[RMS] MSDRM と MSIPC について(1) レジストリ

いつもお世話になっております。日本マイクロソフトの盛です。   今回から、複数回に分けて、最新のアプリケーションにおける、IRM 機能の動作上の変更点について説明したいと思います。 Rights Management Service のクライアントの機能の違いに焦点を置いて説明するため、特定のアプリケーションに特化した内容ではありません。あらかじめ御了承ください。   Office 2013 がリリースされるまで、IRM が有効な製品は、”MSDRM.DLL” というコンポーネントを使用して、機能を実装しておりました。この DLL は IRM 機能の実現に必要な関数が実装されております。 以下のサイトで、API が公開されています。 “Using the AD RMS SDK” http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/cc542552(v=vs.85).aspx 使用されているアプリケーションは、Office 2003/2007/2010、XPS Viewer、Rights Management Add-in for Internet Explorer、Rms Bulk Protection Tool、Exchange Server 2007/2010/2013、Sharepoint Server 2007/2010 等です。   Office 2013 および、それ以降にリリースされている最新のアプリケーションは、”MSIPC.DLL” というコンポーネントを使用して、IRM 機能を実装しています。この DLL にも、IRM 機能の実現に必要な関数が実装されておりますが、”MSDRM.DLL” と互換性が無く、さらに、それまでアプリケーションが実装していた多くの動作を、この DLL 内で実装しております。 以下のサイトで、API…

0