2018 年 1 月の Internet Explorer / Microsoft Edge の累積的なセキュリティ更新プログラムを公開しました

1 月 3 日 (水) (日本時間 1 月 4 日 (木)) より順次 Internet Explorer / Microsoft Edge の累積セキュリティ更新プログラムを公開しています。 緊急性の高い内容が OS 側の更新プログラムに含まれていたため、Internet Explorer や Microsoft Edge 向けの更新もタイミングを合わせての公開となっています。 2018 年 1 月のセキュリティ更新プログラム (月例)   ==================================== ■ Internet Explorer 累積更新の詳細情報 ==================================== この更新プログラムの詳細については、以下の公開情報をご確認ください。 Cumulative security update for Internet Explorer: January 3, 2018 (日本語版) Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム2018 年 1 月…

0

インターネット オプションの一部項目名が英語となる場合がある

2017 年 5 月の更新プログラムの適用後、インターネット オプションの一部の項目名が「英語」後述の画像のように英語となってしまう件が報告されています。   通常の場合 事象が発生している場合   この事象は、以下の項目で確認されています。   [詳細設定] タブ ————————- – インターナショナル インターナショナル -> International ※ [インターナショナル] の設定では、設定名のみ英語表記となっております。   – セキュリティ サーバーの証明書失効を確認する -> Check for server certificate revocation 統合 Windows 認証を使用する -> Enable Integrated Windows Authentication 証明書のアドレスの不一致について警告する -> Warn about certificate address mismatch   – ブラウズ 履歴およびお気に入りの使用しないフォルダーを閉じる -> Close unused folders…

0

Microsoft Edge の統合 Windows 認証への対応について

こんにちは。 今回はお問い合わせとしてたまにいただくことのある「Microsoft Edge は統合 Windows 認証に対応しているの?」について記載します。   まず結論として・・・   対応しています!ご安心ください! Microsoft Edge は、初期バージョンである Windows 10 v1507 から統合 Windows 認証に対応しています。   Windows 10 v1507 (本バージョンはすでにサポートは終了しています) で確認した結果が下記のとおりです。 Microsoft Edge の開発者ツールで採取している情報となりますが、このように初期バージョンから対応済みです。 Kerberos 認証 NTLM 認証   ※ 注意点 ※ ただし、認証時の動作は (既定の状態の) Internet Explorer と同様です。 閲覧中のサイトが「ローカル イントラネット ゾーン」と判断されるサイトでは、自動的な認証動作が行われますが、「インターネット ゾーン」と判断されるサイトでは、Internet Explorer と同様に下記のように資格情報の入力を求める画面が表示されます。   Microsoft Edge では Internet Explorer のゾーン登録状況もセキュリティ ゾーンの判断に利用しているため、Internet…

1

12 月の Internet Explorer / Microsoft Edge の累積的なセキュリティ更新プログラムを公開しました

日本マイクロソフトの植木です。 本日、12 月 の Internet Explorer / Microsoft Edge の累積セキュリティ更新プログラムが公開されましたのでご紹介をさせて頂きます。 ==================================== ■ Internet Explorer 累積更新の詳細情報 ==================================== この更新プログラムの詳細については、以下の公開情報をご確認ください。 Cumulative security update for Internet Explorer: December 12, 2017 (日本語版) Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム: 2017 年 12 月 12 日  ==================================== ■ IE の更新プログラムを含む各 OS のロールアップの公開情報 ==================================== 各 OS のロールアップに関する修正や変更点に関しましては、 以下の公開情報よりご確認いただくことが出来ます。 (12 月 13 日時点では、日本語の記事がございませんので、英語の記事となります) Windows 7, Windows Server…

0

11 月の Internet Explorer / Microsoft Edge の累積的なセキュリティ更新プログラムを公開しました

日本マイクロソフトの 遠藤 です。 本日、11 月 の Internet Explorer / Microsoft Edge の累積セキュリティ更新プログラムが公開されました。   ==================================== ■ Internet Explorer 累積更新の詳細情報 ==================================== この更新プログラムの詳細については、以下の公開情報をご確認ください。 Cumulative security update for Internet Explorer: November 14, 2017 (日本語版) Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム: 2017 年 11 月 14日 ==================================== ■ 更新プログラムのダウンロード ==================================== 各環境向けの Internet Explorer / Microsoft Edge の更新を含むアップデートは、 Microsoft Update カタログよりダウンロードできます。 Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム<KB4047206> セキュリティ…

0

Windows 10 バージョン 1607 (RS1) 以降、HSTS 機能が常に有効となりました

こんにちわ。Internet Explorer / Microsoft Edge サポート担当の松下です。 今回は、バージョン 1607 (RS1) 以降の Windows 10 環境において、HTTP Strict Transport Security (HSTS) 機能が常に有効な状態となったことをお知らせいたします。 HSTS 機能は、従来より既定で有効な状態でしたが、2015 年 6 月に HSTS 機能をリリースした時点では比較的新しいセキュリティ機能でしたので、互換性などのユーザーへのインパクトを考慮して、以下のサポート技術情報に記載されている FEATURE_DISABLE_HSTS レジストリの設定による HSTS 機能の無効化オプションを用意していました。 Internet Explorer 11 adds support for HTTP Strict Transport Security standard その後、HSTS 機能が有効なことに伴う障害について、弊社に寄せられるお問い合わせやユーザーからのフィードバックを注意深くウォッチしていましたが、特に目立った障害報告はなく、また、HSTS 機能を無効化可能なオプションを提供し続けることはセキュリティ上好ましくないため、バージョン 1607 (RS1) 以降の Windows 10 環境では HSTS 機能が常に有効な状態となる変更を行っています。 そのため、バージョン 1607 以降の Windows…

