IE11環境でローカルポリシーエディターを開くとエラーが表示される 2015年7月版


こんにちは。Internet Explorer チームの杉谷です。
 
 
Internet Explorer 11 環境では、IEの更新プログラムの適用状況によってローカルポリシーエディター起動時にエラーが表示されることがあります。
 
 
このエラーは、ポリシーテンプレート( inetres.admx / inetres.adml )のバージョンに不整合がある状況で発生します。
 
 
更新プログラムによっては inetres.adml を含まない状態で公開されることがあり、その結果、inetres.admx / inetres.adml のバージョンに不整合が発生しエラーが表示されます。
 
 
※本エラーが発生している環境でも、構成済みのドメインポリシーは問題なく適用されますのでご安心ください。
(ローカルポリシーエディターでポリシーを構成できなくなるのみです)
 
 対象の端末からポリシーエディターを利用する際に、IE の管理用テンプレート項目が表示されなくなるのみです。
 ポリシーの設定内容、および、適用処理には影響ありません。(文言を訂正しました  2015年8月25日)
 
 
更新プログラムの適用状況によって表示されるエラーが異なりますので、以下に現時点(2015年7月)で確認済みのエラーと何れのエラーでも共通する対処方法をご紹介します。
 
 
エラー1
======================================================
解析中にエラーが発生しました。
ソース'$(string.verMgmtAuditModeEnable)'(属性 displayName で参照) が見つかりませんでした。
ファイル C:Windows\PolicyDefinisions\intres.admx,行1495, 列 249
======================================================
 
 
エラー2
======================================================
解析中にエラーが発生しました
リソース'$(string.Advanced_EnableSSL3Fallback)'(属性displayName で参照)が見つかりませんでした。
ファイル C:\Windows\PolicyDefinitions\inetres.admx、行795、列 308
======================================================
 
 

エラー3

======================================================
解析中にエラーが発生しました
リソース'$(string.BlockImmersiveBrowser)'(属性displayName で参照)が見つかりませんでした。
ファイル C:\Windows\PolicyDefinitions\inetres.admx、行34666、列 250
======================================================
 
 
上記エラーについての対処方法は『最新の adml が含まれる 更新プログラムを適用する』ことですが、ここでは最も容易な方法として『バージョンの整合性がとれているポリシーテンプレートをコピー』する方法をご紹介します。後述の【対処策】の手順でダウンロード/コピー頂くことでエラーを回避できます。
 
 
※ローカルポリシー起動時のエラーについては以下の情報もございます。
 
 
【IE8~IE11】ローカルポリシーエディターを開くとエラーが表示される 2015年9月版
http://blogs.technet.com/controlpanel/blogs/postlist.aspx?WeblogID=6462
 
 

対処策:IE11用のポリシーテンプレートのコピー

=======================================================
前提として、IE のポリシーテンプレート(inetres.admxとinetres.adml)は、
バージョンを問わず以下のフォルダに格納されています。
 
 
%systemroot%\PolicyDefinitions\inetres.admx
%systemroot%\PolicyDefinitions\ja-jp\inetres.adml
 
 
通常、アクセス権限の問題により上記ファイルの変更に制限がございますが、後述の手順を実行することでファイルをコピーすることが可能です。
 
 
ポリシーテンプレートは以下よりダウンロードください(2015年9月時点で最新のものです)
admx_adml201509
 
 
【手順】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
念のため、上記フォルダの inetres.admx/admlのバックアップを取得しておきます(任意の場所にコピー可能です)
 
 
1.管理者権限のあるユーザーでログオンします
 
 
2.上記でダウンロードしたテンプレートを展開した『admx_adml』フォルダーを任意の場所に配置します(ここではC直下とします)
 
 
※展開すると以下のような状態になります
 
 
C:\admx_adml\inetres.admx
C:\admx_adml\ja-jp\inetres.adml
 
 
3.コマンドプロンプトを[管理者として実行]で開きます
 
 
4.以下の robocopy コマンドをそれぞれ実行しコピーは完了です
 
 
robocopy C:\admx_adml\ %SystemRoot%\PolicyDefinitions\ inetres.admx /B
robocopy C:\admx_adml\ja-jp %SystemRoot%\PolicyDefinitions\ja-JP\ inetres.adml /B
 
 
=================================================================
以上です。
 
 
なお、本エラーが出力されるシナリオとしては『IE11導入時』の更新プログラムの自動適用によって発生することが多いです。
 
 
※IE11はオンライン環境でインストールすると自動的に可能な範囲で最新の更新プログラムを適用する動作となります。その際に、adml が不足した更新プログラムが適用されると上記エラーが発生します。
 
 
このため、エラー回避後については、公開される毎に更新プログラムを適用することで不足分(エラー)が発生することなく運用が可能です。


Comments (0)

Skip to main content