[更新プログラムの確認] に時間がかかる、またはエラー ( 0x800705b4 , 0x800700e ) で失敗する現象について

こんにちは。Microsoft Intune サポート チームです。   Microsoft Intune で PC を管理している環境において、クライアント PC の Microsoft Intune Center から [更新プログラムの確認] をした際に、完了するまでに1時間以上時間がかかる場合や、0x800705b4、0x800700e などのエラーコードでエラーが発生する場合があります。 今回は本事象の対処方法についてご紹介します。   Microsoft Intune Center の [更新プログラムの確認] を行うと、クライアントから Microsoft Intune のサーバー側に対して、自身に適用すべき更新プログラムおよびアプリケーションがあるかどうかの検出処理が開始されます。   この検出処理は、Microsoft Intune のサーバー側で保持している多数の更新プログラムすべてに対して適用が必要かどうかの確認を行うもので、クライアント PC には一時的に負荷がかかります。また、更新プログラムの中には置き換え関係(古い更新プログラムが新しい更新プログラムに包括されている関係)があるものがあり、このような更新プログラムが多数存在する場合、特に処理量が増える傾向があります。そのため、PC スペックやネットワーク帯域などによっては高負荷な状態が長く続き処理に時間がかかる場合や、タイムアウトが発生する場合などがあります。   このような場合、Microsoft Intune 管理コンソールにて、[置き換え済み] の古い更新プログラムを [拒否] することで、クライアント側の負荷を軽減させることが可能です。   Microsoft Intune では、新しい更新プログラムがリリースされる度に自動的にそれらの更新プログラムが同期され、多くの更新プログラムが蓄積されていきます。しかし、それらの中にはすでにより新しい更新プログラムがリリースされているものが多く含まれています。このような新しい更新プログラムは基本的に同じモジュールに対する古い更新プログラムの修正が含まれており、新しい更新プログラムを適用すれば古い更新プログラムは適用する必要がありません。   このような古い更新プログラムには、[置き換え済み] というフラグが付与されており、Microsoft Intune 管理コンソールでこれらの更新プログラムのみをフィルターしてリストすることが可能です。そして、この [置き換え済み] の更新プログラムを…