「ライセンス体系がわかりにくい」 とお感じの IT Pro の皆様にできること

ご無沙汰しております。 TechNet Online 担当小島です。先週 (2006 年 9 月 20 日配信号) の TechNet Flash でご紹介しましたとおり、TechNet Online で 「効果的なライセンス情報の活用」 というページを新規公開しました。IT Pro オーディエンス部では、各種アンケートやフィードバックフォームから届けられる IT プロフェッショナルの皆様の声を毎日繰り返し読み、次に何をすべきかということを考えて仕事をしているのですが、、、先週公開したライセンス情報ページは、「ライセンス体系がわかりにくい」、「ライセンス管理が難しい」 という声から作成しました。 TechNet Online 担当として、この声にお応えするには、どうしたらいいか?? ライセンス体系自体を変えることもできませんし、、、ライセンス管理を簡単にできるソフトウェアを開発して無償提供する!! っということもできません。。。悔しいかな、直接的に IT プロフェッショナルの皆様の声にお応えすることはできないことがわかり、一度挫折。。でも、何かできるはず。ということで苦心の末に作成したのがこのページです。IT プロフェッショナルの皆様のためのライセンス情報リンク集 というコンセプトのもと、microsoft.com 上に数多く公開されているライセンス情報のうち、IT プロフェッショナルの皆様が知りたいと思われるライセンス情報を寄せ集めてご紹介するリンク集を作成しました。 また、ライセンス体系がわからなかった時に気軽に質問ができる窓口も、目立つようにご紹介しています。 こういったリンク集が、本当に皆様のお役にたてるのかまだ半信半疑ではありますが、皆様からの声をもとに、もっとお役に立てる情報リンク集に成長させていきたいと思っています。 本ページの一番下にあるフィードバック送信フォームから、このページへの感想や今後このページに期待されることについてお声を聞かせてください。 どうぞよろしくお願いします。

1

濃いMCT

こんにちは。明日から大阪出張予定のマイクロソフト篠木です。 濃いキャラクター(技術的に)のMCTお二人と共にMicrosoft Onをお届けに参ります。 MCTの資格概要にはあまり詳しい事は書いていないのですが、実はかなり凄い人たちです。資格を得るためには、教えるコースウェアに該当するMCPの上位資格が当然ながら前提として必要で、かつ、講師としての専門のトレーニングを受けています。年間のトレーニング数や、その受講生からの評価もチェックされ、毎年更新が必要です。 技術的にものすごく詳しい、という事と、人にわかりやすく教える、という2つの異なる高度なスキルを維持し続けておられるスーパーな方々で、日本には少数しか居ません。 私自信も現在のマーケティング職以前はVisual Basicの製品担当や早期導入プログラムのTechnical Evangelistなどの技術系だったので、今回の大阪出張でMCTの講義が聴けるのが非常に楽しみです。 あとの楽しみとしては、、なぜか大阪に行く度に食べている阪神百貨店の地下のイカ焼きをチェックしなければなりません。減量中なんですけどね。。

2

コミュニティの勉強会

こんにちは、マイクロソフト 松井です。 本日は土曜日ですが、マイクロソフトの新宿オフィスにあるセミナールームでコミュニティが開催するセミナーが実施されています。具体的には 「PASSJ アフタースクール」という催しです。 本日のお題は「新・セキュリティTips講座」ということで、PASSJ理事の河端さんが講師を勤められています。 私自身はオフィスにはきているものの、今週出張で留守にしていた間にたまった諸々の処理のため、セミナールームでずっと講座を拝聴するわけにはいかずという状況ですが、部屋をのぞいたところいつもながら多くの方が参加してらっしゃいます。 いつもながら、この熱意には脱帽です。 さて、今日はもうひとつご紹介したいコミュニティの勉強会情報があります。 8月末の Tech-Ed で開催した Usergroup Street Live にも参加いただいたコミュニティ、「セキュそば」の勉強会が10月21日に開催されるそうです。毎回、合宿形式且つ毎食信州のおいしいおそばをいただきながら云々・・・という紹介を Tech-Ed の場でもされていましたが、今ページを確認したところ一ヶ月前にしてすでに定員に達してしまっているようで、キャンセル待ちでの受付とのこと。ここでももっと早く紹介すればよかったです。あきらめずにキャンセル待ちか、次の機会に期待するか。。。 いずれにしても、コミュニティの皆さんの勉強会はどこも盛況なようです。 そんなコミュ二ティをこちらにもリストしてますのでチェックしてみてください。http://www.microsoft.com/japan/technet/community/usergroup/default.mspx また、そんなコミュニティをマイクロソフトはどうやって応援していけるか考えるために、今後も皆さんからの多くのご意見お待ちしています。    

