[翻訳] Creating Connected Data Source Extensions "接続先データソース拡張の作成"

 Creating Connected Data Source Extensions “接続先データソース拡張を使用する”の翻訳となります。(補足事項は見づらいので、最後に持っていってしまいました)   (2009.1.4 追加) まとめページを作りました。他のリファレンスを参照される際や、戻る際はこちらからどうぞです! Microsoft Identity Integration Server 2003 Developer Reference http://blogs.technet.com/jpilmblg/archive/2009/01/03/microsoft-identity-integration-server-2003-developer-reference.aspx   * 今日の翻訳対象 * Creating Connected Data Source Extensions Ø   Creating a Connected Data Source Extension in Visual Basic .NET Ø   Creating a Connected Data Source Extension in C#   接続先データソース拡張の作成 接続先データ ソース拡張とは、次のインターフェイスを実装する .NET Framework クラスライブラリです。 IMAExtensibleCallExport…

2

[翻訳] Using Connected Data Source Extensions “接続先データソース拡張を使用する”

Using Connected Data Source Extensions “接続先データソース拡張を使用する”の翻訳となります。   (2009.1.4 追加) まとめページを作りました。他のリファレンスを参照される際や、戻る際はこちらからどうぞです! Microsoft Identity Integration Server 2003 Developer Reference http://blogs.technet.com/jpilmblg/archive/2009/01/03/microsoft-identity-integration-server-2003-developer-reference.aspx     補足 : 下記の翻訳は正式な対応内容ではありません。そのため、内容についてご参照いただく際は必ず原文と併用してご参考にとどめていただければと存じます。また、翻訳順序は必ずしもデベロッパーリファレンスと合致しない場合もございますことをご了承ください。   * 今日の翻訳対象 * (1 点) Using Connected Data Source Extensions 接続先データソース拡張を使用する 接続先データ ソース拡張は、Extensible Connectivity Management Agent (ECMA) を使ってデータ ソースを MIIS サーバーに接続します。ECMA は接続先データ ソース 拡張を使って接続先データ ソースに接続します。ECMA は、同期するデータを MIIS から取得し、同期済データを MIIS にエクスポートします。最後に、MIIS から接続先データ…

1

[翻訳] Microsoft Identity Integration Server 2003 を使用する + 管理エージェントの作成

みなさんお久しぶりです。ういこです。翻訳 11 月からはじめるといっていたのにアップできず、本当に申し訳ございません…。早速本日より開始させていただきます。どうぞよろしくお願いします。   (2009.1.4 追加) まとめページを作りました。他のリファレンスを参照される際や、戻る際はこちらからどうぞです! Microsoft Identity Integration Server 2003 Developer Reference http://blogs.technet.com/jpilmblg/archive/2009/01/03/microsoft-identity-integration-server-2003-developer-reference.aspx   補足 : 下記の翻訳は正式な対応内容ではありません。そのため、内容についてご参照いただく際は必ず原文と併用してご参考にとどめていただければと存じます。また、翻訳順序は必ずしもデベロッパーリファレンスと合致しない場合もございますことをご了承ください。   * 今日の翻訳対象 * (2 点)   Using Microsoft Identity Integration Server 2003 Creating Management Agents Microsoft Identity Integration Server 2003 を使用する 「Microsoft Identity Integration Server 2003 を使用する」では、拡張機能の作成方法と WMI プロバイダの使用方法について説明します。各セクションの内容は以下の通りです。 セクション名 説明 接続先データ ソース拡張を使用する 接続先データ ソース拡張の作成方法および検証方法を解説します。…

1

[翻訳] WMI プロバイダについて

本日は、これで一旦翻訳関連のアップは一段落とさせていただきます。#しかし、表部分は罫線つけたほうが判りやすいと今気づきました…これまでのドキュメントはおいおい体裁を整えなおしたいと思いますが、たぶん正月になってしまいそうな…。本当に申し訳ございませんっ!   About the WMI Provider   (2009.1.4 追加) まとめページを作りました。他のリファレンスを参照される際や、戻る際はこちらからどうぞです! Microsoft Identity Integration Server 2003 Developer Reference http://blogs.technet.com/jpilmblg/archive/2009/01/03/microsoft-identity-integration-server-2003-developer-reference.aspx  WMI プロバイダについて Microsoft Identity Integration Server 2003 では、Visual Basic Scripting Edition (VBScript) などのスクリプト言語で記述されたスクリプトで管理者業務を実行する Windows Management Instrumentation (WMI) プロバイダを使用することができます。スクリプトで WMI プロバイダを使用すると、管理者業務を Windows Server 2003 のタスク スケジューラに登録するなどして、都合のよい時間に実行することができます。 WMI プロバイダを使用すると次のような処理を実行することができます。 管理エージェントの実行を開始または、既存管理エージェントの実行を停止する。 管理エージェントの実行結果を取得する。 コネクタ スペースまたはメタバースに関する統計情報を取得する。 パスワードを設定または変更する。 Microsoft Identity Integration Server 2003 についての情報を取得する。 グローバル アドレス…

1