[RMS] RMS Protection Tool を Azure RMS とともに使用する方法

日本マイクロソフトの 盛 です。   文書の暗号化と復号については、コマンドラインで実施したいという要望は常にございます。 これまで、RMS のファイルの暗号化と復号を行うコマンドラインツールとしては、RMS Bulk Protection Tool が使用されてきました。   “Active Directory Rights Management Services Bulk Protection Tool” http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=11122   しかしこのツールは、Office アプリケーションのファイル(docx/pptxなど)のみの暗号化に対応しており、かつ、Azure RMS には対応しておりません。 このため弊社では、RMS Bulk Protection Tool の後継として、RMS Protection Tool を開発、公開しました。   “RMS Protection Tool” http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=47256   このツールは、Office 以外の多くのファイル形式暗号化をサポートしております。例えば、PDF やプレーンテキスト、各種画像ファイルの暗号化もサポートしております。 またオンプレミスの ADRMS が展開されている環境では、オンプレミスの Active Directory ドメインアカウントが使用されるため、特に設定をすることなく、RMS Bulk Protection Tool とほぼ同様の感覚で使用することができます。   また、…

0