[Info]2011年7月の窓口休業予定(Premier/Pro) : 7/5 ALL,7/12 PM, 7/18 ALL

平素より弊社サポート サービスをご愛顧くださいましてありがとうございます。本日は 7 月の弊社指定休業日のお知らせです。 7/5 終日と、12 日の午後、そして海の日の 18 日(祝日)は休業となります。 お急ぎの皆様にはご迷惑をお掛けし恐縮でございますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。 お問い合わせ窓口休業のお知らせ http://support.microsoft.com/gp/holiday/ja [指定休業日] 2011 年 07 月 05 日 (火) 終日 2011 年 07 月 12 日 (火) 午後 2011 年 07 月 18 日 (月) 海の日 [対象のサービス] プレミア サポート サービス プロフェッショナル サポート サービス (※) 上記期間内もプレミアサポート、プロフェッショナルサポートの緊急案件 (Severity A) につきましては対応させていただきます。 (ILM/FIM/WMI/PowerShell/ADSI Support Team – Jul 01,…

0

[閑話休題] Relocation Notice – UikoU ありがとうございました!

今日は、私事ですがひとつご報告させていただきます。 本日 7 月 1 日より、ILM / WMI / ADSI とか色々担当チームというかユニットから、SQL Server サポートチームに新たなチャレンジをする運びになりました。 これまで、私が担当させていただいたお客様、当ブログをご覧いただいていらした皆様、本当にお世話になりました。 思えば、2008 年、Windows Media / DirectX サポートからいきなりまったく触ったことがなかった ADSI、ILM の世界に飛び込んだときはさっぱりとっかかりもなく、こりゃまずい…私首になっちゃうわよとどきどきしたのを今でも鮮やかに思い出します。ところがそこに、ぴろとくんや、おとうさんという卓越した才能を持つ人材がそろって、ここまでくることが出来たとしみじみ思っています。そして何より、サポートをご利用いただいていらっしゃる皆様の声が、私たちにとってどれだけ励みになるか。あの長々としたアンケートに答えてくださっただけでもありがたいのに、おかげさまで本当によい評価をいただくことが出来、まただめな対応の際は、建設的なフィードバックをチームで何度も検討し、方針を修正するなどして進めてきました。本当に、ありがとうございます。 今後は、ILM (など) の担当は、ぴろとくんとおとうさんの二人になります。 このブログはどうするのかと多数お尋ねをいただいていますが、基本ぴろとくんか、お父さんが担当になりますので、消されたりはしません。私も、少し書くと約束したコンテンツがまだあるので、しばらく私も書き込むことになります。それが終わったら、私は次のチャレンジに完全に移行することになるのだと思います。なので、今しばらくお付き合いいただければ幸いです。なお、次のチームもブログは持っていますが、今のところ私が書くというような予定はありません。 今日は、久々に技術的な話がまったくないつまらない、完全に私事の記事で恐縮です。このまま書かないでおくことも考えました。ですが、小さなプロダクトの割りに、たくさんのページビューもおかげさまでいただくなど、私たちにとって、とても励みにさせていただいた皆様に一言お礼を申し上げたく、書かせていただきました。 つたない文章を面白いといってくださった方、Tech Fielders の集いで実際に face to face でお会いできた方、かけがえのない大切な、大切な思い出です! ぴろとくんとお父さんの今後の ILM プロジェクトを、皆さんどうぞ今後ともよろしくお願いいたします。 皆様のますますのご清栄を心より願っております。 ありがとうございました。 Appendix / サイトの PageView コメント : アクセス解析を導入したのは2009年でした。教えてくださった安納さんありがとうございます。 コメント : やっぱりいっぱい書いてた月は強いです。 コメント : 今年です。やっぱりきっちり書いていないと、伸びもちょっとイマイチですね。 ページビューランキング (URL 別)…

0

[WMI]Win32_PerfRawData_Tcpip_NetworkInterfaceは名称が重複したNICがある環境では各カウンタの実体を識別することができない(制限事項)