1

TechNet Plus Direct 提供開始しました。

こんにちは。IT Pro オーディエンス部での活動が2年目に入りました柄澤(からさわ)です。 今日は皆様にぜひともお知らせしたいニュースがございまして投稿しました。   すでに本ブログやTechNet Flash で皆様にご案内を開始しているTechNet サブスクリプションの新ラインアップ TechNet Plus Direct サブスクリプションのサービス及び販売が本日よりスタートしました。   TechNet Plus Direct はこれまでCD-ROMで提供していたソフトウェアや技術情報を会員専用ダウンロードサービス「サブスクライバダウンロード」でご利用いただくことにより、さらにお求め安い価格を実現した新サービスです。このサービスの開始により、もっと多くのIT技術者の皆様にTechNet Plus をご利用いただきたいと、担当者としては切に願っております。   まずは、より多くのお客様にお試しいただく機会をと思いまして、現在1年間無償でTechNet Plus Direct をご利用いただけるモニターを390名募集しております。モニターに応募いただくと、残念ながらモニターに選ばれなかった場合にも10%割引でTechNet Plus Direct を購入いただける権利を提供させていただきます。TechNet Plus Direct に少しでも興味を持っていただけたお客様はぜひお申し込みいただければと思います。    TechNet Plus Direct モニターキャンペーン申し込みサイト   また、すでにTechNet Plus サブスクリプションをご利用いただいているお客様は本日から「サブスクライバダウンロード」をご利用いただけます。Windows Vista RC1 (日本語版)も早速ダウンロードで入手いただけますので、ぜひご活用ください。

1

IT Pro 道場で体験する

こんにちは、マイクロソフト 松井です。 今日の東京地方は外出するにはちょっといやな霧のような雨が降り続いています。そんな中ですが、本日は新宿住友ビルの貸し会議室を利用して IT Pro 道場 -LOVE BETA編、IT Pro 道場 -運用管理編 を開催しています。 こんな天気なのでお客様の出足を心配しながら会場入りしたんですが、どうやら今回もいらぬ心配だったようです。 IT Pro 道場は「見て聞いて」いただくというよりも、「体験いただく」という表現がピッタリくるセミナーです。(セミナーという言葉も正しくないかもしれません、だから「道場」?!) 今もまさに講師、参加者一体となってBETA版と格闘している真っ最中です。 8月の週末にも、今日と同じ2つの内容を同時開催で実施しました。そのときも今回も「どっちも出たいのに!」というコメントを頂戴します。 大変嬉しいコメントです。でも、一日で両方にでるのは時間的にどうやっても無理なんですね。ただ、IT Pro 道場では毎回実施後に講師を努めるエバンジェリストや参加者の皆さん同士の交流会を両セッション合同で行いますので、是非その場で参加しなかったほうの感触を聞いてみて次回参加を検討いただくのがいいのではないでしょうか。 そのために IT Pro 道場は、今後も同じ日に同じ会場内で2つの内容を実施する形式をとっていく予定です。 次回は、10月2日に横浜で開催します。 内容は LOVE BETA編と情報インフラ編になります。詳しくは、IT Pro 道場サイトにてご確認ください。http://www.microsoft.com/japan/technet/community/evangelists/dojo/default.mspx


