グループポリシーで IE を “既定のブラウザ” として設定する方法


こんにちは。IE サポートチームの薄です。

 

最近、企業の管理者の方などから、

「ユーザーが利用する端末で、Internet Explorer を “既定のブラウザ” (通常利用するブラウザ) として固定しておく設定方法が知りたい」

というお問い合わせをいただくことが多くなりました。

 

背景には、「社内の業務 Web アプリケーションは IE での利用のみサポートしているため、ユーザーが独自に他社製のブラウザをインストールして “既定のブラウザ” に設定してしまうと困る」、「Windows 10 で、Microsoft Edge ではなく IE11を既定で利用したい」といったご事情があるとお伺いしています。

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、インターネット オプションでは、[プログラム] タブ上で設定できます。

(Windows 7 IE11)

3

 

(Windows 8.1 / Windows Server 2012 R2 の IE11 では、[関連付けを設定する] ボタンをクリックすると、スタートメニューの [設定] – [システム] – [既定のアプリ] で設定するようメッセージが表示されます。)

既定の関連付け構成ファイルの設定

 

しかしながら、グループ ポリシーには「IE を既定のブラウザにする」という項目がありません。

そこで今回は、お困りの管理者の方のために ”IE を既定のブラウザとする” ためにご利用いただける他のポリシーをご紹介いたします。

 

 

Windows 8.1 以降の PC を対象とする場合

==========================

OS の設定である [既定の関連付け構成ファイルの設定] のポリシーを利用して、ホームページを開くブラウザーを IE に固定することができます。

 

Windows 8.1 以降で [コントロール パネル] – [プログラム] - [既定のプログラムを設定する] から “Internet Explorer” の関連付けを確認すると、既定では、拡張子 .htm、.htm、及びプロトコル HTTP、HTTPSは以下のように IE ではなく、Microsoft Edge に関連づけられています。

プログラムの関連付けを設定する

(スタートメニュー の [設定] – [システム] – [既定のアプリ] でも、同じ設定内容が確認できます。)

 

ポリシーで、これらの拡張子/プロトコルの既定のプログラムを IEに設定を配布する手順を以下に示します。

 

ポリシーの設定手順

--------------------------

手順は以下のサイトにてご紹介しています。

 

グループ ポリシーを使用して既定のブラウザーを設定する

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/mt269907.aspx

 

こちらの内容に加えて、より設定を行っていただきやすくするため、

本ブログではもう少々具体的な手順をご案内します。

 

1. 準備

 

以下の内容をコピーし、任意の名前をつけて XML ファイルとして保存します。


<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<DefaultAssociations>
  <Association Identifier=".htm" ProgId="IE.AssocFile.HTM" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier=".html" ProgId="IE.AssocFile.HTM" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier=".mht" ProgId="IE.AssocFile.MHT" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier=".mhtml" ProgId="IE.AssocFile.MHT" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier=".partial" ProgId="IE.AssocFile.PARTIAL" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier=".svg" ProgId="IE.AssocFile.SVG" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier=".url" ProgId="IE.AssocFile.URL" ApplicationName="インターネット ブラウザー" />
  <Association Identifier=".website" ProgId="IE.AssocFile.WEBSITE" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier=".xht" ProgId="IE.AssocFile.XHT" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier=".xhtml" ProgId="IE.AssocFile.XHT" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier="FTP" ProgId="IE.FTP" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier="http" ProgId="IE.HTTP" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier="https" ProgId="IE.HTTPS" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier="MK" ProgId="IE.HTTP" ApplicationName="Internet Explorer" />
  <Association Identifier="RES" ProgId="IE.HTTP" ApplicationName="Internet Explorer" />
</DefaultAssociations>

これは上記のサイト “グループ ポリシーを使用して既定のブラウザーを設定する” で “既定の関連付け構成ファイル” と記載されているファイルになります。具体的には、「上の [IE の関連付け] ダイアログですべてチェックした状態でエクスポートした “既定の関連付け構成ファイル” から、IE に関する指定のみ抽出したファイル」です。

通常の手順でエクスポートした “既定の関連付け構成ファイル” には IE 以外のアプリケーション関連付け設定も含まれているのですが、上記のように IE の指定だけを含めることで、IE の関連付け設定のみ配布することもできます。

IE 以外のアプリケーションの関連付け設定も配布されたい場合には、通常の手順でエクスポートしたファイルをご利用ください。

既定の関連付け構成ファイルのエクスポート手順については以下のサイトにて紹介しております。

既定のアプリケーションの関連付けのエクスポートまたはインポート

https://technet.microsoft.com/ja-JP/library/hh825038.aspx

 

保存したファイルは、ポリシー配布対象の PC がアクセスできる共有フォルダに配置します。

 

 2. ポリシーの設定

 

2-1. グループポリシーエディタで、以下のポリシーを開きます。

[コンピューターの構成]

[ポリシー]

[管理用テンプレート]

[Windows コンポーネント]

[エクスプローラー]

[既定の関連付け構成ファイルの設定]

 

