Microsoft On – 出張ワークショップ – 株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ 様


 


こんにちは。 TechNet Online の小島です。 
というより、今回の日記の内容的には、「IT Pro オーディエンス部の小島です」 のご挨拶の方があっているかもしれませんね。


先週金曜日、出張ワークショップ Microsoft On (MSON) にお申込みいただきました、株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ様に、マイクロソフト認定トレーナーの福田講師とともにお伺いたしました。  今回、富士通ソフトウェアテクノロジーズ 様にお申込みいただいたワークショップは、次の 2 つのメニューです。


マイクロソフトが提案する理想のセキュリティインフラストラクチャの紹介
Active Directory 概要


MSON にお申込みいただいたご担当者様のお話によると、申込みの検討を開始した当初、メニューが多すぎてどのメニューに申し込むべきかわからなかったとのことです。 そこで、エンジニアの皆様を対象に社内電子掲示板で全メニューを掲載し人気投票を実施、上位 2 つのメニューにお申し込みいただいたとのだそうです。


実際に受講されていた方は、お客様先で製品導入やインフラ構築などを支援されている現役フィールドエンジニアの方が多く、受講動機で最も多いものは、「お客様先で何か聞かれたときに知っておくべき知識を身につけたい」とのことでした。  「Active Directory」 や 「セキュリティ」 というキーワードは、よく IT を導入されるお客様からは質問されているということで、今回の 2 つのメニューが選ばれたんですね。  ちなみに、セキュリティの講義の後、もっともよく質問されたのは、「Rights Management Services (RMS)」 でした。  このキーワードも、よくお客様先での会話で登場するキーワードなのかもしれません。


今回の MSON で身につけられた知識が、エンジニアの皆様のお客様先での会話や商談時に、少しでもお役にたてたなら、本当に嬉しいなと思います。


 MSON_20061013_1 MSON_20061013_2 MSON_20061013_3

Comments (0)

Skip to main content