MS16-142 (3197655) / MS16-129 (3199057) — 11 月の IE/Edge 用セキュリティ更新プログラムを公開しました

本日、11月9日(日本時間)に Internet Explorer と Microsoft Edge のセキュリティ更新プログラムを公開しました。 10月の更新プログラムより、提供方法が変更となりロールアップとして提供される OS の更新プログラムに IE の更新プログラムも含まれて提供されています。   各更新プログラムについては以下の URL よりご確認ください。   ■Internet Explorer マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-142 – 緊急 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3197655) https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms16-142   更新プログラムを適用後の Internet Explorer のバージョン情報に表示される更新バージョンは以下のようになります。 IE9 : 9.0.56 (KB3197655) / Windows Vista SP2, Windows Server 2008 SP2 IE10 : 10.0.45 (KB3197655) / Windows Server 2012 IE11 : 11.0.37…

0

WinInet を使った FTP 通信で 12 秒間遅延する現象について

こんにちは。Internet Explorer サポートの鶴巻です。 本日は WinInet (Internet Explorer のコンポーネント) を使った FTP 通信のプログラムを作成している際に、まれに 12 秒間通信が遅延する現象についてご紹介します。 詳細は下記に記載していますが、この動作自体は Windows OS 側の制限に基づくものであり Internet Explorer が直接影響している現象ではありませんが、WinInet をご利用いただいている際に遭遇する現象であるため本ブログでのご紹介となります。   ■ 現象について WinInet を使った FTP 通信のプログラムを作成している場合に、InternetConnect 関数の呼び出し時に 12 秒間時間がかかる現象が発生する場合があります。 WinInet で HTTP 通信を実施する場合には、実際には HttpSendRequest 関数などを呼び出した際に通信が開始される動作となりますが、FTP 通信の際には InternetConnect 関数の呼び出し時に FTPサーバーとの接続が行われます。 InternetConnect function https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/aa384363(v=vs.85).aspx —– 抜粋 —– For FTP sites, InternetConnect actually establishes a connection…

0

MS16-118 (3192887) / MS16-119 (3192890) — 10 月の IE/Edge 用セキュリティ更新プログラムを公開しました

日本マイクロソフトの杉谷です。 本日、10 月 12 日(日本時間)に Internet Explorer と Microsoft Edge のセキュリティ更新プログラムを公開しました。 今月より更新プログラムの配布方法に変更がございますので、累積更新プログラムの詳細とあわせてご紹介いたします。 ==================================== ■前提:修正プログラム提供方法の変更 ==================================== 2016年10月公開分以降、Windows7 以降の環境では、ロールアップとして提供される OS の更新プログラムに IE の累積更新プログラムも含まれて提供されます。 このため、個別に更新プログラムの入手や適用を実施することができません。 この月例のロールアップは、Windows Update / WSUS /SCCM / Microsoft Update カタログで入手可能です。 これは、個別の更新プログラムの適用を続けることにより、その他の必要な更新プログラムの適用漏れを防止する観点での変更となります。何卒ご理解賜りますようお願い致します。 詳細は以下にてご紹介しております。 -Windows 7 および Windows 8.1 のサービス モデルをさらにシンプルに https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2016/08/16/further-simplifying-servicing-model-for-windows-7-and-windows-8-1/ -2016 年 10 月からのロールアップ リリースに伴う WSUS 運用の注意点 https://blogs.technet.microsoft.com/jpwsus/2016/10/10/wsus_rollup_start/ -2016 年 10 月からのロールアップ リリースに伴う System…

0

IE11 で古いバージョンの Adobe Flash Player ActiveX コントロールのブロックを開始いたします。

こんにちは。日本マイクロソフト Internet Explorer サポート チームの遠藤です。   本日は 2016 年 10 月に予定されている バージョンの 古い Adobe Flash Player ActiveX コントロールへのブロック機能についてお知らせいたします。 2016 年 10 月 11 日(米国時間)、Windows 7 SP1 上の Internet Explorer 11 においてバージョンの古い Adobe Flash Player ActiveX コントロールをブロックする更新プログラムの提供を開始いたします。   なお、過去にすでに Java™ および Silverlight の古いバージョンのブロックを開始しており、今回 Flash Player が新たに追加対応となります。 過去に開始している Out-of-date ActiveX Control Blocking 機能については以下の記事で紹介していますので、ぜひ合わせてご参照ください。 Out-of-date ActiveX Control Blocking…

0

Internet Explorer 11 のダイアログ表示の保護機能 (Windows 10)

こんにちは、Internet Explorer サポート担当の原です。 本日は、8 月 3 日 (日本時間) にリリースされました Windows 10 の大型アップデートである Anniversary Update で導入された Internet Explorer 11 の新しいセキュリティ機能を紹介します。 この機能は Dialog Loop Protection と呼んでおり、Microsoft Edge では以下の通り、先行して導入されていました。   Dialog Loop Protection for Microsoft Edge https://developer.microsoft.com/en-us/microsoft-edge/platform/changelog/desktop/10586/?compareWith=10240   この機能により、ユーザーは、Web サイトが繰り返しダイアログを表示しようとする動きを止めることが可能になります。 例えば、悪意のあるブラウザー クラッシャーと呼ばれるサイトでは、ダイアログを閉じても再び表示され、ブラウザーがサイトから抜け出せなくなることがあります。 今後はユーザーの意志でダイアログの表示を止められるようになるため、こうしたサイトから抜け出すことができます。 Internet Explorer 11 が連続したダイアログの表示を検知すると、以下のようなチェックボックス付きのダイアログを表示します。 このチェックボックスを有効にしてダイアログを閉じると、そのサイトでは、以降の連続したダイアログの表示は行われません。 なお、再度連続したダイアログの表示を有効にしたい場合は、Internet Explorer 11 を一度終了してやり直してください。   [このページにこれ以上メッセージの作成を許可しない]   このセキュリティ機能を無効化したい場合 業務で利用する Web…

