[FIM国際化対応] ポータルは Client OS 側の IE あるいはコントロール パネルの [地域と言語] に設定されている言語で表示される (Ver 2.0)


(改稿 : 2010/11/02 By Uikou)

皆さんごきげんよう。ういこです。

羽田空港の国際化が始まったらしいです。(うろ覚え、2010/10/21 現在)これにあざとく便乗した ILM 一家が送る今日のコンテンツ、”FIM のポータルの国際化対応方法” についてご案内いたします。インストーラパッケージを見て頂くと判るように、FIM ポータルは、9 言語に対応しています。では、インストールした後、どうやってポータルの言語を変えればよいのでしょう?これより導入を検討頂いている方などは、ドキュメントも英語だし、判りづらいなと思っていらっしゃるのではないでしょうか。

結論からいうと、一台 FIM ポータルサーバを組んで頂くだけで複数言語対応を行うことが可能です。アクセス URL も一つで、クライアント側の設定を変更するだけでポータルの表示を変更することができます。一方サーバ側の設定は、ポータルの言語パックを別途ダウンロード サイトより入手後、FIM サーバ上でインストールを実施頂くのみとなります。
ただしインストールの際、"Custom Setup" フェーズにてインストール対象のリソースを選択する画面がありますが、対応したい言語パックはすべて対象としてインストールして頂く必要があります。

FIM ポータルの言語は、Client IE の "言語の優先順位" の最優先の言語 もしくは OS の [地域と言語] オプションの "形式" に設定されている言語形式と紐づいております。
例えば、日本語版 Windows であっても、形式が [スペイン語(スペイン)] が設定されている環境の Web ブラウザから FIM ポータルにアクセスした場合、FIM ポータルにスペイン語のリソースがインストールされていればブラウザ上の FIM ポータル表示はスペイン語になります。()

image

図 : FIM ポータルの URL はひとつだけで OK。各クライアント OS の IE の "言語の優先順位" の最優先の言語もしくは、コンパネの [地域と言語] - “形式”に従って表示される FIM ポータルページの言語が変わる

FIM ポータルは ASP.NET で動作しており、サーバサイドで動的に生成されたデータを Web ブラウザ上で解釈、表示しておりますので、クライアントサイドの各国語の表示条件(たとえば、そもそも表示するためのフォントがインストールされているか、コードページが対応しているかなど)はInternet Explorer など Web ブラウザの設定に依存します。

対応言語は 9 種類

FIM ポータルは、以下の 9 言語に対応しております。

1. 日本語(日本) Japanese Language Pack
2. 中国語 (簡体字、中国) Chinese (Simplified) Language Pack
3. 中国語 (繁体字、台湾) Chinese (Taiwan) Language Pack
4. オランダ語 (オランダ)  Dutch Language Pack
5. フランス語 (フランス)  French Language Pack
6. ドイツ語 (ドイツ) German Language Pack
7. イタリア語 (イタリア) Italian Language Pack
8. ポルトガル語 (ポルトガル) Portuguese Language Pack
9. スペイン語 (スペイン)
Spanish Language Pack

一方、FIM ポータルにインストールされていない言語リソースが"形式" に設定されている場合は、英語での表示となります。

例 1)
英語版 Windows + 形式が "フランス語"
… フランス語で FIM ポータルが表示されます。

例 2)
英語版 Windows + 形式が "ディベヒ語 (モルディヴ)"
… 上記言語はリソースに含まれないため、英語で表示されます。

実際に試してみよう(2010/11/02 Up)

※ その後、IE サポートチームの D 先生より、この設定は IE の [インターネットオプション] の [言語(L)] で変えられることをお知らせいただきましたので、改稿いたしました。(2010/11/02 By Uikou)

Internet Explorer の日本語版を例にとりますと、規定の状態では "言語の優先順位" が "日本語 (日本) [ja-JP]" が最上位、かつこれだけになっています。

図 1 : IE 日本語版の例。言語優先順位には、既定では日本語のみが設定されている

image
IE から、サーバに対して要求を送る際、ここに指定されている言語に対して最大が 1 になるよう重みづけをつけるそうです。そこで、最上位に表示させたい言語を設定すれば、その言語が表示されます。よって、たとえば中国語 (繁体字) を表示させたい場合は、"中国語 (繁体字) [zh-Hant]" を追加し、最上位にしてあげればよいということになります。

図 2 : 中国語(繁体字) が最上位に設定されているので、FIM のページは繁体字中国語で表示されることになる。韓国語も設定されているが、最上位の言語が表示される

image

図 3 : 優先順位に言語を追加したい場合

imageimage

余談 : IE から要求を受け取った側のサーバでは…
以下、D 先生からいただいた情報です。サーバ (この場合だと、FIM ポータルの IIS) 側でみると…

1) 図 1 の既定の "日本語 (日本) [ja-JP]" だけが設定されている状態

GET http://xxxx/xxxxx/xxxx.aspx HTTP/1.1
Accept: application/x-ms-application, image/jpeg, application/xaml+xml, image/gif, image/pjpeg, application/x-ms-xbap, application/x-shockwave-flash, application/vnd.ms-excel, application/vnd.ms-powerpoint, application/msword, */*
Accept-Language: ja-JP
User-Agent: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; MS-RTC LM 8; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3; .NET CLR 1.1.4322)
Accept-Encoding: gzip, deflate, peerdist
Host: xxxx