本日のトピックは、WMI の クラスの組み合わせで発生する制限事項についてのお話となります。 [今日のテーマ] WMI の Win32_NetworkAdapter や Win32_NetworkAdapterConfigration クラスでは、同じ名称でシステムに登録されているアダプタがある場合、Name プロパティは登録名からそのままもってくるため、値が重複して取得されてしまう。このように複数同じ名前で登録されたネットワーク アダプタが存在するシステムでは、Win32_PerfRawData_Tcpip_NetworkInterface (Win32_PerfFormattedData_Tcpip_NetworkInterface) クラスのカウンタと結びつけることができない。 はじめに : NIC 自身のシステムへの登録の仕方に Name プロパティの取得結果が影響される システムに登録されたネットワーク カード (NIC) の情報を採取する際に WMI の Win32_NetworkAdapterConfiguration および Win32_NetworkAdapter クラスを使用する例は多くあります。しかし、これらのクラスの Name や Description プロパティだけでは複数の同じ種類の NIC それぞれを識別する指標にはなりえません。 Name や Description プロパティなど、上記の WMI のクラスが返すプロパティ情報は、その環境の NIC がセットアップされる際にどのように自身の情報をシステムに登録したかに依存します。つまり、同じ種類の NIC を複数セットアップする際に、システムにそれぞれの NIC 毎に同じ名前で登録してしまう作りのデバイスの場合、Name や Description プロパティの値がすべていっしょということも起こりうるということになります。アダプタによっては、システム登録時複数同じ種類のアダプタが存在していても #1 、#2 のように識別子を付けず同じ名前で登録してしまうものがあるのです。 図…

0

[重要なお知らせ] 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震): サポート対応について (3/21 23:00 Update – 22 日火曜から全深刻度案件受付再開のお知らせ) Ver.6

重要なお知らせ [2011/03/21 23:00 Update] 平素より弊社製品およびサポートサービスをご愛顧くださいましてありがとうございます。 2011 年 3 月 22 日火曜日 9:30 AM 以降、サポート窓口は Premier / Professional サポートとも、すべての深刻度で受付が再開されます。これまでお急ぎのところ、ご不便をおかけしておりましたことをお詫び申し上げます。 なお引き続き災害復旧事案の対応を優先するため、お電話のお問い合わせの際も引き続き受付窓口でいったんお受けした後、担当エンジニアよりコールバックする対応とさせていただきます。弊社からお客様へのご連絡が遅れる場合もございますが、何卒ご理解のほどお願いいたします。 サポート窓口の対応のアップデートにつきましては、下記の web および本トピックにて随時更新いたします。 http://support.microsoft.com/select/?target=assistance&ln=ja なお、先日の地震発生に伴い、弊社オフィスも輪番停電の対象となっております。停電時のバックアップ体制は別オフィスなどにも構築しておりますが、停電や電話回線事情により、以前にお伝えしている各担当エンジニアの直通電話番号は 3/16 以降一時着信できない場合があります。引き続き、上述の通りコールバックにて対応いたしますので、メールにてご連絡頂ければ幸いです。誠に恐縮ではございますが、諸般事情のご理解を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。 ※ 下記にも反映されました。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/default.aspx 最新ニュース http://technet.microsoft.com/ja-jp/default.aspx IT 担当者向け最新情報 http://technet.microsoft.com/ja-jp/today セキュリティ& サポート [2011/3/16 JST 14:30 Update] 東北地方太平洋沖地震についてのマイクロソフトの対応についてのプレスリリースが発表されました。詳細は下記画像をクリック頂くとページに遷移いたします。 なお、twitter アカウント @msdnjp  @technetj にて最新情報などを随時お伝えしていますので、よろしければご利用ください。 ~ ILM / ADSI / WMI / PCNS サポートチーム…

0

[Info] ライフサイクル : .NET Framework 2.0 と Visual Studio 2005 は 2011/04 にメインサポート期間終了、延長サポートに移行します

みなさんごきげんよう。ういこです。今日はひな祭りです(2011/03/03 現在)が、大人の階段を登りきった私には関係ないですよ。 さて本日はそんな自虐的な 3x 歳の乙女心より .NET と VS2005 のライフサイクルの話をご紹介させていただきますね。 【今日のお題】 ・.NET Framework 3.0 以降の新サポート ライフサイクルポリシーを再確認しよう ・Visual Studio 2005 および .NET Framework 2.0 のメインストリームは 2011/04/12 に終了 ILM 2007 FP1 は .NET Framework 2.0 です。ルール拡張の開発によく Visual Studio 2005 を使われているお客様もいらっしゃるかと思います。 直接 ILM 一家の守備範囲にかかわる話ではないのですが、ご参考になれば幸いです。 ちなみにライフサイクル(含サービスパック ライフサイクルポリシー)って何?!という方は、以下の記事をご参照いただいてから読み進めていただくとわかりやすいかもしれません。 [Windows 7 / Virtual PC] XP Mode のサポート期間(ライフサイクル)っていつまでなの? http://blogs.technet.com/b/jpilmblg/archive/2009/12/16/windows-7-virtual-pc-xp-mode.aspx [Windows XP] サポートライフサイクル :…

