10月18日リリース版の変更点について


こんにちは。Windows Intune Support の三原です。

 

10 月 18 日にリリースされる Windows Intune の更新内容を以下にお知らせいたします。

すでに Windows Intune をお使いのお客様への更新スケジュールは以下をご参照ください。

 

「Windows Intune 10月18日 更新予定」

http://blogs.technet.com/b/jpintune/archive/2013/09/12/windows-intune-10-18.aspx

 

[主な変更点]

1. Windows 8.1 への対応

 

2. "グループに属していないデバイス" 機能を復活

Windows Intune に新規追加する機器が識別しやすくなります。

 

3. Windows Intune クライアント エージェントの更新タイミングを制御

現在、クライアント エージェントの更新は全ての PC に適用され、それに伴いリブートが必要です。

今後、IT 管理者は更新機能をいつインストールするか、コントロール可能になります。

 

4. Windows Intune Endpoint Protection のインストール制御

現在、3rd パーティのアンチ ウィルスが検出されないと、設定に関わらず Endpoint Protection がインストールされます。

今後、IT 管理者は Windows Intune Endpoint Protection 機能を利用するかどうかをコントロール可能になり、“No” を選択すると、インストールされなくなります。

 

[お客様への影響]

サービス リリース中の約 10 時間は、管理コンソールの利用に以下の制限が発生します。

また、サービス リリース後には管理対象端末のリブートが必要となります。管理コンソールの利用制限は以下の通りです。

 

1. サブスクリプションへの変更(ライセンス追加など) が即時に反映されません。

 

2. Windows Intune 管理コンソールへログインすることができません。

 

Skip to main content