IIS7 以降の静的コンテンツの圧縮について

こんにちは。日本マイクロソフト、CSS デベロッパー ツールズ AppPlat の月尾です。 今回は、静的コンテンツの圧縮が行われる条件の一つとして、コンテンツへのアクセス頻度が関連していることについてお知らせいたします。 静的コンテンツの圧縮の設定について 静的コンテンツの圧縮を有効にするためには、以下の設定が必要となります。 1. Web サーバーの役割サービスから、[パフォーマンス] – [静的コンテンツの圧縮] を有効にします。 HTTP 圧縮 <httpCompression> – セットアップhttps://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee431600.aspx#ghi 2. IIS マネージャーで、サーバーを選択した状態で、機能ビューにある [圧縮] から以下の設定を行います。    [静的なコンテンツの圧縮を有効にする] : チェックを入れます   [次の値より大きいファイルのみ圧縮する (バイト)] : 圧縮を行いたいファイルの最小のサイズを設定します   [キャッシュ ディレクトリ : 圧縮を行ったファイルの保存先のディレクトリを設定します 圧縮を構成する (IIS 7)https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc730629(v=ws.10).aspx 3. 圧縮を行う対象のコンテンツ タイプを追加します。 IIS 7.0 で HTTP 圧縮対象のコンテンツ タイプを追加する方法https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/969062 静的な種類 <staticTypes>https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ee431653.aspx 静的コンテンツの圧縮の確認方法について 上記を設定した状態で実際に静的コンテンツにアクセスしてみます。この際、IE の F12 開発者ツールや、Fiddler…