[翻訳まとめページ] Microsoft Identity Integration Server 2003 Developer Reference (mmsdev.chm)


Microsoft Identity Integration Server 2003 デベロッパー リファレンス


 


本リファレンスの目的


Microsoft® Identity Integration Server 2003 では、複数のデータ ソースの ID 情報を統合したビューを作成、配信することができます。Microsoft Identity Integration Server 2003 を使用すると、あるユーザーまたはリソースのすべての ID 情報を 1 つのビューにまとめ、論理ビューであらわすことができます。


 


応用


Microsoft Identity Integration Server 2003 の管理者は、Microsoft Windows® Management Instrumentation (WMI) スクリプトを実装することで、よくある管理タスクを自動化することができます。また、管理者や社内の開発担当者は、拡張ルールの作成によりビジネス ロジックを実装することで、管理エージェントやメタバースの動作を制御することができます。


 


本リファレンスの対象読者


管理者は、WMI スクリプトを実装することで、Microsoft Identity Integration Server 2003 の機能の多くを自動化することができます。管理者および開発者は、Microsoft .NET Framework を使用する拡張ルールを作成することができます。本リファレンスの情報は、.NET Framework の知識があることを前提としています。


 


ランタイムに関する必要条件


Microsoft Identity Integration Server 2003 は、Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Edition オペレーティング システムおよび Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition または Enterprise Edition SP3 環境で動作します。拡張ルール、接続先データ ソース拡張またはパスワード拡張を作成するには、.NET Framework クラス ライブラリを作成できるプログラミング言語とコンパイラが必要です。本リファレンスのサンプルでは、プログラミング言語として Microsoft Visual Basic® .NET および C# を、コンパイラとして Microsoft Visual Studio® 2005 に付属のコンパイラを使用しています。


 


このセクションは以下のような構成になっています。


 




































































































































































































































































翻訳済?


Topic Title


タイトル翻訳



Microsoft Identity Integration Server 2003 Developer Reference


Microsoft Identity Integration Server 2003 デベロッパー リファレンス



Microsoft Identity Integration Server 2003 Legal Page


Microsoft Identity Integration Server 2003 に関する法的な注意



About Microsoft Identity Integration Server 2003


Microsoft Identity Integration Server 2003 について



About Rules Extentions


ルールの拡張について



    How Rules Extensions Are Called


拡張ルールの呼び出し方法



    Synchronization Rules Mapped to Rules Extension Methods


拡張ルール メソッドにマップされた同期ルール



    Rules Extension Lifetime


拡張ルールのライフタイム



  About Connected Data Source Extensions


接続先データ ソースの拡張について



  About the WMI Provider


WMI プロバイダについて


 


 


 



Using Microsoft Identity Integration Server 2003


Microsoft Identity Integration Server 2003 を使用する



Using Connected Data Source Extensions


接続先データ ソース拡張を使用する



Creating Connected Data Source Extensions


接続先データ ソース拡張の作成



     Creating a Connected Data Source Extension in Visual Basic .NET


Visual Basic .NET で接続先データ ソース拡張を作成する



     Creating a Connected Data Source Extension in C#


C# で接続先データ ソース拡張を作成する



Testing and Debugging Connected Data Source Extensions


接続先データ ソース拡張の検証およびデバッグ



Best Practices for Data Source Extension Exports


データ ソース拡張エクスポートのベストプラクティス


 


Example Library for Connected Data Source Extensions


接続先データ ソース拡張のサンプル ライブラリ


 


     Example: Connected Data Source Extension for Call-Based Data Sources


サンプル: コールベース データ ソース用の接続先データ ソース拡張


 


          Example: Call-Based Extension for Sharepoint Groups


サンプル: Sharepoint グループ用のコールベース拡張


 


          Example: Call-Based Extension for Sharepoint Users


サンプル: Sharepoint ユーザー用のコールベース拡張


 


          Example: Connected Data Source Extension for OLEDB Database access


サンプル: OLEDB  データベース アクセスのための接続先データ ソース拡張


 


    Example: Connected Data Source Extension for File-Based Data Sources


サンプル: ファイルベース データ ソース用の接続先データ ソース拡張


 


         File-based Import and Export


ファイルベースのインポートとエクスポート


 


         File-based Import Only


ファイルベースのインポート専用


 


         File-based Export Only


ファイルベースのエクスポート専用



Creating Management Agents


管理エージェントの作成


 


 


 


 


Using Password Extensions


パスワード拡張の使用


 


Creating Password Extensions


パスワード拡張の作成


 


     Creating a Password Extension in Visual Basic .NET


パスワード拡張を Visual Basic .NET で作成する


 


