[Info] Windows Vista / Windows Server 2008 SP2 を適用すると向上する機能一覧 (+ インストール時考慮すべき点)


みなさまこんにちは。今日は ILM の記事をぴろとくんが up してくれて、最近の ILM 一家から Windows 世界へ羽ばたきすぎだった当ブログも面目躍如ってもんです。I Love ILM の管理者様、運用に当たって最高の記事なので、ぜひご一読くださいませ。


 


さて、先日、Vista SP2 と Windows Server 2008 SP2 についての記事を乗せたところ、関心の高さにびっくりしました。


今日は、機能向上部分についての情報を得ましたので、シェアさせていただきます。


 


★ 機能向上部分 ★ 


l  Windows Search 4.0 による検索性能の向上と、グループポリシーによるより詳細な管理


l  Bluetooth v2.1 サポートと最新 Windows Connect Now を含む Windows Vista Features Pack for Wireless との統合


l  Windows サイドバーの RSS フィードのパフォーマンスと応答性の向上


l  Windows Media Center で著作権保護されたテレビ録画コンテンツを複数のデバイス間で共有できるよう対応


l  Windows Media Player 11 にアップグレードの際、以前購入したDRM コンテンツにアクセスできなくなる問題の修正


l  互換性の無いドライバーがある場合に SP のインストールを停止する機能と搭載することによる、セットアップ及び 導入機能の向上


l  SP2 によってアップデートされたファイルを削除し、ハードディスクの容量圧迫を抑制する Service Pack クリーンアップツールの搭載


l  ワイヤレス接続環境化におけるハイバネーションからのレジューム復帰の高速化


l  電源管理設定の向上


l  Windows Vista 及び Windows Server 2008 でホストされているプリンタに対して、プリントサーバー 及び スプーラーのパフォーマンス向上


l  Hyper-V RTM版の同梱


 


情報集約サイト


Windows Server 2008 Service Pack 2 および Windows Vista Service Pack 2 に関しての情報は以下のサイトにそれぞれ集約されています。リリース ノートや、管理者様必見のサービスパック ブロッカーツールの情報などもあります。


 


TechNet 版


http://technet.microsoft.com/ja-jp/windowsserver/dd262148.aspx


MSDN 版         


http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/dd262148.aspx


 


★ Install の際に考慮すべきこと ★


l   Windows Vista へ SP2 を適用する前に SP1 を適用しておく必要があります。ただし、Windows Server 2008 は、RTM 版ですでに SP1 相当が含まれて製品化されているため個別に SP1 をインストール、という必要はありません。


l SP2 は Internet Explorer (IE) 8 を含みません。よって、SP2 を適用前に IE のバージョンが 7 である環境は、SP2 適用後も IE7 のままになります。


 


皆様のご参考になれば幸いです~。


よろしくお願いします。


 


追伸 :


ILM 一家は更新がわりとおおめなので、これまでアクセス数が多かったものや、ILM などの運用の際にぜひこれを考慮してほしい!というコンテンツをよりぬきとして横の柱にリンクしていくことにしました。(くだらない記事がまれに含まれます)


今回のぴろとくんの記事も、ILM 運用の基本ながら非常に重要なので、リンクしています。ご覧くださいませ~


 


 


 


~ ういこう@SP2 花盛り ~

Comments (0)

Skip to main content