Internet Explorer 8 のご紹介



マイクロソフト株式会社 Internet Explorer サポートの村岡です。
私たち Internet Explorer サポートチームでもブログを公開することにしました。よろしくお願いします。

 


第一回では、マイクロソフトが自信を持ってお届けする新製品、Internet Explorer 8 (以下 IE8) の新機能についてご紹介いたします。


IE8 では次のような新機能の追加、改良が行われています。


 


・パフォーマンスと信頼性の向上 : アーキテクチャの変更により Web ページの表示が大幅に高速化されました。他のタブの影響を受けにくくなるため、信頼性も向上しています。


HTML/CSS 互換 : CSS 2.1 に完全準拠しており、標準に従ってページの表示を行うように変更されました。互換性を維持する機能を有効にすることで、以前のバージョン向けに作成された Web ページでも、今まで通り閲覧することが可能です。




もし IE8 でブラウジングしていて正しく表示されないページがあった場合には、次の方法で互換モードを有効にすることができます。


アドレスボックスの右端の「互換表示アイコン」をクリックします。
 
このアイコンをクリックすると以前のバージョンと互換性のある表示が行われます。詳細は KB956197 公開していますのでご参照ください。



・お気に入りバー : ツールバーにリンクやフィード、Web スライスを登録することができるようになりました。


・検索機能の強化 : Windows Search 検索機能との連携により、サイトの検索がより便利になりました。


・アクセラレータ : アクセラレータでは「Web ページ内のテキストをコピーして検索する」という一連の操作が、メニューを選択するだけで簡単に実行できます。


Web スライス : Web ページから直接コンテンツを購読することができるようになっています。


・セキュリティ機能 今までのフィッシング詐欺検出フィルタに代わり、新しく SmartScreen フィルターが搭載されました。これによりマルウェアなどの脅威にも対応しています。また、InPrivate ブラウズではユーザーの情報をコンピューターに残さないので、安心してブラウジングを行うことができます。


IE8 Developer Tools : Web ページの開発・デバッグを行うことができる強力なツールが付属しています。


 


個々の詳細については別途ご紹介したいと思いますが、まずは IE8 のインストールの注意点や、アンインストール方法をご案内します。


 


IE8 のインストール


Windows Vista SP1 が適用されていないコンピュータでは、IE8 をインストールする前に必要な更新プログラム 937287 があります。


937287 が適用されていないと次のようなメッセージが表示されて IE8 のインストールに失敗してしまいますので、Windows Update などで更新を適用した後、再度 IE8 のインストールを行う必要があります。


 




 


 


Windows Vista 更新プログラム 937287 用の必須ソフトウェア更新プログラム (2008 4 8 ) について


http://support.microsoft.com/kb/949939/


 


Windows Vista インストール ソフトウェアの機能に関するソフトウェア更新プログラムについて


http://support.microsoft.com/kb/937287/


 


英語サイトですが、この詳細は KB956586 で公開しています。


 


Windows Vista SP1 が適用されている場合や Windows XP では必要な更新プログラムはありません。


ウィザードに従ってインストールを進めたあと、コンピュータの再起動を行ってインストールは完了です。


 


 


◆インストールのトラブルシューティング


IE8 のインストールが正常に完了しなかった場合、デスクトップに 「Internet Explorer トラブルシューティング」 というショートカットと、システムフォルダにインストール時のログファイルが出力されます。


インストールログは %windir%\ie8_main.log に作成されますので、この内容を確認することで原因が確認できます。


beta 版での情報となりますが、エラーの内容と対策については KB949220 で案内しています。


 


 


◆サードパーティ製のブラウザツールバーとの互換性


サードパーティー製のツールバーやアドオンを使用している場合、IE8 のインストール後に互換性に関する警告が表示されることがあります。


ツールバーやアドオンをバージョンアップすることで回避できる場合もあるので、提供元で最新版が公開されているかどうか確認します。


 


 


IE8 のアンインストール


IE8 は「プログラムの追加と削除」ではなく「更新プログラム」からアンインストールできます。


 


Windows Vista をお使いの場合:


[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。


ウィンドウの左上で [コントロール パネル ホーム] をクリックすると、クラシック表示をキャンセルできます。


ウィンドウの左下にある [プログラム] セクションから [プログラムのアンインストール] をクリックします。


ウィンドウの左上にある [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックします。


更新が完了し、一覧が表示されるまで数秒かかります。表示されたら、一覧を下へスクロールし、[Windows Internet Explorer 8] を選択します。


ウィンドウの上部にある [アンインストール] をクリックして、Windows Internet Explorer 8 を削除します。


 


Windows XP をお使いの場合:


[スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。


[プログラムの追加と削除] をクリックします。


ウィンドウの中央にある [更新プログラムの表示] ボックスのチェック マークをオンにします。


一覧を下にスクロールして、[Windows Internet Explorer 8] を選択し、[削除] をクリックしてアンインストールします。


 


 


コミュニティにおけるマイクロソフト社員による発言やコメントは、マイクロソフトの正式な見解またはコメントではありません。





 

Comments (0)

Skip to main content