MIIS (ILM) を冗長化したい!けど…。


この週末は、少し肌寒い気候となりました。そろそろタオルケットだけで


寝るのは限界が近づいてきたため、今日の夜から毛布を出そうと思います。


 


MIIS はサーバー製品という特性上、冗長化をお考えになられる


お客様が多い状況かと存じます。


 


そのため、MIIS の冗長化の構成を考える際にご参考にしていただければと


本記事を書かせていただきました。


 


- MIIS 冗長化への道


 


a) MIIS の構成について理解しよう!


 


MIIS は、各マネージメントエージェント(以降 MA と省略します) を通じて、


様々なデータソース上のオブジェクトの Import/Sync/Export といった動作を行います。


これにより、同期を実現します。そして、そのデータ自体を管理しているのが、SQL Server となります。


 



 


 


b) 冗長化構成を行う場合


 


a) の図を見ていただき、冗長化を行うポイントが 2 つあることに気づかれるかと思います。


 


・ MIIS 機能部分の冗長化


・ SQL Server の冗長化


 


この 2つの観点にて、冗長化をどのように行っていくことが可能でしょうか。


 


b-1) MIIS だけ冗長化する


 


MIIS を 2重化し、接続先となる SQL Server は 1 つになるように構成する形となります。


 




 


 


b-2) SQL Server の冗長化


 


MIIS がアクセスする SQL Server 側を2重化する。


 



 


 


SQL Server を冗長化する際は、MS クラスタを使用しクラスタ化を行う必要があります。


 


( 注 : MIIS は製品上、ミラー構成された SQL Server を接続先として扱った場合サポートしかねる構成となります。本製品はクラスタ化されたSQL Server を対象とするテストは行われていますが、ミラー構成についてはテストされていないためです。


 


MIIS はインストール時に接続先となる SQL Server を指定します。その後、運用にて接続先のSQL Server の切り替え方法を行うことができない状況となります。


そのためクラスタ化せずに、SQL Server の冗長化を行うことは困難となります。次回に、構成案について書きたいと思いますので、ご期待ください。)


 


 


b-3) MIIS と SQL Server の両方を冗長化する


 


MIIS を2重化し、かつ SQL Server を2重化する。



 


 



MIIS を冗長化する場合、上記の構成に近い構成が望ましい形となります。


MIISの個数を変える・SQL Server の個数を変えるといった構成の変更は、


OKです。


 


しかし、このパターン以外の冗長化を考えている場合は、考えている運用・構成について


再検討を行う必要があるかもしれません。その場合、弊社コンサルサービスをご利用いただければと存じます。


 


--- ひろと --- 


 

Comments (0)

Skip to main content