2-2. オプションの [既定の関連付け構成ファイル] に、1. 準備 で配置した xml ファイルのパスを指定します。

配布対象の PC からアクセスできるよう、UNC形式で指定してください。

2

[OK] をクリックして、ポリシーの設定は完了です

 

>注意

このポリシーは、Windows Server 2012 / Windows 8.1 以降でサポートされているため、Windows Server 2008/2008 R2 のグループ ポリシー エディターにはこのポリシー項目がありません。

この場合 Windows Server 2012 もしくは Windows 8.1 以降の PC を用意していただく必要があります。またはサーバー機ではなく Windows 8.1 以降の クライアント PCから、リモート サーバー管理ツールを利用してポリシーを設定いただくこともできます。

 

Windows 8.1 用のリモート サーバー管理ツール

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=39296

 

Windows 10 用のリモート サーバー管理ツール

https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=45520

 

 

上記の設定を行っても、クライント端末の既定のブラウザが IE にならない場合、よくある原因は以下の 4 つです。

 

1. ポリシーを設定、クライアントに配布後、クライアントを再起動していない。

OS の設定を行うポリシーのため、反映させるためにクライアントに配布後クライアントを再起動してください。

 
2. XML ファイルが正しくない。

XML ファイルを保存する時、文字コードは "UTF-8" としていただく必要があります。
また、XML ファイルの文法が正しくない場合にも、既定のブラウザの設定は行えません。保存した XML ファイルを IE で開いてエラーが表示されないかを確認する等して、正しい文法で記述されていることをご確認ください。

 
3. XML ファイルが、クライアント/ユーザーからアクセスできない場所に配置されている。

通常は、「既定の関連付け構成ファイル」は共有フォルダに配置し UNC 形式のパスで設定を行います。
例:
\\server1\share1\AppAssoc.xml

ポリシー配布先のクライアント、ユーザーから上記のファイルにアクセスできない場合も、既定のブラウザの設定は行えません。

 

4. クライアント端末がドメインに参加していない

上記のポリシーは、ドメインに参加していない (WORKGROUP) 環境のクライアント端末では利用できません。

上のスクリーンショットの [説明] に記載の通り、「ドメインに参加していること」が適用条件となります。

===== 説明抜粋ここから =====
このグループ ポリシーを有効にすると、クライアント コンピューターがドメインに参加している場合、ログオン時にこのファイルが処理され、既定の関連付けが適用されます。
このグループ ポリシーを構成しなかった場合、無効にした場合、またはクライアント コンピューターがドメインに参加していない場合、ログオン時に既定の関連付けは適用されません。
===== 説明抜粋ここまで =====

このポリシーを「ドメイン ポリシー」で設定、ドメインに参加しているクライアント端末に配布するシナリオであれば特に問題ないのですが、WORKGROUP 環境で、ローカル ポリシーで設定することが出来ませんのでご注意ください。

 

Windows 8.1 より前のOS の PC を対象とする場合

(Windows Vista、Windows 7 など)

==========================

こちらの場合、ポリシー [既定の関連付け構成ファイルの設定] は利用できず、IE を既定のブラウザーにするための直接的な方法がありません。

 

代わりに、「IE が既定のブラウザでない場合、IE起動時に ”Internet Explorer を通常利用するブラウザーにしますか” という通知バーを、ユーザーが ”はい” をクリックするまで毎回繰り返し表示する」というポリシーを利用する方法があります。

これにより、既定のブラウザーを IE 以外にしているユーザーに対して、IE を設定するよう促すことができます。

 

該当するポリシーは、適用する端末の IE のバージョンが、IE 10 以降か、IE9 かで異なります。

 

IE 10 以降

------------------

[ユーザーの構成]

[ポリシー]

[管理用テンプレート]

[ Windows コンポーネント]

[Internet Explorer]

[Internet Explorer が既定の Web ブラウザーでない場合にユーザーに通知する]

-> "有効" とする

 

 

IE9

------------------

2 つのポリシーを配布します。

1)  インターネット オプション [プログラム] タブ [既定のブラウザー] の、[Internet Explorer が既定の Web ブラウザーでない場合に通知する] にチェックを入れる設定です。

IEが既定のブラウザーでない場合、IE 起動時に ”Internet Explorer を通常利用するブラウザーにしますか” という通知バーを表示させます。

以下のレジストリを配布します。

 

キー :HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Main

名前 :Check_Associations

値 :yes(Internet Explorer が既定のブラウザーではない場合、ポップアップメッセージが表示される)

 

レジストリ設定の配布には、グループ ポリシーの “基本設定” をご利用いただけます。

 

[レジストリ] 項目を構成する

https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc753092(v=ws.11).aspx

 

2) インターネット オプション [プログラム] タブ [既定のブラウザー] の、[Internet Explorer が既定の Web ブラウザーでない場合に通知する] をグレーアウトし、ユーザーが変更できないようにする設定です。

 

[ユーザーの構成]

[ポリシー]

[管理用テンプレート]

[Windows コンポーネント]

[Internet Explorer]

[Internet Explorer の起動時に、通常使用するブラウザーを確認する]チェック ボックスのオン/オフの変更を許可しない]

-> "有効" とする

 

 

今回の内容は以上となります。


Comments (0)

Skip to main content