0

[WMIは万能ではない] 大容量イベントログ取得時によくある問題と回避策 ~ Script からも wevtutil.exe が使える ~

皆さんごきげんよう。ういこです。今日はイベントログのとり方でよくある問題とその対処案についてのお話です。 運用管理をしていてあるある!なニーズとして、イベントログを定期的に保存して、出来ればアーカイブして保存しておきたいなんてことがあると思います。しかもバッチ処理にして、タスク スケジューラなんかで人間様がいなくてもサーバ内の小人さん動かして定期的に保存させちゃおうとか。そんなニーズ、ありませんか。 では、全国津々浦々のイベントログ大好き管理者様はどのようにしてイベントログの取得をされていますか。問い合わせに来るものを見る限りでは、WMI の Win32_NTLogEvent 、Win32_NTEventLog 、Win32_NTEventLogFile とか、その辺を使っていらっしゃる方が多い印象です。それも、VBScript が圧倒的に多く、PowerShell による対処などは殆どお問い合わせとしてあがってきていません。ただ、私は開発サポート部門ですので、OS の基盤(プラットフォーム)サポート部門では違うのかもしれませんね。 ではなぜ WMI が多く使われているのか。非常にカンタンに使うことが出来、かつ VBScript からも .NET Framework ベースのプログラムからもアンマネージ (C++) からも呼び出しやすいという、手軽さが訴求しているのだと思います。しかし、以前から WMI についてはカンタンな反面、RPC 、DCOM などに依存している、内部処理が複雑で遅い、重いといった不便な点についてご紹介してきたように、やはりすべていいことずくめというわけにはいきません。 特に問題なのは、WMI は内部でデータを扱うために持っている領域のサイズが少なく、ある程度サイズ拡張は出来るものの、数ギガバイトといった大容量のデータを取り扱う際にエラーが発生することが多いという点です。イベントログは扱うデータ量が半端なく大きいことが少なくないため、この「内部データ領域足りません問題」に直面することが非常に多いシナリオです。 WMI によるイベントログ保存時に発生しやすい問題 監査ログなどを仕掛けている場合、セキュリティ イベントログの肥大化が問題になることが多くあると思います。こうしたログに対し、WMI でイベントを取得しようとして以下のエラーが発生することが多くあります。また、これらのエラーは必ず発生するのではなく、WBEM_E_QUOTA_VIOLATION が発生したと思えば、次に取得処理を実行すると今度は WBEM_E_OUT_OF_MEMORY が発生するなど、揺らぎが良く見られます。 0x8004106c WBEM_E_QUOTA_VIOLATION    0x80041006 WBEM_E_OUT_OF_MEMORY 0x80041032 WBEM_E_CALL_CANCELLED (※ まれに 0x80041001 WBEM_E_FAILED という形で異常終了することもあり) 調整方法としては、WQL 文で取得してくるイベントログの時間帯を指定することで、一回に扱うデータサイズを減らすということしかありません。ただ、時間を指定しても、その時間帯にたまたまアクセスが集中し、ファイル監査のログが大量発生した場合などは、データサイズがスパイクするため結果としてエラーが発生する可能性があることは避けられません。 なぜこうしたエラーが起きるのか 0x8004106C (WBEM_E_QUOTA_VIOLATION) は、WMI サービスにより消費されるメモリが割り当てられたメモリの制限に達したことを意味します。また、このエラーが発生する状況下では、同じクエリを同じデータストアに対して実施した場合であってもリソースを多く消費しシステムが不安定になることを防ぐために処理をキャンセルすることがあり、その場合に 0x80041032…

0

[FIM/ILM] Password Change Notification Service (PCNS) 前提条件や注意点ってどんなことがあるの?

