ち無償ツール群です。Windows システムやアプリケーションを管理、診断、そしてトラブルシューティングする際に役立つツールがぎゅっと詰まっています。

たとえば、MC900431613

 「いつも謎のソフトが起動して困っている
 「いつまでたってもブラウザに Web ページが表示されない
 「プログラムを起動するのに急に時間がかかるようになってしまった

というように、Windows 標準のツールでは調べられないシステムの詳細な情報も、無償の Windows Sysinternals を使えば調べることができるので、トラブルシューティングにはもってこいです。

「ほかにどのようなトラブルを解決できるのだろう?」と思った方は、ぜひ Windows Sysinternals TechCenter の「トラブルシューティング TOP 10」をご覧ください。よくあるトラブルに関し、手順を追って各無償ツールの使い方をご確認いただけるようになっています。

実はこれまで各ツールの具体的な使い方は、「青くないブルースクリーンを生成する方法」でも有名な Mark's ブログを通じてご紹介していたのですが、「少し説明が難しい」「もう少し初心者向けに解説したものがほしい」というご意見をいただいておりました。「トラブルシューティング TOP 10」は、そのように感じていた方はもちろん、今回 Windows Sysinternals を知った方、そしてこのツール群は知ってはいたけれど改めて何ができるのか確認したいという皆様におすすめです。

ぜひこの機会に Windows Sysinternals TechCenter をブックマークして、皆様の業務にお役立てください。

 

【関連リンク】

執筆者画像

デベロッパー & プラットフォーム統括本部
オーディエンス マーケティング マネージャー
藤山 裕子

▲上へ戻る

過去にいただいたお問い合わせの中からよく閲覧されているサポート技術情報
テクニカル サポート窓口のお問い合わせの中から問題解決に導いたサポート技術情報

Office 2010

Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2 Active Directory

Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2 Hyper-V

SQL Server 2008 / SQL Server 2008 R2

セキュリティ情報

【緊急】

  • MS11-038 : OLE オートメーションの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2476490)
  • MS11-039 : .NET Framework および Microsoft Silverlight の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2514842)
  • MS11-040 : Threat Management Gateway ファイアウォール クライアントの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2520426)
  • MS11-041 : Windows カーネルモード ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2525694)
  • MS11-042 : 分散ファイル システムの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2535512)
  • MS11-043 : SMB クライアントの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2536276)
  • MS11-044 : .NET Framework の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2538814)
  • MS11-050 : Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (2530548)
  • MS11-052 : Vector Markup Language の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2544521)

【重要】

  • MS11-037 : MHTML の脆弱性により、情報漏えいが起こる (2544893)
  • MS11-045 : Microsoft Excel の脆弱性により、リモートでコードが実行される (2537146)
  • MS11-046 : Microsoft Ancillary Function ドライバーの脆弱性により、特権が昇格される (2503665)
  • MS11-047 : Hyper-V の脆弱性により、サービス拒否が起こる (2525835)
  • MS11-048 : SMB サーバーの脆弱性により、サービス拒否が起こる (2536275)
  • MS11-049 : Microsoft XML エディターの脆弱性により、情報漏えいが起こる (2543893)
  • MS11-051 : Active Directory 証明書サービスの Web 登録の脆弱性により、特権が昇格される (2518295)

今月のマイクロソフト ワンポイント セキュリティ情報 ◆
マイクロソフト セキュリティ レスポンス チームが IT 担当者の皆様に向けて、短時間で最新のセキュリティ更新プログラムの知りたいポイントを動画と音声でご紹介するストリーミング ビデオ (Web キャスト) です。

▲上へ戻る

テクニカル サポート エンジニア : 今月のおすすめダウンロード

Office 2010

Office 2007

 Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2

SQL Server 2008/ SQL Server 2008 R2

Exchange Server 2010

▲上へ戻る

TechNet オンライン : 新着技術情報

そのほか、最新技術情報は TechNet Today をご覧ください ⇒

テクニカル サポート : 新着技術情報

Windows 製品

Windows Server 製品

 Office 製品

 開発製品

▲上へ戻る


Comments (0)

Skip to main content