MS15-056 (3058515) - 6 月の IE 用セキュリティ更新プログラムを公開しました


こんにちは。Internet Explorer サポートチームの遠藤です。

本日 6 月 10 日、IE の累積更新プログラム MS15-056 (3058515) を公開いたしました。

 

マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-056 - 緊急

Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3058515)

https://technet.microsoft.com/library/security/MS15-056

 

本修正プログラムには、いくつかの脆弱性の修正とその他の修正、また IE の機能追加と、それに伴うポリシーの追加などが含まれます。

本修正プログラムで修正された脆弱性の詳細につきましては、「脆弱性の情報」セクションをご参照ください。

 

脆弱性の更新の他には、”MS15-032 または MS15-043 適用後にTable を含むコンテンツの描画が遅い場合がある” といった問題の修正が含まれております。こちらにつきましては技術文書  3058515 の “Non-security-related fixes that are included in this security update” セクションをご参照ください。

 

MS15-056: Cumulative security update for Internet Explorer: June 9, 2015

https://support.microsoft.com/en-us/kb/3058515

※ 日本語版は現在準備中です。

その他、管理者向けの機能となりますが、本更新プログラムでで追加されたものについて簡単にご紹介いたします。

 

- “IE7 エンタープライズモード” が追加されました。

IE11 のエンタープライズモードは ”IE8 と同等に動作する” 機能として搭載されましたが、多くのご要望を受け、本更新プログラムにて ”IE7 と同等に動作する” エンタープライズモードを追加いたしました。

IE7 エンタープライズモードの詳細につきましては、以下ブログ記事をご参照ください。

 

Announcing improvements to Enterprise Mode and Enterprise Site Discovery - IEBlog - Site Home - MSDN Blogs

http://blogs.msdn.com/b/ie/archive/2015/04/23/announcing-improvements-to-enterprise-mode-and-enterprise-site-discovery.aspx

 

IE7 エンタープライズモードは、”サイトリスト” で指定します。

20160419

サイトリストマネージャーは以下よりダウンロードしていただけます。

 

Download Enterprise Mode Site List Manager from Official Microsoft Download Center

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=42501

 

IE11 の “エンタープライズモード” につきましては、以下のブログ記事も合わせてご参照ください。

 

早わかり!エンタープライズ モード

http://blogs.technet.com/b/jpieblog/archive/2014/08/08/3635654.aspx

 

Site List Manager を使用したドキュメントモードの指定方法

http://blogs.technet.com/b/jpieblog/archive/2015/04/22/3647566.aspx

 

- 以下の 2 つのポリシーが追加されました。

 

1) コンピューターの構成 – 管理用テンプレート – Windows コンポーネント - Intenret Explorer

イマーシブ Internet Explorer ブラウザー無効にする

 

このポリシーを有効にすると、Windows 8.1 で Modern UI の IE の起動を抑止できます。スタート 画面から IE のタイルをクリックすると、デスクトップ版 IE が起動するようになります。

 

 

2) コンピューターの構成 – 管理用テンプレート – Windows コンポーネント - Intenret Explorer

“-extoff” コマンドライン パラメーターを使って、ユーザーが Internet Explorer の拡張機能を無効にできないようにします。

 

このポリシーを有効にすると、アドオンなしの IE11 の起動を抑止できます。”-extoff” パラメーターを付けて IE を起動した場合も、通常の IE が起動するようになります。

 

 

MS15-056 (3058515) の紹介は以上となります。

弊社では、IE の脆弱性や不具合に対応済みのInternet Explorer を常にご利用いただけるよう、最新の累積更新プログラムの適用をお勧めしております。

是非、適用をご検討いただければ幸いです。

 

[2015 年 6 月 25 日 追記]
本セキュリティ更新プログラムを適用後、ActiveXコントロールのインストールができなくなる問題が発生することが報告されております。
本不具合につきましては、現在可及的速やかに修正作業を進めておりますが、まだ具体的な時期につきましては未定の状況です。

恐れ入りますが、現段階におきましては以下のいずれかの方法による回避をご検討くださいますようお願いいたします。

a) IE を管理者権限にて実行した状態で ActiveX をインストールする
タスク バーの IE アイコンを右クリックし、その中の [Internet Explorer] をさらに右クリックして表示されるショートカット メニューにある [管理者として実行] を選んで IE を起動します。
この状態から ActiveX をインストールしていただく方法になります。

b) KB3058515をアンインストールして ActiveX をインストールする

詳細に関しまして以下の資料も合わせてご確認くださいますようお願いいたします。

MS15-056: Cumulative security update for Internet Explorer: June 9, 2015
https://support.microsoft.com/en-us/kb/3058515

 

Comments (0)

Skip to main content