【TNサブ】お知らせ:不正コピー対策に基づくプロダクトキー数の限定について


マイクロソフトでは、ソフトウェアの不正コピー防止のため万全を期しておりますが、残念ながら、不正コピーを誤って入手したエンドユーザーがその犠牲となる事例はよく発生しています。ソフトウェア偽造業者はプロダクト キーを不正に使用して、不正なソフトウェアパッケージを作成し、一般消費者に配布します。これらの偽造ソフトウェアはライセンス認証されず、使用に関してマイクロソフトのサポートを受けることができないだけでなく、危険なマルウェアやスパイウェアが含まれている可能性もあります。

そのため、マイクロソフトでは TechNet サブスクリプションを通じて入手できるプロダクト キーの数を、すべてのソフトウェア製品に対し、 TechNet Professional (メディアオプション付き版も含む)では 5 つ、 TechNet Standard では 2 つまでとすることを決定いたしました。

TechNet サブスクリプションは、ソフトウェア製品を実際の運用環境ではなく、試用および評価目的でのみ使用していただくためのプログラムであり、マイクロソフトではソフトウェアの一括購入およびインストールが可能な他のプログラムも提供しております。当社では、上記の変更により不正コピーや偽造の全体的なリスクを大幅に軽減できる一方で、プロダクト キーのこれまでのご利用状況を分析した結果、ほとんどのお客様が、上記の変更に関係なく、これまでどおり十分な数のプロダクト キーを入手いただくことができるものと考えております。

今回の変更によって、サブスクリプション会員の皆様にご不便やご迷惑をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。

尚、今回の変更に関するFAQは、公式Webサイト、10月の会員メールにてもご案内させていただきます。

Comments (0)

Skip to main content