0

MS16-104 (3183038) / MS16-105 (3183043) — 9 月の IE/Edge 用セキュリティ更新プログラムを公開しました

日本マイクロソフトの細川です。 本日、9 月 14 日(日本時間)に Internet Explorer と Microsoft Edge のセキュリティ更新プログラムを公開しました。 各更新プログラムについては以下の URL よりご確認ください。 ■Internet Explorer マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-104 – 緊急 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3183038) https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms16-104 更新プログラムを適用後の Internet Explorer のバージョン情報に表示される更新バージョンは以下のようになります。 IE9 : 9.0.54 (KB3185319) / Windows Vista SP2, Windows Server 2008 SP2 IE10 : 10.0.43 (KB3185319) / Windows Server 2012 IE11 : 11.0.35 (KB3185319) / Windows 7 SP1,…

0

Windows 10 Anniversary Update で導入された Microsoft Edge の変更点

こんにちは。日本マイクロソフト Internet Explorer / Microsoft Edge サポート チームの片岡です。 本日は、今月 8 月 3 日 (日本時間) にリリースされました Windows 10 の大型アップデートである Anniversary Update で導入された主な Microsoft Edge の新機能などについてご紹介させていただきます。 また併せまして、一部不具合も修正されましたので、ご紹介させていただきます。   1. 拡張機能 Anniversary Update における最注目の新機能は、なんと言っても Microsoft Edge における拡張機能 (extension) の導入です。 最大の特徴は、HTML/JavaScript/CSS で開発ができることです。 IE 上で動作する ActiveX などのアドオンは、例えば Visual Studio を利用し、C++ などのプログラミング言語で開発する必要があったため、アドオン開発の敷居は少し高いものでした。 Web ページは作れるけれどもプログラミングが苦手なのでアドオンは利用できない・・・という方も多いと思います。 一方、Microsoft Edge では、一般的な Web ページを開発する際に利用される HTML/JavaScript/CSS で拡張機能を開発できます。…

0

Internet Explorer 11 で Cookie を共有 (Roaming) する方法

こんにちは。日本マイクロソフト Internet Explorer サポート チームの片岡です。 本日は、Web ページを閲覧する際によく利用される技術である Cookie に関する動作について、ご紹介させていただきます。   Cookie とは、クライアントと Web サーバー間で任意に情報を送受信するための技術であり、各クライアントに情報が保存されます。 そのため、同じユーザー アカウントで複数の端末にログオンした場合、それぞれの端末ごとに Cookie 情報を保存しており、すべての端末で共有はされません。 しかし、同じユーザー アカウントで複数の端末にログオンした場合でも、どの端末でログオンしても Cookie 情報を共有したい (Cookie 情報を Roaming の対象としたい) というご要望を伺うこともありますので、今回のブログでは、以下の順でご要望を実現する方法をご紹介します。   1. Cookie を Roaming 対象に含める方法 2. Cookie を Roaming する際の動作概要   ========================= 1. Cookie を Roaming 対象に含める方法 ========================= Internet Explorer 10 以降、Cookie やキャッシュなど、Web ページを閲覧する際に端末に保存される情報の管理方法が変更されました。(※1) そのため、以前のバージョンでは Cookie が保存されるフォルダーをフォルダー…

0

MS16-095 (3177356) / MS16-096 (3177358) — 8 月の IE/Edge 用セキュリティ更新プログラムを公開しました

日本マイクロソフトの藤代です。 本日、8 月 10 日(日本時間)に Internet Explorer と Microsoft Edge のセキュリティ更新プログラムを公開しました。 各更新プログラムについては以下の URL よりご確認ください。   ■Internet Explorer マイクロソフト セキュリティ情報 MS16-095 – 緊急 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3177356) https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/security/ms16-095   更新プログラムを適用後の Internet Explorer のバージョン情報に表示される更新バージョンは以下のようになります。 IE9 : 9.0.53 (KB3175443) IE10 :10.0.42 (KB3175443) IE11 : 11.0.34 (KB3175443) 更新プログラムに含まれるセキュリティ以外の更新については、以下の公開情報をご確認ください。 MS16-095: Security update for Internet Explorer: August 9, 2016 https://support.microsoft.com/en-us/kb/3175443  …

0

IE からみるプロキシの設定について

IE サポートチームの藤代です。   昨今、インターネットの通信をする機能や製品が多くなっており、「プロキシの設定」についてお問合せを頂く事があります。 プロキシの設定については “インターネットオプション – 接続 – LAN の設定” があります。 この設定「どのように管理されており、アプリケーションがどのようにこの設定を利用するか」ご存知でしょうか?この Blog では以下の目次の内容に沿って、この “プロキシの設定について” の理解を深めて頂ければと思います。 はじめに ~ HTTP 通信に利用されるモジュール ~ インターネットオプションのプロキシ設定は誰のもの? IE の設定はいつどのように設定値が利用されるのか プロキシの設定についてよくある質問   1. はじめに ~ HTTP 通信をするモジュール ~ 弊社から提供している HTTP の通信を行うモジュールには以下の 2 つがあります。   wininet.dll : 主にデスクトップにログインしたユーザーの権限で動くアプリケーションで利用する事を目的として作成されているモジュール。 winhttp.dll : 主にサービスなどログインをせずバックグラウンドで利用される事を目的として作成されているモジュール。   これらの 2 つのモジュールの API は一般向けにも公開されており、弊社製品以外でも様々なアプリケーションやサービスで利用することができます。 なお、IE はデスクトップでログオンし動作するアプリケーションであり、wininet.dll を利用しています。  …

0