[今週の技術解説] 勉学の秋 : 今おさえておきたい技術情報を効率よく学習しよう


※ この記事は、2 週間前 『20 万人の IT エンジニアが愛読する、現場に役立つニュースレター TechNet Flash』 の特集として配信されたものです。
情報システムの設計 / 構築 / 運用に役立つ情報をお求めの方は、ぜひこの機会にご登録ください。

 

------------------------------------

気付くともう 10 月! 今年もあと残り 3 か月弱となりました。2010 年は何か新しいことを始められましたか?
今号では、新しいことに手を出したい気持ちがあるものの、なにから手を付けていいかわからない! という方におススメの最新技術習得方法をご案内します。

 

まずご紹介するのは、8 月末に実施されたマイクロソフトの最大級の有償テクニカル カンファレンスである Tech・Ed Japan 2010 のコンテンツです。今年ご参加されなかった皆様にもご利用いただけるように、厳選した 9 本のビデオ & 資料コンテンツを無償公開しています。

Tech・Ed で語られた技術的な方向性の大枠を基調講演でつかみ、9 つのセッション コンテンツで詳細な技術をご確認いただけます。このような形で、いち早く最新の情報をお届けいたします。

弊社ではお客様から様々なご意見やご感想をいただきますが、アンケートを見ていてもやはりセミナーやイベントで学ぶこと、情報収集することが効率的でかつ有効であるという声が多く上がっています。特に Tech・Ed は 3 日間集中で技術者の方に最新情報をお届けするイベントとなっているため、中身は濃く、お役に立つこと間違いないと思います。ぜひご活用ください。

今後ほかのビデオも公開される予定ですが、「ぜひこのセッションが見たい」というご希望がございましたら、ページ右上の☆印をクリックしてフィードバックをお寄せください。

 

その他にも注目度の高い技術情報を併せてご案内します。

Windows 7、Internet Explorer、Hyper-V (仮想化) などは TechNet  オンラインの中で非常にアクセスが多いテーマですが、自動化を行う上でスクリプトを利用する方法論にも注目が集まっています。これからの Windows プラットフォーム全般において役に立つのは、なんと言っても Windows PowerShell でしょう。もしスキルアップする方向に悩んでいるのであれば、私の一押しは確実に Windows PowerShell です。

Windows PowerShell では .NET Framework が扱えます。このことにより、標準のコマンド以外にもマシン上に存在するさまざまなリソースをセキュアでありながらも自由に操作でき、一歩踏み込んで Windows 上でのさまざまな自動化にぜひチャレンジしてみてください。非常に身近な業務が驚くほどしかもお金をかけずに効率化できると思います。

 

チャレンジ (Challenge)、チェンジ (Change)、キャリア アップ (Career Up) の 3C で残りの 3 か月をパワフルに過ごしましょう!


Comments (0)

Skip to main content