みなさんごきげんよう。ういこうです。もう明日から二月ですが本年もよろしくお願いします。 今年の一本目はみんな大好き PCNS についてです。といっても、PowerChute Network Shutdown ではないですよ。Password Change Notification Service ですよ。 PCNS についての詳しい話は英語でも構わなければ結構あるもんですが、たとえばこれから提案をしに行こうと思っていらっしゃる方などが知りたいようなまとまった情報はあまりないという噂を聞きましたので、ざっくりとまとめてみました。 後日、図などを加筆するかもしれません。 【今日のお題】 PCNS (Password Change Notification Service) の動作条件や注意事項などについて -a. PCNS の動作条件 PCNS が正しく動作するための前提条件は以下の四つがあります。これらすべての条件を満たしている必要があります。 1. パスワード更新に際し一定のプロトコルが使用可能であり、認証動作が成功することが保証されていること 2. Kerberos 相互領域認証が使用可能であること 3. RPC / DCOM の構成が適切になされていること 4. 適切にポートが構成されていること 1. パスワード更新に際し一定のプロトコルが使用可能であり、認証動作が成功することが保証されていること こちらは、ILM / FIM に限った話ではありません。 PCNS は、パスワード更新をドメイン コントローラで検知して、それを FIM サービスに通知します。パスワード更新がされたということを FIM が受け取ると、FIM はパスワードが変わった場合にそのパスワードを AD と同様に変更させたいデータストア(たとえば Oracle…

0

[Info] 年末年始の電話サポート窓口の休業予定 2010 – 2011

平素より弊社サポート サービスをご愛顧くださいましてありがとうございます。本日は年末年始の弊社サポートの予定についてのお知らせです。 今年も早いもので年末です。先生走ると書いて師走です。その割に 15 度とか気温が高くて師走感に欠ける感じですね。地球大丈夫でしょうか。 さて地球も大事ですが、まずは目の前のプロジェクトが大事ですよね。毎年の傾向として、年末はお問い合わせが非常に多くなりますので、早めに対応を迫られていらっしゃるお客様は、前倒しでお問い合わせ頂くことをお勧めいたします。 弊社では、年末年始の下記の期間に無償および有償電話サポート窓口を休業致します。 プレミアサポート、プロフェッショナルサポートも休業いたします。 ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程お願い申し上げます。 以下は平日のみサポートを提供している製品・土日サポート対応製品共通のスケジュールになります。(後述年末年始休業対象窓口を参照ください。XBOX はXBox.xom / サポートトップで別途ご確認をお願いいたします。) 月曜日 ~ 金曜日および土日サポート提供窓口およびパートナー様向けサポート (パートナー ビジネス支援サービスなど) 共通 ★ 2010 年 12 月 23 日 (木) 天皇誕生日   2010 年 12 月 29 日 (水) 年内最終営業日:主窓口 17:00 終業 ★ 2010 年 12 月 30 日 (木) ~ 12 月 31 日 (金) 年末休業 ★…

0

[障害情報] ILM 2007 FP1 SP1 用 Fix build 3.3.1160.02 適用後 AD MA Export が “no-start-ma” で失敗する

本日はサポート技術情報 (KB) 982556 の Identity Lifecycle Manager 2007 Feature Pack 1 Service Pack 1 用の修正モジュール (build 3.3.1160.02) を適用した場合に AD 管理エージェント (AD MA) の Export 時に "no-start-ma" になる問題についてご報告いたします。この問題は製品の不具合による問題となります。 問題の概要 修正モジュールを適用後、AD MA の Export を実行しようとすると、Status が "no-start-ma" となり、Export ができなくなります。 なお、この問題は AD MA にて "Exchange 2010 Provisioning" を実施している場合に発生します。 Article ID: 982556 – Last Review: September 25, 2010 –…

0

[Vista/2008]リモートマシンへの認証を複数回繰り返し実行するとLSASS.exeのCPU使用率がスパイクする(KB:2028484/修正モジュールあり)

みなさんごきげんよう、ういこです。今日は障害情報「リモートマシンへの認証を複数回繰り返し実行するとLSASS.exeのCPU使用率がスパイクする」 (Windows Vista / 2008 Server 無印限定) についてお知らせいたします。この現象は、Windows 2003 および Windows XP、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 では発生しません。 【現象】 Windows Server 2008 / Windows Vista において、リモート PC に対しての WMI を使ったプログラムを同一のマシン上で同時に複数インスタンスを起動すると、プログラムを稼動させているマシン上の lsass.exe の CPU 使用率がスパイクし、プログラムの反応が遅くなっていき、最終的にプログラムがフリーズするように見える状態にまで至ることがある。この状態の間は無応答になるが、しばらくすると CPU 使用率も低下し処理が戻る。 【ステータス】 この現象は認証関連の動作の問題に起因する現象となり、修正モジュールが以下のサポート技術情報にて公開されております。 対象は Windows Vista、Windows Server 2008 です。(モジュールは CPU の種別はあるものの、OS の違いはありません) Article ID: 2028484 – Last Review: October…

0