[WMI]Win32_PerfRawData_Tcpip_NetworkInterfaceは名称が重複したNICがある環境では各カウンタの実体を識別することができない(制限事項)

本日のトピックは、WMI の クラスの組み合わせで発生する制限事項についてのお話となります。 [今日のテーマ] WMI の Win32_NetworkAdapter や Win32_NetworkAdapterConfigration クラスでは、同じ名称でシステムに登録されているアダプタがある場合、Name プロパティは登録名からそのままもってくるため、値が重複して取得されてしまう。このように複数同じ名前で登録されたネットワーク アダプタが存在するシステムでは、Win32_PerfRawData_Tcpip_NetworkInterface (Win32_PerfFormattedData_Tcpip_NetworkInterface) クラスのカウンタと結びつけることができない。 はじめに : NIC 自身のシステムへの登録の仕方に Name プロパティの取得結果が影響される システムに登録されたネットワーク カード (NIC) の情報を採取する際に WMI の Win32_NetworkAdapterConfiguration および Win32_NetworkAdapter クラスを使用する例は多くあります。しかし、これらのクラスの Name や Description プロパティだけでは複数の同じ種類の NIC それぞれを識別する指標にはなりえません。 Name や Description プロパティなど、上記の WMI のクラスが返すプロパティ情報は、その環境の NIC がセットアップされる際にどのように自身の情報をシステムに登録したかに依存します。つまり、同じ種類の NIC を複数セットアップする際に、システムにそれぞれの NIC 毎に同じ名前で登録してしまう作りのデバイスの場合、Name や Description プロパティの値がすべていっしょということも起こりうるということになります。アダプタによっては、システム登録時複数同じ種類のアダプタが存在していても #1 、#2 のように識別子を付けず同じ名前で登録してしまうものがあるのです。 図…

0