     Creating a Password Extension in C#


パスワード拡張をC# で作成する


 


Testing and Debugging Password Extensions


パスワード拡張のテストとデバッグ


 


Example: Password Extension


サンプル: パスワード拡張


 


Best Practices for Password Extensions


パスワード拡張のベスト プラクティス


 


 


 


 


Using Rules Extensions


ルール拡張の使用


 


About Fabrikam


Fabrikam について


 


Creating Rules Extensions


ルール拡張の作成


 


    Creating a Management Agent Rules Extension


管理エージェント ルール拡張の作成


 


      Creating a Management Agent Rules Extension in Visual Basic .NET


管理エージェント ルール拡張を Visual Basic .NET で作成する


 


      Creating a Management Agent Rules Extension in C#


管理エージェント ルール拡張を C# で作成する


 


    Creating a Metaverse Rules Extension


メタバース ルール拡張の作成


 


      Creating a Metaverse Rules Extension in Visual Basic .NET


メタバース ルール拡張を Visual Basic .NET で作成する


 


      Creating a Metaverse Rules Extension in C#


メタバース ルール拡張を C# で作成する


 


    Transforming Data


データの変換


 


      Example: Swapping the Order of a Name


サンプル: 名前の順序入れ替え


 


      Example: Creating a Calculated Value to Join Objects


サンプル: オブジェクトの結合に使用する値を計算・作成する


 


      Example: Resolving Join Conflicts


サンプル: 結合の矛盾の解決


 


    Creating and Checking Attribute Values


属性値の作成とチェック


 


      Example: Checking for Existing Attributes


サンプル: 既存の属性をチェックする


 


      Example: Checking for Necessary Attributes


サンプル: 必須属性をチェックする


 


      Example: Constructing a Distinguished Name


サンプル: 識別名を構築する


 


      Example: Creating a Unique Naming Attribute in the Metaverse


サンプル: メタバースに一意のネーミング属性を作成する


 


      Example: Converting Attribute Value Types


サンプル: 属性値の型変換


 


    Provisioning Objects in the Connector Space


コネクタ スペース内のオブジェクトのプロビジョニング


 


      Example: LDAP-based Connected Data Sources


サンプル: LDAP ベースの接続先データ ソース


 


      Example: Connected Data Sources that Generate the Anchor Attributes


サンプル: アンカー属性を生成する接続先データ ソース


 


      Example: Connected Data Sources that Expect Identity Integration Server to Provide the Anchor Attributes


サンプル: Identity Integration Serverにアンカー属性の提供を要求する接続先データ ソース


 


      Example: Microsoft Windows NT Server 4.0 Connected Data Sources


サンプル: Microsoft Windows NT Server 4.0 接続先データ ソース


 


    Deprovisioning Objects in the Connector Space


コネクタ スペース内のオブジェクトのデプロビジョニング


 


      Example: Deprovisioning a Connector Space Object


サンプル: コネクタ スペース オブジェクトのデプロビジョニング


 


      Example: Deprovisioning an Object After a Specified Time


サンプル: 指定時間経過後のオブジェクトのデプロビジョニング


 


  1


翻訳済みの丸印がリンクになっています。リンクが張られていないものは順次アップロードされていきます。


  2


上記の翻訳は正式な対応内容ではありません。そのため、内容についてご参照いただく際は必ず原文と併用してご参考にとどめていただければと存じます。また、翻訳順序は必ずしもデベロッパーリファレンスと合致しない場合もございますことをご了承ください。


  3 (2009/01/05 追記)



上記デベロッパーリファレンスは下記より入手いただけます。


 


Microsoft Identity Integration Server 2003 製品ヘルプファイルおよびシナリオステップバイステップ日本語資料


http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=3b880f4a-07fd-4775-a1c6-e0987126b5d0&displaylang=ja


 


こちらは日本語版のドキュメントを含みますが、Galsync のステップバイステップのシナリオ (Microsoft Identity Integration Server 2003 グローバル アドレス一覧同期のステップバイステップ) に一部訂正事項があります。


詳細は下記をご参照ください。


 


[Doc Bug] グローバル アドレス一覧同期のステップバイステップ日本語版 MA 作成箇所訂正


http://blogs.technet.com/jpilmblg/archive/2008/11/11/doc-bug-ma.aspx

Comments (1)
  1. Anonymous says:

    みなさまあけましておめでとうございます。ういこです。 今は 1 月 4 日日曜日の丑三つ時です。管理者の皆様はパッチ適用試験中でいらっしゃいますでしょうか。 正月はいかがお過ごしでしたか?私は去年見逃した「

Comments are closed.

Skip to main content