[今週の技術解説] 仮想化 ~ Hyper-V と VDI ~ を進化させる Service Pack 1 (SP1)


※ この記事は、2 週間前 『20 万人の IT エンジニアが愛読する、現場に役立つニュースレター TechNet Flash』 の特集として配信されたものです。
情報システムの設計 / 構築 / 運用に役立つ情報をお求めの方は、ぜひこの機会にご登録ください。

 

------------------------------------

 

現在開発中の Windows Server 2008 R2 SP1 には、仮想化を大きく進化させる 2 つの機能が含まれています。
1 つは「Dynamic Memory」そしてもう 1 つは「RemoteFX」です。

Dynamic Memory」によってメモリのオーバーコミットが、「RemoteFX」によって仮想デスクトップにおけるグラフィック性能が大きく進化します。

NVIDIA などのグラフィック カードとともに製品候補 (RC) 版をお試しください。

 


Comments (0)

Skip to main content