初投稿-MCAのVista対応

皆様、はじめまして。IT Proオーディエンス部のマイクロソフトラーニンググループに所属している篠木隆一郎(しのきりゅういちろう)です。どうぞよろしくお願いいたします。 いよいよWindows VistaがRC1になりました。既にVistaを試用していただいている方も多いかと思います。 Vistaの最新情報はベータセントラルから:http://www.microsoft.com/japan/technet/prodtechnol/beta/default.mspx 私の担当のマイクロソフト認定プログラムの一つであるMCA:Microsoft Certified Associateの、SecurityとPlatformには、クライアントOSの技術内容も含まれているため、Vistaに合わせて改訂を行なう必要があります。MCAのコンセプトとしては、特定の製品技術に依存しない内容が多く含まれるため、全面的にという事ではなく、該当する部分のみの改訂を行なう方針で検討しています。 MCAのコンセプト:http://www.microsoft.com/japan/learning/mca/mca_program.mspx 改訂すべき箇所の特定を含め、まずは現行試験の分析からスタートしました。具体的な試験問題作成作業もVista RC1をベースに開始する予定です。(もちろん、現在の内容で学習されている方のために、XP対応の現行試験も当面並行稼動します。)現在のテキストの文面や画面写真、コンテンツの配置、試験問題の内容等についても関係者でレビューしています。MCAは多数のIT Proや開発者の方に受験いただいている試験ですので、細心の注意を払いながら作業を進めています。 しかし、、こういう神経を使う仕事をしていると甘いモノが欲しくなるのは私だけでしょうか?この季節は特に危険で、コンビニに行く度に新作のチョコを買ってしまいます。たけのこの里の焼きりんごクッキーとバニラチョコレートは発見した瞬間にカゴに入れてしまいました。。。 MCAのVista対応については、スケジュール等も含め、おいおいここのブログでも改訂の裏側をご紹介していきたいと思います。 これからよろしくお願いいたします。


仕事は楽しいものじゃなくてはオカシイでしょ?

こんにちは。 小島です。 Tech・Ed で Woman in Technology というランチセッションが開催され、わたしもテーブルファシリテータとして参加していました。 このランチセッションの内容は、Tech・Ed 2006 Yokohama コミュニティレポートで舟越さんがまとめて報告してくれているので、そちらからお読みいただければと思います。 舟越さんもブログの中で紹介していましたが、NEC ラーニング株式会社 代表取締役社長である内海房子様と日本ユニシス・ラーニング株式会社 代表取締役社長 白井久美子様のキャリアトークは、本当に素晴らしかったです。 このキャリアトークで聞いた言葉は、今すぐ実践できるアドバイスであったり、今後何かあった時に前向きに思いなおせるヒントになるだろうと思っています。その中でも、特に印象に残ったのは、内海社長がおっしゃった言葉です。「仕事は楽しいものじゃなくてはおかしいでしょ?」うん、そうだよね。  わたしは 1 ビットの曇りもなく、100% 同意できます。わたしにとっては、至極当たり前のことを確認されたに過ぎないこの問いかけに、不思議と感じいってしまったんです。 日々の仕事の忙しさに取り紛れてしまうと、当たり前のことに気が付くことはとても難しくなります。  そんな時、自分の中で大切にしている「当たり前のこと」 を自問することで、自分が最も落ち着くポジションに立ち返ることができ、リラックスして仕事にまた打ち込めるようになるのかもしれません。