0

Internet Explorer 利用時のハングやクラッシュについて

こんにちは。Internet Explorer / Microsoft Edge サポートの張替です。Internet Explorer を利用してインターネット サイトにアクセスするとハングしてしまう (応答なしの状態になってしまう) というお問い合せが、少し前に何件か立て続けに弊社サポートに寄せられたことがありましたので、今回は、既知の現象と合致しているかどうかをお手元でもご確認いただくことができるものの一例として、確認ポイントなどを紹介したいと思います。   Web ブラウザーは「プラットフォーム」である 先日、本ブログにて「メモリー使用量が増える現象 (メモリリーク)」というお話の中でもお伝えしていますが、Internet Explorer をはじめとする「Web ブラウザー」 は Web コンテンツ (html や CSS、JavaScript、画像、動画など) を表示 / 動作させるための「プラットフォーム」です。ブラウザーというプラットフォーム上で動作する Web コンテンツの構成やその中で行われている処理に依存して生じる現象が多く、また、Internet Explorer の場合には、ActiveX コントロールやブラウザー ヘルパー オブジェクト (BHO)、ツール バーといった「アドオン」の影響を受けて生じる現象もあります。 このような背景から、「ハングしてしまう」「クラッシュ(異常終了)してしまう」といった現象も含めて、Internet Explorer の動作に関するお困りごとをお問い合せをいただいたときに、最初にエンジニアからお話させていただくことが多い「問題を絞り込むためのポイント」としては以下のようなものがあります。   環境ごとに同一の操作をした場合に再現頻度や有無に差異がないか確認する 最新の更新プログラムを適用する アドオン無効を試す サードパーティー製ソフトウェアをアンインストールする OS(や最低限必要なアドオンや更新を適用した)クリーンな環境で試す コンテンツを切り分ける   これらの切り分けポイントの詳細については「メモリー使用量が増える現象 (メモリリーク)」の記事に記載していますので併せてご覧いただければと思います。   ハングやクラッシュという現象について Internet Explorer 自体の問題で、ハング…

0

IE から .bat ファイルが実行できない動作について

Windows 10 の 1703 (Creators Update) および 1709 (fall Creators Update) バージョンの IE には、ダウンロード ファイルの実行に関するセキュリティ チェックの強化を行っております。 セキュリティ チェックの詳細なロジックにつきましては伏せさせていただきますが、この強化の影響により IE から .bat ファイルの実行はできないようになっております。 そのため、当該環境をご利用の場合は、.bat ファイルをダウンロードしローカル環境に保存した後に .bat ファイルを実行ください。     Windows 10 1703 未満の環境では [実行] をクリックすると .bat ファイルを実行できました。   一方、Windows 10 1703 以降の環境では [実行] をクリックしても何も表示されず .bat ファイルが実行されません。   <補足> セキュリティの強化による影響でこのような動作となりますが、運用での回避が難しいなどのお客様からのフィードバックをいただき検討した結果、 Windows 10 の 1709 (fall Creators Update)…

0

10 月の Internet Explorer / Microsoft Edge の累積的なセキュリティ更新プログラムを公開しました

日本マイクロソフトの 薄 です。 本日、10 月 の Internet Explorer / Microsoft Edge の累積セキュリティ更新プログラムが公開されました。   ==================================== ■ Internet Explorer 累積更新の詳細情報 ==================================== この更新プログラムの詳細については、以下の公開情報をご確認ください。 Cumulative security update for Internet Explorer: October 10, 2017 (日本語版) Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム: 2017 年 10 月 10日 ==================================== ■ 更新プログラムのダウンロード ==================================== 各環境向けの Internet Explorer / Microsoft Edge の更新を含むアップデートは、 Microsoft Update カタログよりダウンロードできます。 Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム<KB4040685> セキュリティ…

0

9 月の Internet Explorer / Microsoft Edge の累積的なセキュリティ更新プログラムを公開しました

日本マイクロソフトの 椿 です。 本日、9 月 の Internet Explorer / Microsoft Edge の累積セキュリティ更新プログラムが公開されました。   ==================================== ■ Internet Explorer 累積更新の詳細情報 ==================================== この更新プログラムの詳細については、以下の公開情報をご確認ください。 Cumulative security update for Internet Explorer: August 8, 2017 (日本語版) Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム: 2017 年 9 月 12日 ==================================== ■ 更新プログラムのダウンロード ==================================== 各環境向けの Internet Explorer / Microsoft Edge の更新を含むアップデートは、 Microsoft Update カタログよりダウンロードできます。 Internet Explorer の累積的なセキュリティ更新プログラム<KB4036586>…

0