2) 図 2 の英語 / 中国語 / 韓国語を加え、それらのうち、繁体字中国語を最優先に上げた状態。繁体字は 0.8 が与えられています。二番目の韓国語は 0.5、最下位の日本語は 0.3 の重みづけです。

GET http://xxxx/xxxxx/xxxx.aspx HTTP/1.1
Accept: application/x-ms-application, image/jpeg, application/xaml+xml, image/gif, image/pjpeg, application/x-ms-xbap, application/x-shockwave-flash, application/vnd.ms-excel, application/vnd.ms-powerpoint, application/msword, */*
Accept-Language: en-US,zh-Hans;q=0.8,ko-KR;q=0.5,ja-JP;q=0.3
User-Agent: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; MS-RTC LM 8; .NET4.0C; .NET4.0E; InfoPath.3; .NET CLR 1.1.4322)
Accept-Encoding: gzip, deflate, peerdist
Host: xxxx

興味深いですね。

実際に試してみよう(Ver1.0の内容です)

1. [地域と言語] の “形式” が “日本語(日本)” の場合

clip_image002

Internet Explorer 上のポータル表示は日本語です。ようこそ, Administrator”

clip_image004

2. [地域と言語] の “形式” が “中国語 (簡体字、中国)” の場合。FIM Portal Language Pack インストーラの “Chinese (Simplified)” が相当します。

clip_image006

Internet Explorer 上のポータル表示は簡体字中国語です。, Administrator”

clip_image008

3. [地域と言語] の “形式” が “中国語 (繁体字、台湾)” の場合。FIM Portal Language Pack インストーラの “Chinese (Taiwan)” が相当します。

clip_image010

Internet Explorer 上のポータル表示は簡体字中国語です。 歡迎, Administrator

clip_image012

4. [地域と言語] の “形式” が “オランダ語 (オランダ)” の場合。FIM Portal Language Pack インストーラの “Dutch Language Pack” が相当します。

clip_image014

Internet Explorer 上のポータル表示はオランダ語です。Welkom, Administrator”

clip_image016

5. [地域と言語] の “形式” が “フランス語 (フランス)” の場合。FIM Portal Language Pack インストーラの “French Language Pack” が相当します。

clip_image018

Internet Explorer 上のポータル表示はフランス語です。Bienvenue, Administrator”

clip_image020

6. [地域と言語] の “形式” が “ドイツ語 (ドイツ)” の場合。FIM Portal Language Pack インストーラの “German Language Pack” が相当します。

clip_image022

Internet Explorer 上のポータル表示はドイツ語です。WillKommen, Administrator”

clip_image024

7. [地域と言語] の “形式” が “イタリア語 (イタリア)” の場合。FIM Portal Language Pack インストーラの “Italian Language Pack” が相当します。

clip_image026

Internet Explorer 上のポータル表示はイタリア語です。Pagina iniziale, Administrator

clip_image028

8. [地域と言語] の “形式” が “ポルトガル語 (ポルトガル)” の場合。FIM Portal Language Pack インストーラの “Portuguese Language Pack” が相当します。

clip_image030

Internet Explorer 上のポータル表示はポルトガル語です。 Bem-vindo, Administrator

clip_image032

9. [地域と言語] の “形式” が “スペイン語 (スペイン)” の場合。FIM Portal Language Pack インストーラの “Spanish Language Pack” が相当します。

clip_image034

Internet Explorer 上のポータル表示はスペイン語です。Pagina principal, Administrator

clip_image036

※ その他

FIM ポータル言語パックにない言語を設定した場合は、英語表記になります。

例 : シンハラ語 (スリランカ)

clip_image038

英語表記になります。

clip_image040

クライアントの言語を変えてアクセスすると、同一の Internet Explorer から複数言語の表示をすることが出来ます。URL も同一です。

clip_image042

※補足事項 : 確認環境

OS : Windows 7 および Windows Server 2008 R2 日本語版、英語版

Internet Explorer : Version 8

Internet Explorer は構成無し(”後で構成する” を選択)

clip_image044clip_image046

だいたい、FIM に限らず割とコントロール パネルの地域と言語の設定に引きずられて変化する動作のものって良くあります。

なかなか壮観なので皆様も是非、お試しくださいませ。

 

では皆さんごきげんよう。

 

ういこう@カールマイヤーとひぐらしの相性はなかなかなもんだと思います。

Skip to main content