2

Microsoft On で大阪へ

マイクロソフト 松井です。 昨日は 出張ワークショップ Microsoft On をお届けするために大阪へ行ってきました。 ご訪問先は 株式会社ビービーシステム 大阪本社 様。 マイクロソフト認定トレーナー(MCT) さんによる、マイクロソフトが提案する理想のコラボレーション環境とその環境を支える Active Directory の概要の2セッションを午後の半日をかけて行いました。 普段あまりセミナーなどに参加する機会の少ない皆さんとのことでしたが、講師が参加者の皆さんの前提知識や理解度を確認しつつ進める中、最初は遠慮気味だった挙手や返事も徐々に活発になり、セッション後には積極的にご質問をいただくことができました。 Microsoft On では毎回参加者の皆さんにアンケートをお願いしています。昨日も皆さんには大変たくさんのフィードバックをいただくことができました。その中には「こういう機会があればまた参加したい」、「普段なかなか参加できないので、来てくれるのは助かる」といった声も多く、忙しい ITエンジニアの皆さんにスキルアップのきっかけを作っていただきたいという想いで Microsoft On をはじめた担当者としては大変嬉しいかぎりです。 会場でもお話ししたんですが、皆さんから「良い」という意見をただければ更に拡大を、「良くない」という意見をいただいたら「どこが良くないか」をお聞きして改善の努力を重ねていきますので、皆さんにはより多くの率直なご意見を期待しています。この後も Microsoft On では我々のチームメンバーが皆様のところにお伺いしますので、遠慮なく話しかけご意見をお寄せください。    

1

Tech・Ed スペシャルセッション パネル討論! 「情報漏えい徹底防御」 vs. 「使いやすさの追求」 について

皆さん、こんにちは。小島です。 先週金曜日、大盛況のうちに 4 日間の Microsoft Tech・Ed 2006 Yokohama が閉幕しました。 ご参加されていた皆様、お疲れ様でした。 わたしも、無事にオフィスに戻りました。。 既に、松井がいくつか Tech・Ed の様子を伝えていますが、わたしからは BoF について感想などを書いてみたいとおもいます。 BoF とは?? BoF というのは、「Birds of a Feather」の略で、日本語では「類友」(類は友を呼ぶ) と訳されているようです。 欧米の技術コンファレンスではお馴染みなのですが、日本の Tech・Ed では、今年初めてスペシャルセッションとして本格的に取り入れられました。 BoF は、登壇者と受講者という関係が明確になっている技術セッションとは全く異 なり、特定のトピックに興味を持つ有志やグループがわいわいと集まり、登壇者・参加者の垣根なくカジュアルにディスカッションするセッションです。 まだまだ日本の  Tech・Ed 参加者の間では、BoF スタイルに馴染みが薄いのか(?)活発なディスカッションが実現できるくらいにセッションの温度が高まるまでには、少々時間がかかってい たように思えました。 わたしは、今回の Tech・Ed で 1 つの BoF セッションに、お世話役として関わらせていただきました。 8 月 29 日 パネル討論! 「情報漏えい徹底防御」 vs. 「使いやすさの追求」 (前編&後編) このパネル討論は、個人情報保護法や日本版 SOX 法の法改正により IT…


IT Pro コミュニティ in Tech-Ed その二

マイクロソフト 松井です。 2つ目に紹介するのは、各ユーザーグループ コミュニティが活躍した、その名も ‘Usergroup Street Live’ です。 詳しくは Tech-Ed コミュニティレポートブログで紹介をしているんですが、実はここに登場したのは 4日間で 16グループだけでなんです。主催者側のもっとたくさん紹介したいけれと枠が取れないという事情や、コミュティの皆さん側の出たいけど今回はちょっと準備の時間が取れないといった都合もあり、まだまだこれが全部ではないということだけお伝えしておきたいと思います。 今回の Usergroup Street Live は、Tech-Ed 会場での開催ということもあり、各テクニカルセッションの間の休憩時間での実施となりましたが、今回の盛況ぶりを見て今後もこういう場を企画しようと関係者内では話をしているとことです。 さて、今回の Street Live には残念ながら登場いただけませんでしたが、IT Pro の皆さんにご紹介したいコミュニティのひとつ、’まっちゃ139′ の勉強会が近々あるそうです。活動拠点は関西地区ということですが、セキュリティに関する勉強会を定期的に実施されているようですから、IT Pro の皆さんとしては要チェックではないでしょうか。第09回まっちゃ139勉強会 テーマ「迷惑メール対策」そして、本日は前にご紹介した 第 24 回 NT-Committee2 関東勉強会 に参加させていただいています。