Internet Explorer を使用中に突然停止してしまう、応答しない、強制終了されてしまうなどの問題が発生した場合のトラブルシューティング方法



マイクロソフト株式会社 Internet Explorer サポートの金相哲(キム サンチョル)です。


大好評だった第一回に続き、第二回では、Internet Explorer を使用中に突然停止してしまう、応答しない、強制終了されてしまうなどの問題が発生した場合のトラブルシューティング方法をご紹介いたします。


 


皆さんは Internet Explorer 使用中に突然停止してしまう、応答しない、強制終了されてしまうなどの問題に遭遇したことはありませんか。


 


Internet Explorer で発生するこのような問題には様々な原因が考えられますが、端末にインストールされているサードパーティ製のアプリケーションや Internet Explorer のサード パーティ製のアドオンも原因の一つです。


弊社にて Windows エラー報告のデータを分析したところ、IE のハングやクラッシュの原因の 70% 以上はサード パーティのアドオンによるものでした。


Internet Explorer 使用中にこのような問題が発生した場合、まずは、サードパーティ製のアドオンや常駐アプリケーションによる問題かどうかを切り分けることから調査を始めることをお勧めします。


 


その切り分け方法を下記にご案内します。


12 は サードパーティ製のアドオンを切り分けする方法、3 はサード パーティ製の常駐アプリケーションを切り分けする方法です。


 


1. サード パーティ製のブラウザー拡張を無効にする。


◆ 手順


1) Internet Explorer を起動します。


2) メニューの中の [ツール] – [インターネット オプション] – [詳細設定] を選択します。


3) [サード パーティ製のブラウザー拡張を有効にする] 設定のチェックを外し、無効にします。


4) Internet Explorer を再起動し、現象を確認します。


本設定は[インターネット オプション] – [プログラム] – [アドオンの管理] ダイアログ内で、ツールバー、ブラウザーヘルパオブジェクト、ブラウザー拡張を全て無効化することと同じ結果となります。


本設定を行い現象が改善された場合は、 [アドオンの管理] ダイアログ内のツールバー、ブラウザーヘルパオブジェクト、ブラウザー拡張を一つずつ外し、どのアドオンが問題に影響しているかを特定してください。


 


・参考資料


サード パーティ製のツール バンドおよびブラウザー ヘルパ オブジェクトを無効にする方法


http://support.microsoft.com/kb/298931/ja


 


2. ActiveX コントロールを無効にする。


◆ 手順


1) Internet Explorer を起動します。


2) メニューの中の [ツール] – [インターネット オプション] – [プログラム] – [アドオンの管理] を選択します。


3) アドオンの管理のダイアログから、ActiveX コントロールの設定を無効にします。


4) Internet Explorer を再起動し、現象を確認します。


本設定を行い現象が改善された場合は、 [アドオンの管理] ダイアログ内のActiveX コントロールを一つずつ外し、どのActiveX コントロールが問題に影響しているかを特定してください。


 


・参考資料


– Windows XP Service Pack 2 Internet Explorer のアドオンを管理する方法


http://support.microsoft.com/kb/883256/ja


 


3. サード パーティ製の常駐アプリケーションを停止する。


◆ 手順


1) [スタート] – [ファイル名を指定して実行] から msconfig と入力する。


2) [システム構成ユーティリティ] が表示されると、[サービス] タブを選択し、[Microsoft のサービスを全て隠す] にチェックを入れます。


3) サード パーティ製の常駐アプリケーションが表示されますので、[すべて無効にする] をクリックして [OK] をクリックします。


4) OS を再起動し、Internet Explorer を再起動し、現象を確認する。


本設定を行い現象が改善された場合は、 サードパーティ製の常駐アプリケーションを一つずつ外し、どのサード パーティ製の常駐アプリケーションが問題に影響しているかを特定してください。


 


注意事項


サード パーティ製のアドオンによっては、上記の方法で無効にしても、Internet Explorer の起動時に読み込まれるものもある為、完全に切り分けを行う為には無効ではなく、アンインストールをお勧めします。


 


Internet Explorer 7Internet Explorer 8 では下記の方法により、アドオンなしで Internet Explorer を起動することが可能です。


上記設定の 1,2 を行ったのと同じ結果となります。


[スタート] – [すべてのプログラム] – [アクセサリ] – [システム ツール] から Internet Explorer (アドオンなし) を選択する。


 


※ 上記の切り分け内容をステップ バイステップで行うことができる弊社公開情報もございますので、ご参考にしてください。


Internet Explorer が応答しない、動作を停止した、または再起動する


http://support.microsoft.com/gp/pc_ie_intro


 


Internet Explorer で使用中のアドオンなどを確認しながら、設定が可能なとても便利なツールです(IEチームの藤代さんの一押しのツールです)


Autoruns for Windows v9.41


http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb963902.aspx


 


以上です。


 


Comments (0)

Skip to main content